今回は絶好調の直江津沖の新潟マダイに行ってきました

GW明けから爆釣中の上越沖(直江津?)のマダイ
私の釣りの先輩たちも先週から新潟へ
 大鯛GETの方、食い渋りで残念…の方と様々

さぁ 私はどうだろーと急いで仕事を片付けて
ワクワクドキドキの片道340kmの旅へ いざ出発おねがい

途中のPAでご当地モノの「おやき」なんか食べながら意外に余裕の現地入り

今回は「謙信丸」さんにお世話になるので母体となる釣具店、えびすや釣具店に寄って受付をしてオキアミコマセ3kgと記念に船宿仕掛けを買って直江津港の乗船場所で車を泊めておやすみなさいzzz


謙信丸さん、 船長と中乗りは若船長  ニコニコでテキパキ100点        初めて行った宿だけど超オススメです

行程15分ほどでポイントへ、船は2艘ほどと少なめ、他の船は名立方面へ行ってるみたい

水深は30m、5号ハリスのテーパー仕掛け12mで
タナは噂の5mびっくり
「10m落として、コマセながら5mで待ってください」って感じのアナウンス

ブログでは詳しい釣り方、仕掛けをあえて書かない方もいる様ですが私は書いちゃいますよ 笑
ただ船によって仕掛けの長さが多少違う様ですので要確認を

ファーストヒット、セカンドヒット 共にワラサガーン
皆さん イナダ、ワラサで大忙しです
そんなこんなで3時間位は青物のプチ祭りハートブレイク
違う、違うんだ、オレは鯛を釣りに来たんだ
「青物の群れよ 去ってくれ」と願う事 数時間

来ました!マダイの群れに遭遇
ズンズン 入る竿達に興奮、これが新潟マダイか
これからこれからと思っているとピタリとストップショボーン

またしばらくするとバタバタバタ~
からのピタリとストップショボーンショボーン

食うのはミヨシよりばっかりで本日、潮上の私は辛い時間を過ごす

しか~しラスト1時間 潮が変わるとすぐにアタリが出始めて3連チャンで来ました!
ホッと一息照れ

ざっくり振り返ればマダイ、青物 ポツポツと誰かが釣れていた日でした

しか~し、釣れる釣れると言えどコマセ釣りには変わりなくコマセが流れて行く潮下有利は変わりませんでした
潮上の方は苦戦しますし、潮下は入れときゃ食います(あっ 言っちゃったテヘ)

謙信丸さんのHPより
「1~13枚、最大6㌔、4㌔位はゴロゴロパンツ

平均5枚位でしょうか?いい日でした、上越エリアの片鱗を見る事ができ感激でございました爆笑

恐るべし新潟マダイ、ありがとう新潟マダイ
また来るよ  


凄い大きく撮れたけど2.4㌔ですから~💦
ここの海ではレギュラーサイズでした ガクブル

道具類
竿        剛樹 マダイリミテッドSS255
リール   15フォースマスター800(手巻き)

チドリ天秤No.305 A型 70cm、 ステンカンM80、
クッション2.5mm1m、PE3号(パワーハンター)

8号8m+5号4m(グラントマックス)
針  真鯛王 金 10号    オキアミカラー10号

釣果 マダイ3枚、 1~2.4㌔、ワラサたくさん
右舷トモ(くじ引き)、14人


AD