あ、水でいいです

テーマ:
最後にマクドナルドへ行ったのはいつだろうか。

その時、印象に残っているのは「お水を下さい」と言っている女性客だった。

ハンバーガーを頬張りながら、水を飲む人が居るのだなと思った。

水を...出すんだな。マクドナルドも。わざわざ紙コップに入れて。

ハンバーガーとピザにはコーラだろ。
シャリシャリの氷の中ですぐに炭酸も飛んで水っぽくなったコーラが何故か美味いんじゃないか。

飲食店。
とりわけ酒を飲む前提のお店で酒を頼まず、ソフトドリンクすら注文せず、お水を頼む輩がいるそうな。

ウチには居ない。
たまーにいらっしゃる外国人旅行者ぐらいなものだ。

五年前にフランス行った時も中国の方々はフレンチ食べながら水を飲んでました。文化とはそういうものです。

「フレンチはワインと一緒に楽しむものだ。」そういう人も居れば、「お酒を飲んだらせっかくの料理の味が分からなくなるじゃない。」そういう人も居るのだ。
別にどちらも間違ってないし、自由な考えで良いと思う。

ただ、まぁ。
飲食店としてはお酒を頼んで頂けた方が幸せな事は事実である。

うちの売上の比率で言ったら、フードよりもドリンクが少しパーセンテージが高い。

極端にお客さんが全員、水しか飲まなかったらお店は維持できない。

フードとドリンクの仕入れ原価はウチに関して言えばさして変わらない。サワー類、本格焼酎の原価はもちろん安いが日本酒と特にワインは原価が高いので相殺されている。

しかしフードに関して言えば、仕入れ原価だけでは無く人件費が掛かる。僕は営業時間と同じぐらい仕込みに時間を掛けているし、もちろん営業中の調理時間も考えるとなかなかフードは手間が掛かるものだ。僕もボランティアで働いているわけでは無い。ちゃんとお給料を頂いている。

ワインの原価が高かろうと、その分の粗利が大きい。
しかも。
ワインに関する作業は

キュッキュッキュッキュッキュッ...カチッ...カチッ...ポン!
トクトクトク...

だけだ。
こんなに楽でお金になるものは無い。
リーズナブルにワインも高級なワインも作業は変わらない。

しかしワインを飲んで頂く事は楽な事では無い。
{BB99CA1E-7CC5-46BD-8B63-A0A3980C62FC}

「ここならワインが飲みたいなぁ。」と思って頂く必要があるし、
もっとハードルを上げれば
「ここならちょっと高くても美味しいワインが飲みたくなるな。」と思って頂く必要がある。
これは楽な事では無い。
ワインが好きな人だって飲む場所は選ぶという事だ。

facebookとか拝見するといつも日本酒を飲んでいる方なのに、ウチに来ると何故かワインを頼む人が居る。

あ、僕が普段ワインの事ばかり書いているからかなーなんて思うと面白いなぁ。優しいなぁこの人。なんて思う。

昨日も僕と同じ環境の焼鳥屋さんが1人でいらしてくれてね。
焼き場を任されてて、串打ち1人でやってるんですって。そんな毎日に少し病んできて...ウチに食べに行こうと思ってくれたらしいです。はい。病む気持ち僕も分かりますよ。

それで...散々日本ワインを飲まれた後で最後に燗酒を召し上がっていました。
やっぱり日本酒の方が好きなんじゃないか。とツッコミを心の中で入れておきました。
焼鳥も15本もね。有難うございます!

本当に有難いですね。



「あ、水でいいです。」問題もね。
確かにそんなお客さんばかりだと店は潰れてしまうのですが、そんなお客さんに腹を立てるよりも、そんなお客さんしか呼べない自分を料理人としては責めるべきなんじゃないかと思うんですよ。その方が建設的です。

「俺の焼鳥食べて、ワインで流し込んでみろよ!最っ高に幸せになれるぜ!」って言いたいですもん。

美味しいワインを飲んで貰いたいから美味しい焼鳥を手間掛けて作ってんのよ。
それで水を頼まれるんなら自分がまだまだって事ですよ。

こういう事を書くとわざわざ「水ください」って言いに来る優しいお客さんが居たりするから幸せです。

「は?水?...ワインのチェイサーね。」って言いますけど。

はい。

つまり結論はね。

マクドナルドは。
調理に手間掛けてないから水で良いんですよ。
AD

ご馳走さまでした。

テーマ:
{A3EB3129-E1F1-44CC-98A3-AD44E3C0676A}

カリーニョ御夫婦ご馳走さまでした。

モーレツなBuono!でした。

半分は海老好きの真衣店長に献上しておきました。
真衣店長が「美味しい!」って言ってたので、貴様が理解出来るまでにはまだ早い!と諭しておきました。

グラシアス!アミーゴ!

アディオーす(΄◉◞౪◟◉`)

今日は良い鶏皮が来て幸せだっちゃ。

最近、週末しか来なくてね。
どんなローテーションなんだか分からないんですよ。

昨日はインスタで北海道の焼鳥屋さんが「いつもブログ見てます!」とコメントくれました。

同じ日本一の焼鳥屋を目指している方のようですね。
嬉しく思います。

日本一目指してるなら東京さおいで。

北海道は寒くて地鶏育たないでしょうよ。

地鶏が一番ってわけじゃありませんけどね。

はい。

一番大事なのは笑顔です。

北海道だと笑顔も凍ってしまうから東京さ、おいで。

北海道行ったこと無いから、偏見が多いです。

あ、山中さんにアスパラ羊って本当にアスパラだけ飼料にしてるのか訊くの忘れてた。

まぁ。どうせ仕入れないから良いか。


しれとこしれとこ。知床鶏。

このままだと今年も北海道行かなくて終わってしまいそうだな。

とりあえず、8月20日の愛媛県八幡浜「いなほ農園」媛っこ地鶏の養鶏10周年のイベントに行きたかったが、どう考えても無理やったわー。

8月は5日に山梨の塩山洋酒醸造さんとのメーカーズディナーですね。
気軽に御参加下さいませ。
1部はまだ空いてまっせーー!


翌日の6日は山梨のワイナリー「ポーペイサージュ」のBBQやー。
楽しみなりー。
どんなワインが飲めるのでしょうなー。

さ。

日曜日に熟成の勉強してきましたからね。
{5F5843D3-A46B-42C3-AE37-553477905278}

{A55F5361-66CF-4F53-83E0-B6C024AAA07C}


僕の生まれ変わった熟成鶏鮨。ご期待ください!

なお、熟成鶏鮨は年内は予約受付終了です!
AD