最終話 「想わざれば華なり、想えば華ならざりき。ただ感じるままに、俺は、飛ぶ!」

2008-09-28 23:11:18 テーマ:第25話セリフ集
さて、BD2巻のレビューやら今までの名セリフ集まとめや新グッズ紹介など書きたいことがいくつかあるが、ここは最終回のセリフを一つ。

「想わざれば華なり、想えば華ならざりき」
(漢字は「思わざれば花なり。思えば花ならざりき」かもね。)
そしてそのあと「ただ感じるままに、俺は、飛ぶ!」とつながります。

このセリフは覚えている人も多いと思いますが、第10話でアルトがランカにこういっています。

アルト  「想わざれば華なり、想えば華ならざりき。」
アルト  「頭で演じようとすれば、必ずどこかに嘘が残る。考えずただひたすらに感じて、その役に成りきれってことさ。」
(中略)
アルト  「何だって親父の言葉なんて……。」

アルトの父親がアルトに芸の真髄を教えるために言ってきた言葉であり、それをランカに伝えています。
深く考えすぎるな、感じろ!ってことですね。
わざわざこのセリフをまた25話の序盤で持ってきたのはやはり監督の意思の表れかもしれません。
ホント、勢いとノリが特にすさまじい最終回だっただけに、感じろってのはまさしくでしたね。

ちなみに世阿弥の「秘すれば花なり秘せずは花なるべからず」から取っているという話もあるようですが、このあたりは監督のコメントを待ちたいところです。
AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード