お久しぶりです。M&A会計士の澤村です。


例によって、連載途中でほっぽりだしてしまってすいません。


昨晩高校の同窓会があって、いつものように


「M&A会計士ってググれば、一番最初に出てきます。自称日本NO.1M&A会計士です」


って、話した手前、放置ブログにたどり着いては申し訳ないので、久々にアップです。



そういえば、私の勤めている会社のことをあまり詳しく取り上げていなかったので、改めて紹介します。



簡単にいうと


「後継者」がいない中堅中小企業のオーナー様に、「後継社」を紹介する


という仕事をしています。


中堅中小企業のオーナー様って、パワフルな方が多いですが、そうは言っても永遠に元気でいられるわけではなく、個人として永遠に会社経営を続けることはできないわけです。(Nothing is certain but death and taxes)


じゃあ、子供に継がせれば?というのがかつては一般的でありましたが、このご時世、会社を継いでくれる子供がいるというのは少数派になっています。


ある程度成功したオーナー様は、子供の教育に力を入れる方が多く、その結果医者や弁護士、会計士といった士業についていたり、金融機関や一流メーカーに勤められるというところが多いかと思います。


最初から、修行のつもりでそうした外の会社に就職されるなら別ですが、オーナー様の親心として、自分がいろいろ苦労してきたうえ、昨今の厳しい経済情勢を考えると、子供に継がせて苦労させるのは忍びないと思われる方が多くなっています。


個人的なことをいいますと、私の実家もそうでした。


会社というほどの規模ではなく個人商店でしたが、父は結納司という商売を自ら起こして営んでいました。3人子供はいますが、子供には別に商売を継ぐ必要はなく、好きな分野で働けばいいという方針でいてくれたので、兄弟はみな父と違う分野に進んでおり、結果店は数年前に畳んでいます。


自分で作った会社だから、自分の代で閉めるんだというのも一つの美学ですし、小規模な個人商店のような場合はまだそれも一つの道かと思います。


ただ、これがある程度の規模、たとえば売上数億円規模となりますと、これまでついてきてくれた従業員の雇用や、お世話になった取引先のことを考えるとそれでいいのかという問題があります。


じゃあ、従業人に継がせれるかというと、そのくらいの規模ともなると株価が数億円もしくは、数億円の借入金の個人保証が必要ともなってきますので、中小企業の従業員の方の資力ではなかなか厳しいケースが多いのです。



そこで、この問題をM&Aという手段を使って、解決するというのが、私の勤めている会社の主な仕事です。



AD

こんにちは、M&A会計士の澤村です。



突然ですが、会計士という職業特有の能力といいますか、コアコンピタンスってなんだと思いますか?


会計的な知識?ディスクロージャーの専門家?


そうした役割も重要だとは思いますが、私は



「ビジネスの流れとお金の流れを連動させて把握することができる能力」


だと思っています。



つまりビジネスをみれば、どのような決算書になるかを推測でき、逆にお金の動きを見てビジネスで起こっていることを推測できる能力といのが会計士にとって大切だと思うのです。

この能力は、前回M&A成功のカギである「会社のことを理解する」ために非常に役に立ちます。

その会社は誰に、何を、いくらで、どうやって売っていて

その物やサービスを提供するために、何を、どこから、いくらで、どのように調達し、

自社内でどのような付加価値を提供しているか?

そのビジネスを展開するために必要なヒト、モノ、カネはどのようになっているか?

対象会社のビジネスを理解するうえで不可欠なこうした要素は、すべて結果として会計数値として記録されます。

たとえば、誰に売っているかは、売掛金の発生と回収の記録として得意先元帳に現れてきます。

どこから、調達しているかは、買掛金の発生と支払いの記録として仕入先元帳に記録されます。

ヒトは、給与台帳、モノは固定資産台帳、カネは借入金明細やリース明細に現れてきます。

こうした会計記録をもとに、実際に経営者にヒアリングしていけば、かなりのことを把握することができますし、逆に経営者が言っていることが会計記録との矛盾がないかをチェックすることができます。

いずれも監査をやっている人には当たり前すぎることだとは思いますが、こうしたことが肌感覚で身についていることが、会計士のコアコンピタンスだと思いますし、この能力がM&Aの対象となる会社を短期間で効率的に理解することに非常に役に立つのです。

AD

こんにちは、M&A会計士の澤村です。



突然ですが、M&Aを成功させるための鍵はなんだと思いますか?


相手?価格?スキーム?それともネゴシエーション?


どれも大事ですが、これらのポイントを成功させるため根本的に必要なのは

「その会社を正しく理解すること」

にあると私は思っています。


会社を理解できれば、自ずとその会社のふさわしい相手、ふさわしい価格、ふさわしいスキームが見えてきます。

もちろん多数の利害関係者が絡みますので、ネゴシエーションというのが非常に重要になってきますが。

しかし、いくらネゴシエーションが見事でも、会社を正しく理解していなければ元も子もないと思っています。


正しく理解するには、ビジネスを定性的につかむだけでなく、その結果としての数字という定量的側面そして、その会社が抱えるリスクや問題点も合わせた把握が必要となってきます。


そうした正しい理解が進んでいるか?不明瞭な点は残っていないかををチェックするのも、M&Aサムライの役割であり、一種の品質管理といえます。



AD