1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-02-27 20:04:35

太郎さんと次郎さん

テーマ:KABUKI
  本当かどうかは知りませんが、小さい頃「狂言の出演者は太郎冠者と
次郎冠者だけ」とききました。


能楽堂で、メインの謡曲の前に見ました。初めてだったが、セリフが面白かったです。
なのに、能はどの謡も同じに聞こえて、コドモには退屈でした。

さてさて、松緑さんが南座で太郎冠者を演じます。

「行儀よく、きっちりと」
それ、賛成。下手にアレンジするとB級コントになりますから。

J名鑑、東京のwebをながめて問題ない日を見つけました。今回も
強行スケジュールで行きます。

夜の部は未定。初日以後のレポや残席があったら考えます。
夜は暇ですし、お寺は17時まで、しかも点在してるし・・・

朝イチでいくところは決めてます。それも強行っちゃ強行ですけどね。

京都は不慣れゆえ、時間の使い方がわからず。
ならば南座Wもいいかな。

4年前のトリプル(等伯展、西京極、万博)以来の京都です。

帰りはどのルートにしようかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-02-26 00:16:48

心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)

テーマ:KABUKI
迷ったあげく、お休みをとって昼の部に行きました。

fusatuna

お昼は節約モード。おかずは自前で用意して、おにぎりのみ購入しました。
3月は某デパートのお弁当にしようかな。


ストーリーは先にご覧になったかたが多いんで飛ばします。
感想:

・染五郎の早変わりは見事。何幕目かは忘れたが、佐七が花道に向かったと思ったら、
数分後には悪い兄さんがでてきた。

・小糸姉さんに500pts. 五平太の身請けを断るシーンで「三味線の音の上げ下げじゃ
あるまいし」といったシーンが好き。さされたときのブリッジもいい。

・本人が「キャラではない」といった綱五郎さんには1000pts. かっこいい、
筋が通ってる、そのわりにはお茶目な面も(お時がさぐりに入ってきて、無理な
要請をした時の表情)
足がいいのよね~~~

・七之助も「変わるわよ」。うーん、糸やのお嬢さんはあいまいで、お時さんは
ワル女房。どちらかというと前者かな。

・三千両では高麗国の王女様にほれられた松也くん、今回はトラブルメーカーの
お侍。人騒がせで、金にモノいわせるタイプ。

・今回は昼夜ともに「立ち回り」があった。こういうのが好きなので、3月が
ちょっと心配かも。「お富」の予習をしなくては。

・終幕前の「とざい、とーざい南北」で綱五郎、佐七、お房があいさつ。
小糸さんもいてほしかったが、「幽霊」は出せないので残念。


脇の人たち
・小糸の妹分の米吉、廣松。2人ともかわいかった。
・平野屋の夫婦にも大向こうから声がかかりました。お二人がでるとしまります。
・おきみちゃん、哀れだあ。
・お房さんが毒殺?されて婚礼がパー。松江さんお気の毒。
・丁稚の玉太郎くん、長セリフをがんばってました。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-02-25 21:21:36

千秋楽-広場&スイーツなど

テーマ:KABUKI
千秋楽の昼の部に行きました。

感想などは後にして、木晩町広場の風景などを。

siranami

本日で見納め? 寂しいなあ。

hina

こちらは来週までありそう。

このお店は「久月」と並び浅草橋の2大人形店です。うちにも吉徳の小さいひな人形が
ありました。



で、スイーツ。

taiyaki

開場後に並びをみたら「あと3枚です」というので即ゲット。ほぼ「おめざ」ですわ。
あつあつは美味です。


dounutbou

2回目の幕間に2F売店(東側)で見つけました。800円のはお土産用ですが、3個入り200円
にしました。INACのスタジアムのとはメーカーもサイズも違うけど、こんな感じでしょう。

(中は黒糖ドーナツ)見た目ほど甘くなくて男性でも楽しめそうです。


kioichougoods

忘れてた。開場前に楽座に行きました。なんでB2, 場内売店におかないんですかね。
紀尾井町ファンをふやそーよ。

味はフツーで、プリントはこの2柄のみ。岩藤や来月の勧進帳柄も作ればよいのに。
(ついでに丑松、力丸もなんていってたら、16役になってしまう)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-02-24 07:11:15

朝から競歩?

テーマ:Tokyo Life
2014-02-23 21:33:27

青砥稿花紅彩画 3

テーマ:KABUKI
勢揃い-大詰めまで。

5人が勢揃いのシーンは、3Fでは花道の一部が見えにくく、見えたのは4人まで。
染五郎ファンならばかなり残念ですが、力丸、利平が見られるからいいか。

舞台に移動すると、捕り手が2人ずつつきます。
「挑む」メンバーの左字郎さんは、弁天小僧の左右どっちなのかな。

5人のうち3名の出番はここまで。

幕間はさんで、弁天小僧VS捕り手の屋根のシーン。
ここでも、屋根のてっぺんにあがると一部みえなーい(涙)

チケットの話になりますが、「歌舞伎は高い」といわれるけど私は
「適正」だと思います。その理由は:

・購入前に席の選択ができる。
・等級により価格が違う。よって、「全指定席xx円」
アリーナも天井席も同額な某大きい箱よりは公正のはず。


弁天小僧に戻ります。

捕り手は(おそらく)菊五郎劇団のメンバーと思われますが、
アクションが見事です。素早くはしごやロープを持ってくるーさばく
ーまたくる。結末をわかっていながら、
「がんばれ、なんとか逃れてくれ」と大多数のお客が菊さんを応援
したことでしょう。

逃れる方法はいろいろありますが、歌舞伎なんで限界ありますしね(笑)
時代劇やCG映画じゃないし。

下で様子を伺ってた日本駄右衛門、裏切られた手下に「果てた」といわれて
がっかり。

そのあと、青砥さんがでてきて終了。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想。

夜の部は音羽屋の嵐でした。

三千両のメンバーで「団長」以外はヨコ移動。昼の部に松也もいるし。

亀亀brosのよさを認識しました。鳶頭の亀寿さんも声がよく、いいなあと。
菊五郎劇団、恐るべし。

脇でよかった人たち。

・局の柵さん。力丸に気があるようなそぶりだったが、力丸がいやがってる
感じが笑えた。

・丁稚長松。意外と出番が多く、しっかり芝居していた。
・浜松屋の若旦那。KYな感じで騒動を眺め、なんとかおさめたものの
あとで大泥棒が実の親としってびっくり。

・長松が力丸にお茶を出すシーン。タイミングが見事。
・菊之助@弁天小僧&松緑@力丸。スッキリ感があっていい。
・立役の菊之助、ポイント上昇中。

で、お目当ては・・・・ どん尻にひけえしから「ガン見」しました。
傘振り回して、見得きるシーンはたまらない~~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。