歴史と綾野剛好き まっきー姫のツレヅレ日記

某戦国武将の末裔?まっきー姫の日記。
大好きな歴史、綾野剛、食べ飲み歩き、お酒、映画、美術、旅行、写真・・・・など。
好きなことをつづりまする。


テーマ:
国立新美術館♪ヽ(´▽`)/


すばらしき大原美術館コレクション


『はじまり、美の饗宴展』@国立新美術館にいってきました。

岡山県倉敷市にある大原美術館といえば、美術ファンにとっては、一度は訪れたい美術館ですよね!

それが、岡山に行かずとも、六本木で見られる!ということでいってきました。

大原美術館を創設した大原孫三郎は、倉敷市の大実業家。

倉敷紡績・・・クラボウとか、クラレとか。
クラレのCM。綾野剛氏と恋の噂があった成海璃子ちゃんがやってたね((T_T))

そんな、実業家の孫三郎さんの支援でヨーロッパ留学をして、のちに大原美術館に収蔵される美術品を収集したのが、岡山県出身の画家、児島虎次郎。

その児島虎次郎の絵も見ることができました!


素敵な絵だよねー。『和服を着たベルギーの少女』

そして、大原美術館といえば、

『グレコカエ カネオクル』



エル・グレコ『受胎告知』

この絵が売りに出されると知った児島虎次郎は、購入しようとするが、あまりの高額に驚愕する。でも、どうしても手に入れたいと思い

『グレコ買いたし』と大原に手紙を送る。その返事は

『グレコ買え 金送る』

だった。

この絵が、日本にあって、みられることは奇跡に近いと言われてます。

感動屋の姫なので、じわ~っと熱いものがこみあげてきました!

魂をかけて書いた絵を、魂をかけて買い付けた人がいる。いつか日本の美術界にとってかけがえのないものになると。

そういう絵を見れば、自然と魂を揺さぶられるね。

もともと、孫三郎と虎次郎が集めた美術品は、美術館を建てるために収集をしたのではないそうですが、この収集を心血こめてやっていた、児島虎次郎が若くして亡くなったため、彼の収集したものを公開しようと、大原美術館を創設したそうです。

孫三郎は、虎次郎のパトロンではあったけど、年も1つ違いで、お互いかけがえのない友達だったそうです。

素敵だ!!

早速、『わしの眼は十年先が見える  大原孫三郎の生涯』城山三郎@新潮文庫買っちゃったわ。

いやー、姫は、十年先見たくないわぁ。なるべく(笑)

ま、姫のことはさておき、
その他作品、


棟方志功もよかった。また、弘前もいきたい。この人の作品を見ると自然と笑みがでる。

昨年、小栗旬くんの舞台で知ったマークロスコの絵もみることができた。いろんな意味ですごい絵だった。

そして、新鋭の画家さんでもお気に入りをみつけることができた。また、それはいつの日か紹介します。



音声ガイダンスは、又吉先生(全編ではないけど)
剛くんとのswitchインタビュー達人達。よかったなぁ。
また、新たな二人のswitchインタビューみたいな。

『switchやれ 金送る』

うそうそ(笑) いつかまたやってくれるよう、いのり❤送ります。そして、受信料も毎月送ってます。

大原美術館!ぜひ、今度は岡山にて堪能したいです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。