現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記

国内Jプロツアー、アジア国際レースを中心に、自転車ロードレース活動をしています。
選手の視点から、ロードレースの面白さをお伝えできればと思います。


テーマ:

那須での連戦。

土曜日はクリテリウム。

日曜日はロードレース。

昨日に続き、初開催のコースだから新鮮味があるコース。

宿から会場までは25㌔ほど。

ウォーミングアップを兼ねて自走で会場に向かった。

会場付近でお弁当を買って、外で食べていると

地元民の方に沢山声をかけてもらった。

外暑いから、中入って食べな~って。

 

那須町の人は温かみがある。

(写真:FABさん)

 

レースのコースは1周7㌔を15周回する。

下りと登りがあるものの、基本平坦基調なレイアウトで

スピードコース。

2か所直角コーナー 立ち上がりダッシュが厳しい個所があり。

逃げは比較的決まりやすいコース。

 

私は、イマイチ調子が上がって来てないことから、序盤のレース展開(アタック合戦)には加わらず、集団待機。足が残っていれば後半勝負な作戦。

そんなわけで、ほぼ集団最後尾からのスタート。

最低限完走。

今年は、20位以内に入らないとポイントがとても低く

チームのランキングを考えると、一人でも20位以内に送り込めるようにしつつ、最低限3名完走を目標にしていくことが大事。

上位チームの争いも面白いが、下位チームの争いも面白い。

 

スタートして、最初の下りで、2名が先行する感じでアタックしているが

集団も容認している感じではなく、決まりそうにはない。

 

と、その時、集団大落車!

時速60㌔以上出ているので、止まれるわけもなく、私も突っ込んで、後ろからも突っ込まれる。。。

140名の半分が巻き込まれたのではないだろうか?

 

私は比較的マージンを取って下っていたので、大怪我をすることは無かったが、救急車で搬送される選手も多く、一時レースは中断。

 

1時間程中断し、周回数が、15→13周回に減らされて

再スタート。

 

さっきの落車のシーンが頭から離れず、先ほどより、更にマージンを取って下ってしまうため、直角コーナーの立ち上がりで、足が削られる。

そうこうしているうちに14名の逃げが出来た。

後半勝負の予定だったが、主要チームがほぼ入った逃げは、容認するべきではない。

レース距離も、90㌔と短い為、逃がしたら追いきれない。

下りで見える位置だったので、今追えば追いつけたかも知れなかったが、勇気が出なかった。

差がみるみる開いたところで、

乗り遅れた選手のアタックが続き、

登りのたびに仕掛ける現Jプロツアーランキング1位のホセ選手や現全日本チャンピオンの初山選手の動きで、集団もハイスピード!

紛れもなく日本で一番足のある彼等が、乗り遅れ

前に行きたがっている!

ということは、これに便乗すれば、美味しい展開なのだが

あまりにもキツクて、実際はそれどころではなく、集団待機。

その結果、初山選手、ホセ選手含む、5名の追走(最終便)が行ったところで、集団はスローペース。

残り距離20㌔で、先頭と3分差。

有力選手もみんな前に行っているので、追いつくことは無い。

前は19名。この集団の頭を取れば20位。

20位以内まではポイントが変わるので、狙うのはもうそのくらいか。

と思っていると、なんとこのメイン集団が、逃げとの差が3分でごっそり下ろされた。

 

まさか3分で大集団がタイムアウト、下ろされるとは思ってなかったので、ビックリした。

137名出走で完走19名と、とても厳しいレースだった。

 

(写真:FABさん)

(写真:FABさん)

(写真:FABさん)

(写真:FABさん)

次戦は、2週間後の全日本選手権 青森です。

1年で一番大事なナショナル選手権。

昨年は37位。一年一年が挑戦です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マッキーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。