現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記

国内Jプロツアー、アジア国際レースを中心に、自転車ロードレース活動をしています。
選手の視点から、ロードレースの面白さをお伝えできればと思います。


テーマ:

会場:群馬CSC

距離:6キロ×25周回 150キロ

カテゴリー:Jプロツアー

エントリー人数;136名 完走48名
結果:DNF

公式リザルト
http://www.jbcf.jp/db/listRaceResults11.php?race_id=R1216&cluster=P1&PHPSESSID=c1f88ce1a2d504007d05e332d79c806a

所属チーム:湘南ベルマーレサイクルロードチーム
http://bellmare-cycling.jp/

所属会社:テレコムサービス株式会社
http://www.telecom-service.net/

JANPプロジェクト
http://www.telecom-service.net/janp/

使用機材 フレーム:GIANT TCR ADVANCED SL
http://www.giant.co.jp/giant12/

コンポ:SRAM
http://www.giant-pa.jp/

タイヤ:SOYO
http://www.daiwabo.co.jp/catalog/sozai_08.html

ホイール:ジップ303
http://www.giant-pa.jp/zipp/zipp_index.html

サングラス:SWANS
http://www.swans.co.jp/

ヘルメット&シューズ:GIRO
http://www.yamamoto-kogaku.co.jp/giro/

ウェアー:バレット
http://www.valette.jp/

サプリメント:梅丹
http://www.meitanhonpo.jp/index.html

補給:凌駕
http://mackey381.shop-pro.jp/

オイル:トレーナーズ マッサージオイル
http://mackey381.shop-pro.jp/?pid=32103401

=======レースレポート=======

前半の山場レースのひとつ 東日本クラシックは
群馬CSCで開催された。

群馬のコースは好きだけど、ここ最近は恵まれず
ここを走るのは2年ぶりだった。

レース前にコースを1周試走。
コーナーの感覚と、路面の状況を確認した。
初めてこのコースを走ったのは19年前。
同じコースだけど、荒れたり、補修されたりで
コーナーの感覚、気をつけるラインは変わる。

今回は、心臓破りの坂の途中で穴ぼこがあり、砂があったこと
2段階でキツクなるコーナーのイン側に砂が浮いているところを
注意しなければだ。

レースは気温が上がった12:00にスタート
序盤のアタック合戦で、16名の逃げが決まり
チームからはナオが入った。

これが勝ち逃げだった。。
乗りたかったけど、乗れなかったのは心に迷いがあったから。

各チームの有力選手を多く含む、大人数の逃げは
集団との差をみるみる開けた。
前との差はすぐに3分まで広がった。

後追いで、森本選手(イナーメ)、普久原選手(ブリッツェン)の2人が
飛び出していった。

これは厳しいだろうーと、これも見送ってしまった。

逃げが決まってから、集団は超ースローペース。
どのチームも前にチームメイトを送り込んでいる為、組織だった
動きがないことから、飽和状態。
一時期は5分まで差が開いた。

残り50キロを残し追走が開始されたが、本気の追走にはならず、
詰まり方も微妙だった。
しかし、まだまだ身体が出来上がっていないのか?
このペースアップ&心臓破りの坂が
じわじわを身体が酸化していって、身体の動きが鈍ってきた。

後半、ラスト数週を残し、私は遅れてしまった。
悔しい。

全不調から抜け出す為に、今は低いトレーニング強度から
じっくりトレーニングを始めていて、少しづつだけど
回復してきている感覚はつかめていた。
しかし、レースペースとなると、まだ少しキツイ。

この強度の馴れは、レースを走ることが一番いいと私は思っていて
今回はいい刺激になった。

無謀と思える追走から、前に合流し、さらに4位と検討した森本選手や
同級生年代の廣瀬選手の優勝など、沢山刺激を貰い
色んな迷いが吹っ切れた。

後半に向けて、仕切りなおしだ。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マッキーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。