現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記

国内Jプロツアー、アジア国際レースを中心に、自転車ロードレース活動をしています。
選手の視点から、ロードレースの面白さをお伝えできればと思います。


テーマ:

コース:宇都宮森林公園


距離:14.1キロ×5周回+10.3㌔1周回  合計82.1.㌔
http://www.japancup.gr.jp/2010/

カテゴリー:ジャパンカップオープンレース

エントリー人数;181名 完走:30名
湘南ベルマーレ:10名 平林、山根、小室、山川、原川、佐藤、武田、頓所、内野、まさる


リザルト:平林:6位 山根:11位 小室:AFD 山川:30位 原川:DNF

 佐藤:19位 武田:DNF 頓所:DNF 内野:37位 中里:DNF


正式リザルト

http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/uploads/JC2010OPENMEN_RESULT.pdf


使用機材 フレーム:GIANT TCR ADVANCED SL

http://www.giant.co.jp/giant11/index.php

コンポ:SRAM  レッド
http://www.giant-pa.jp/sram/sram_index.html

タイヤ:ジップ

http://www.giant-pa.jp/zipp/zipp_index.html

ホイール:ジップ303
http://www.giant-pa.jp/zipp/zipp_index.html

サングラス:SWANS

http://www.swans.co.jp/

ヘルメット:GIRO
http://www.yamamoto-kogaku.co.jp/giro/

補給:メダリスト

http://www.arist.co.jp/

シューズ:ガエルネ
ttp://www.dinosaur-gr.com/gaerne/index.php

オイル:スポーツバルム

http://www.dinosaur-gr.com/sportsbalm/180-181sportsbalm/index.html

ジャージ:F2P

http://www.f2psport.com/


=======レースレポート=======


ジャパンカップのオープンレースに参加してきました。

湘南ベルマーレからは、エントリーが10名と大人数。


そして、公式レースとしては、シーズン最後のレースとなるので気合も十分です。


レース当日、決戦用ホイルを運んでいるチームカーが大渋滞に巻き込まれ、レースに間に合わない可能性があることを告げられ、各選手は、とりあえず走れる用意をし、まとまって居ること。という流れで、チームカーの到着を待った。


ウォーミングアップを終了し、スタート30分前に監督から決戦用ホイルを受け取る。ジップ303だ。

3セットのみの中、そのうち1ペアを私が履かせて頂きました。


オープンレースは、参加者181名と大人数。

ここは前に並ばないと危険なレースの為、スタート10分前から並び始めた。

しかし、考えることはみんな一緒!


そして、ゲートが開くんですが、他選手も、凄い勢いでスタート地点を確保する。

考えることはおなじですね。


私は一歩出遅れ、気がつけば最後尾の181番目…


ヤバイです。。。


1週でトップまで行くことを目標にスタートしました。


現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記

(写真:シクロワイヤード)


【レースコース】


現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記


スタートして、1キロ程度すると、本格的な登りが始まる。

(地図の③番~⑤番)最大勾配は16%とかなりキツメの坂です。


その最初のコガシ林道の登りで、ガシガシ踏んで、少しでも前に行こうという考えだ。


レースは定刻の11:05分に一斉スタート。

私は最後尾の為、


『パン』


と合図があってから、本格的にスタートできたのはかなりの時間差でした(泣)


コガシの登りに入ると、一気に集団はバラケ出したので、合間を縫って、ドンドン選手をパスしていく。

何十人パスしたかわからないが、まだまだ後方のことには変わりはない。


頂上をクリアーし、テクニカルなダウンヒル区間に入る。(地図⑤~⑥)


下りのペースが異常に遅く、こんなペースでは、前とどんどん離れていくと、焦る。


平坦区間に入って初めてわかる現実!


先頭は、遥か彼方。集団が何個にも分裂…。


予測はできていたが、ヤッパリという感じでした。


私は、集団をひとつ、一つクリアーし、鶴カントリーの登り(地図⑩番~①番の間)でメイン集団に追いつけました。


状況を把握するため、先頭付近にいた選手に確認すると、前5名が先行しているとのこと。チームメイトの原川が乗っていること。


湘南ベルマーレとしては原川が対応してくれたのでOK。


しかし、すぐ目の前に見え、あれは厳しいと判断。

次の動きに備える。


メイン集団に追いつく為、少々足を使ってしまったので、ここで一休み。小さなアッタクは発生するが、どれも強力な逃げではない。


3週目、誰だか確認できなかったが、アンカーの選手と2名で先行。タイムは40秒


あまり行かせたくないチームだったので、追走を作りたいな。と誘ってみるも、誰も反応する気配なし。

そして集団も激遅っ!


全く意味不明でした。


チームメイトの頓所に、集団を引いてもらい、前との差を詰めるように指示。私はその後ろをキープ。

そのおかげで、鶴カントリーの坂で2人を吸収、頓所に遅れないように!と伝え、下りに入った。


4週目から、実力のある選手が動き出す。コガシ林道の登りで、明らかに走れているのは、小段選手(ラバネロ)先週の輪島のレースでも相当走れていたので、今日1番の要注意人物です。


坂を下り終えると、前には、そんな要注意人物の小段選手(ラバネロ)や、岩島選手(なるしま)、武井選手(フォルツァ)MTB全日本選手権2位 といった、ヤバイ逃げが出来上がった。


後追いで追走をしたのは、私を含み、金子選手(アンカー) 高岡選手(イナーメ)など、これまた良いメンバーだ。


行ける行ける~。追いつくと、グルグルローテーションし、この危険な逃げと合流した。


残ったメンバーはやはり強い選手ばかりで面白い!


その後ろの集団も近いっちゃ近いが、多分追いきれないだろうと判断。このメンバーで勝負しようと思った。


5週目、コガシの登りでペースを上げ、振るいにかける。


下ったところで、確認すると、メンバーは8名


小段選手(ラバネロ)先日の輪島でとても良い走りをしていた選手

トガオ選手(ラバネロ)毎年、一桁でゴールしている強い選手

大塚選手(アクアタマ)昨年の優勝者

青柳選手(オ-ベスト)昨年、全日本代表で国際レースに出ている選手

高岡選手(イナーメ)言わずと知れた強い選手

岩島選手(なるしま)言わずと知れた強い選手

早川選手(法政?)

平林の8名。


ラバネロのみが2名を送り込んでいて、有利な展開でした。

まずはトガオ選手がアタック!!


小段選手以外が追う展開。

これは吸収し、力勝負にしたかった私は、鶴カントリーでアタック!!


下ったところで吸収され、最終周回のジャンが鳴る。


現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記
(写真:シクロワイヤード)


スタートゴール地点を越えた坂で、再度アタック!!

このあたりは、決まるまで攻めてやる。という意識で走っていた。


現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記


後ろとは10秒程か?


大して離れていないが、あきらめず踏む。


コガシ林道の頂上までに差を広げられれば、残り8キロを全力で行こうと決めていた。


しかし、まずは、追いついてきたトガオ選手にアタックされる!

ここはアタックに反応し、ペースを上げ吸収すると、それと同時に、今度は、小段選手にアタックされる。


キツ過ぎる…


流石にこれには反応しきれず、10m程開いてしまうが、ここは踏ん張りどころ!

諦めずに小段を追う



現役自転車ロード選手 平林昌樹の自転車日記

(写真シクロワイヤード)


後ろも、迫っているが、それよりも、前の小段選手を行かせてはならないという意識のほうが強かった。


下ったところで、私は宙ぶらりん。


頂上までに追いつけず、どうするかの判断で、後方の数名と協力し小段選手を追うことに切り替えた。

前に見えていて、十数秒の差だがここが埋められないもどかしさ。


その原因は、前にチームメイトが行っているので、足を溜めている、トガオ選手の存在。吸収した時にカウンターで行かれることが、みんなの頭にあり、脚を使わなければならないが、使いたくない気持ち。


これがロードレースの面白さだ。


ラスト3キロ。


前には見えている!!


俺はどーする?


単独でアタックして追うか?


吸収したカウンターの運びをするか?


迷いに迷って、残り500m


捕まりそうだ!!


捕まりそうだーーー




残り300m



足を溜めていたトガオ選手がアタック!




足を使って追ったメンバーは撃沈。


小段選手が、3秒逃げ切って優勝


そして、2位にはトガオ選手


私は6位でゴールを切りました。


悔しい…


悔し過ぎる。


自分の弱さ


もうワンステップできないもどかしさ。


それだけでした。



いろいろな気持ちもありましたが、今年の公式戦最終レースを走りきりました。


後ほど、ゴールシーンの動画がアップされるようなので、後日私のブログでもリンク貼らさせていただこうと思います。


1年間応援有難うございました。


会場に来てくれた方たち、道路にたくさんペイントしてくれた方、コメントやメール、

監督、チームメイト、スタッフ、スポンサー企業様


沢山の方に支えられ、今年もレース活動ができた事を感謝します。




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

マッキーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。