1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月26日(金)

クラシックカーラリー/ラ・フェスタ・プリマヴェラ 今年の観戦反省

テーマ:ラ・フェスタ・プリマヴェラ2017

 ラ・フェスタ・プリマヴェラクラシックカーのラリーなので、通り過ぎたら最後、戻っては来ない。

 なのでつい万全を期してデジタル一眼の連写機能+AFを使用してしまう。

 オートフォーカスも最近機種のようにキュキュッと瞬時にピントを合わせてくれるほどでもないので、今一つピンが甘くなってしまう。

 大きく引き伸ばすのはマチャアキ車しか無いのだが。

 それならズーム機能に強いコンデジを使って背景の桜(散りかけだが)を大きくすればばよかったかなと後から反省。この反省はまた来年に生かせればと。

 

1956年 ALFA ROMEO GIULIETTA SPRINT VELOCE LIGHT WEIHT

 

1956年 MG MGA

 

1956年 ALFA ROMEO 1900 CSS TOURING

 

1957年 LANCIA AURELIA B20

 

 チェックポイントの奈良ホテルに参加各車がやって来る予定時間よりかなり早めに到着。撮影ポイントを決めて待機していたのだが、車両台数が多くなるにつ駐車場かられ溢れたスタッフ車がホテル敷地内沿道に駐車するようになってしまった。

 せっかくの景色の中に一般車両の後姿が映り込むことに。

 マチャアキや篠塚健次郎さんにサインを頂くためにはチェックポイントに行くしかない反面、綺麗な景色で撮影したいと思うのでどっちつかずなところもある。

 やはり1日2ケ所の観戦追っかけが必要か?

 

1957 JAGUAR XK150 DHC

 

1957年 ALFA ROMEO GIULIETTA SV ZAGATO

 

1957年 ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER

 

1957年 ALFA ROMEO GIULIETTA SPIDER

 

1958年 AC ACECA

 

1959年 MG MGA

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月25日(木)

「狼」世代の血が騒ぐ「ロータス」 北野天満宮スーパーカー

テーマ:17北野天満宮スーパーカー

 京都・北野天満宮で開催された「THE SUPER CAR HERITAGE GATHERING 2017 in KYOTO」。参加車両はスーパーカーブーム時に主役だった'60~70年代のマシンがほとんど。

 

 ブームを起こした『サーキットの狼』世代にとっては絶対に外せないのが―

 

ロータス・ヨーロッパ・スペシャル

 白いボディに赤ライン。撃墜★マーク入り―と『―狼』主人公・風吹裕矢の愛車そのままの姿。カッコイイなぁ。瞬時に血がたぎる。

 昨年の鈴鹿Sound of ENGINE・タイムトンネルパーキングにも参加していた車両。

 劇中と同じ細い支柱に加え固定用ステーで止められたウイング。

 

ロータス・ヨーロッパ・スペシャル

 北野天満宮の駐車場でもロータス・ヨーロッパを発見。

 F1のJPSロータスをイメージしたブラックゴールドのカラーリング。

 朝、会場に向かう途中で発見したのでもうテンション上がりまくり。

 

ロータス・エスプリV8GT

 1993年に発表・モデルチェンジしたのでスーパーカーブームには関与していない。

 北野天満宮の駐車場で発見。初めて見たので嬉しかった。

 フロントスポイラーの形状からV8GTではないかと思う。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年05月24日(水)

モリワキ8耐トライアル突破 2&4では下位に沈んでしまったチーム・カガヤマ JSB1000

テーマ:2016MFJ GP

 全日本ロードレースJSB1000クラスにとっては開幕戦となる2&4レース

 ほぼ全車総覧も今回が最後。

 

 菅生戦では伊藤真一選手のTEAM SuP DREAM Hondaと、須貝義行選手のチームスガイレーシングジャパンが2枠しかない8耐出場権を獲得しトライアウト突破。

 清成龍一選手が痛恨の転倒によりMORIWAKI MOTUL RACINGは最終ステージの鈴鹿サンデーロードレースに参加することになった。

ファン感謝デーでの清成選手

 

 サンデーロードでは清成選手優勝。高橋裕紀選手が2位とモリワキの1-2フィニッシュ。念願の8耐出場権を自力獲得した。

 ❝当然の結果❞と言ってしまうにはあまりにもプレッシャーが大きかったに違いない。

 清成選手にとっては全日本3連続転倒。プロとしてかなり辛い状態に置かれてしまったのでなおさら。それを優勝でキッチリ払拭したのだから凄い。

 さすがは世界で戦ってきた選手だ。8耐が終わった後にでも、この辛い状態からどのように回復したのかを聞いてみたい。そして自分の辛い仕事にも心構えとして生かしたいと思う。

 

 

17位:Team KAGAYAMA/加賀山就臣選手/SUZUKI GSX-R1000

 2&4レースではまだ新型マシンの熟成が進んでいないのか、チーム・カガヤマの2名は下位に沈んでしまった。

 雨の菅生戦でも加賀山選手が3番手浮上後に転倒と残念な結果に。

 2&4レース後には「横浜元町“元町 安全・安心パレード」に7年連続で参加。

 昨年型マシンで石川町の石畳をパレードランした。

 JSBマシンは基本的には市販車ベースなので、4輪フォーミュラが公道走行するよりは違和感が無いのだが、やはりレーシングマシンの公道走行は見てみたい。どこかのチームが大阪でも走らせてくれないかな?

 

スズキライダー トークショーで

 

47位:Team KAGAYAMA/浦本修充選手/SUZUKI GSX-R1000

 2&4レースでは予選・決勝ともに納得がいかない結果となってしまった。

 菅生戦では5位フィニッシュと調子を上げてきた。

 

 

JAB1000レギュラー・ライダー開幕記念写真

 ピットウォークの最中にコース上で行われた記念撮影。

 この写真が撮れるのならピットウォークに入っても良かったなぁ。

 

36位:磐田レーシングファミリー/宮腰武選手/YAMAHA YZF-R1

 

37位:DOG HOUSE/岩谷圭太選手・向山将弘選手組/SUZUKI GSX-R1000

 

38位:山科カワサキ&ビジネスラリアート&YIC京都/松本正幸選手/KAWASAKI ZX-10R

 

40位:ホンダドリーム北九州&Life 01/西中綱選手/Honda CBR1000RR

 

41位:立秋モータース&RC甲子園YAMAHA/池田貴彦選手/YAMAHA YZF-R1

 

43位:Webike チームノリックヤマハ/上和田 拓海選手/YAMAHA YZF-R1

 ノリックの走る魂を受け継いでいってもらいたい。

 

44位:チーム・エッチングファクトリー/慶楽大樹選手・有川浩太郎選手組/YAMAHA YZF-R1

 

45位:磐田レーシングファミリーwithYMC/上野友寛選手/YAMAHA YZF-R1

 

46位:テイクアップOIRF/田村武士選手/SUZUKI GSX-R1000 L2

 

SatuHATI.Honda Team Asia/Md.Zaghwan Zaidi選手・Ratthapong Wilairot選手組/Honda CBR1000RR

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月23日(火)

ニッキー、君を忘れない

テーマ:SUZUKA8h2016


  朝、ネットニュースを見たら、あぁ、この見出しは出て欲しくなかった―「元MotoGP王者 死去」―と。

 

 昨年の鈴鹿8耐テストで初めてニッキー・ヘイデン選手と直接お会いできた。

 あれからまだ1年も経っていないというのに。

 

 8耐予選の土曜日はホンダブース、BSステージ、メインステージ、前夜祭でみんなで「ハッピーバースデー・トゥ・ユー」を歌って当日が誕生日のニッキーを祝ったのは楽しかったなぁ。

 

 「MotoGPとWSBのダブルチャンピオンを目指す」と意欲を見せていたニッキー。

 ホンダCBRも新型になったので、これからが楽しみなところだった。

 

 

 さようなら、ニッキー・ヘイデン。ご冥福をお祈りします。

 君を忘れない。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年05月22日(月)

エレガントさと荒々しさを併せ持つ ランボルギーニ・ミウラ 北野天満宮スーパーカー

テーマ:17北野天満宮スーパーカー

 ランボルギーニ・ミウラ誕生50周年を祝うイベントとして開催された昨年は主役のミウラ数台に加えてイオタSVRも参加していた。

 THE SUPER CAR HERITAGE GATHERING 2017 in KYOTOとして開催された今年は、一番期待していたイオタの姿は無く、ミウラは1台がやって来ていた。

 漫画『サーキットの狼』でも連載開始間もなく飛鳥ミノルの愛車として登場したスーパーカー。

 それまで❝車❞とは❝四角が組み合わさった形❞ばかりだと思っていたので「これほどカッコイイ車があるのか!?」と驚くとともに胸が騒ぎ立った。

 飛鳥に「乗ってみるかい」とステアリングを預かった風吹裕矢が走り出すシーンは今でも当時の血のたぎりが蘇る。

 参加していたランボルギーニ・ミウラはエントリーリストでは「P-400」となっているが、テールのエンブレムでは「SV」となっている。

 確か「SV」はフロントライト周りが❝マツゲ❞ではなく、ツルンとしたパンダになっていたはず。

 マツゲのSVもあったのか?

 カッコイイ! カッコ良過ぎるッ‼ 気品が溢れるとともにフェラーリにはない躍動感―荒々しさも感じる。1台でも存在感がある。

 しっとりとしたブラウンのボディも落ち着きが合ってキレイだ。サイドスカート部とホイールのゴールドとよく合っている。

 

ミッドシップのV12

 

 次にミウラに会えるのはいつになるのだろうか?

 そしてイオタにはいつ会うことができるのだろうか?

 まだまだスーパーカーイベントに足を運ばねばならない。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017年05月21日(日)

争奪戦初参加 イオン限定チューニングカー・トミカ ホンダS660モデューロ

テーマ:トミカ

 久しぶりに何も予定の無い休日だった。「明日は土曜日っ 天気はどうかな 何しよう♪」―と、NHK『2355』金曜日のテーマが頭に流れる。

 ふとカレンダーを見ると第三土曜日。あぁ、トミカの新車発売日だ。明日は何が出るのかな? 調べてみると―

 

 トミカ AEON チューニングカーシリーズ第32弾 ホンダ S660・モデューロ・カラーが出るではないか。

 写真を見るとカッコイイ。これは買いに行こう! 

鈴鹿1000㌔のホンダブースで展示されたモデューロS660

 

 色々な方のブログで過去のイオンやトイザらスの限定トミカでは「並んだ」とか「家族で大量に買いに来ていた」と書かれていて激しい争奪戦が予想された。

 整理券とか配るのかな? 行ったら売り切れかな? 初参戦の不安がよぎる。

 まあ、無くなっていたらそれは仕方ない。そこまで執着心は無い。

 

 いざ当日。開店時間の15分前に近くのイオンに到着。

 おもちゃ売り場に行くには何通りかのルートがあるが、ドルフィンが行った入り口には既に親子3名と❝それらしい❞男性が1名が開店を待っていた。他の入り口はどうなっているのだろう?

 開店時間になると各入り口から走ってくる音が聞こえる。

 ドルフィンも急いでおもちゃ売り場へ―。と、一緒に開店待ちをしていた男性が別方向―女性下着売り場方向に曲がった。「!?」

 この不自然な行動が気になって見ると、イオン限定と初回限定のトミカはフロア中央のレジにて直接販売されていたのだ(レジは女性下着売り場横なのだ)。

 踵(きびす)を返して中央レジに向かう。

 初参戦ならではの知識不足だ。

 

 何名かが並んでレジで商品を買っている。この店では「お一人様1個限り」だった。良心的な店で良かった。家族3名で行っても3個だけだ。

オープンカーなので運転席も再現

 

 田舎のイオンだったおかげ(?)で初めてのイオン限定トミカをGET。通常トミカの初回仕様には目もくれなかった。

 

 通常トミカより高めの600円だったが、モデューロカラーが綺麗に再現されているのでこれは良い。写真だけでなく実物を見てもカッコイイ。

 ここまでカラーが再現されているとホイールが通常トミカなのが勿体ない

 

 このような特別仕様が出るのではないかと、通常トミカのS660は購入していなかったのだ。

大阪オートメッセに展示されていたモデューロS660フルトップ状態

 

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月20日(土)

じないまちで「架空読書会」 本ある暮らしの会

テーマ:日記

ねる店長でち

 

 5月13日の土曜日、富田林市にある重要伝統的建造物群保存地区
❝じないまち❞の中にある休日書店青々堂が店を開けた。

 昨年まで5月の第二土曜日はじないまちで古書散歩が開催されていたが今年から開かれなくなったので「それでは寂しい」と『本ある暮らしの会』が独自に本のイベントを開催した。

 今回の目玉は「架空読書会」

 ルールとしては―

 ① .誰かが架空の書名を言う

 ② 全員その本を読んできたことにする

 ③ 内容をでっちあげ自由に語る

 ④ 先に他の人が語った内容を否定しない(例えば「田中が死ぬ場面で泣いた」と誰かが言えば、そういう場面があった前提で他の人も続ける)

 ⓹ 一冊終えたら次の人の番

 

 1冊につきおおよそ10分から15分の持ち時間。5~6人で行う。

 本のタイトルからだけで色な発想が出てくるので、やってみるととても面白かった

 人の感想を聞きつつ自分でも考えるのでかなり頭を使う。5~6人だと1時間くらいかかるので、終わった後は頭脳疲労で放心状態になってしまう。

 

 午前に1回、午後に1回行った。

 午後からの回は滋賀や神戸からの参加者もあって盛り上がった。

架空読書会の最中 お茶とお菓子で頭脳にエネルギーを補充

 

 古書散歩が開催されているものと思ってじないまちに来られたお客さんもお店で買い物をしていかれた。

 

 次回は6月の第二土曜日/6月10日に開催!

 詳しくはTwitter「本ある暮らしの会」で。

 

 

 また、この日と翌日の日曜日には、じないまち内にある旧万里春酒蔵「富田林寺内町シネマプラス!」が催された。

 ナン&カレーを食べてカレー映画「聖者の食卓」を鑑賞し、インド料理店主によるスパイスのお話があった。

 全ての客席が埋まる盛況ぶり。

 カレーの香りが漂いながらインドで市民へのカレー提供の映画を鑑賞。視覚と聴覚と嗅覚が刺激される。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月19日(金)

がんばれ!ニッキー・ヘイデン‼ 戻ってきてくれ!!

テーマ:SUZUKA8h2016

 ネットニュースを見たら「ニッキー・ヘイデン交通事故で重体」の見出しが目に留まった。

 ショック!!

 

 昨年の鈴鹿8耐に参戦したニッキー。リタイアに終わり「まだやり残した事がある」と語った。

 その後、WSBで調子を崩して「チームに怒られた」とコメントしていたので「今年の参戦は無いかな」と思っていたのだが「いずれはまた」と期待していた。

 テストの時にツーショット写真を撮らせてくれたニッキー。

 8耐の時に遠くから写真を見せると「こっち来いよ」と手招きしてくれ、写真にサインを入れてくれたサービス精神旺盛のニッキー。

 予選日が誕生日だったのでGPスクエアの行く先々で誕生祝いが行われたニッキー。

 WSBでもチャンピオンを獲ると意欲をみせていたニッキー。

 みんなニッキーの元気な姿をまたみたいと願っている。


 サイクリング練習中に自動車に撥ねられたそうだ。

 サーキットの外での事故ではミハエル・シューマッハ氏もそうだったが、シューマッハ氏のニュースの一報を聞いたときは「彼は世界有数の金持ちだから、高度先進医療を受けられるはずだから大丈夫だろう」と楽観的にみていた。

 今回のニッキーは先述のように接して頂いたのでより親近感があってショッキングなニュースだった。さらにはシューマッハ氏ですらあの状況であるので一層心配だ。


MuSASHi RT ハルク・プロ/ホンダCBR1000Rを駆るニッキー・ヘイデン選手

 

 だが、今はニッキー・ヘイデン選手の一刻も早い回復を祈るとともに、いずれは鈴鹿に帰ってきて欲しいとただただ願う。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月18日(木)

津田兄弟、爆走! JSB1000開幕戦・鈴鹿2&4

テーマ:2017鈴鹿2&4

 全日本ロードレース開幕戦・鈴鹿2&4レース

 

爆走!津田兄弟

 津田拓也選手と津田一磨選手のランデブー走行が見られたので慌ててシャッターをきった。

 5月20日に開催される『爆走!津田兄弟ライディングスクール』の写真と同じ場面!? 比べると…うぅっやっぱりプロは綺麗に写真撮ってるなぁ。

 

23位:チタニウムパワー フーターズ レーシング/津田一磨選手/YAMAHA YZF-R1

 8耐では優勝経験がある徳留和樹選手も加入。

 

18位:RS-ITOH/石塚健選手・柴田陸樹選手組/KAWASAKI ZX-10R

 石塚健選手

 J-GP2開幕戦・筑波で3位表彰台GET。

 柴田陸樹選手

 

22位:NCXX RACING/長尾健吾選手・吉田忠幸選手組/YAMAHA YZF-R1

 

28位:TTS速心NCCFACTORY/中村敬司選手/Honda CBR1000RR

 

30位:O-TECsuzuka RSGracing/筒井伸選手/Honda CBR1000RR

 8耐トライアウト組で11位。あと一歩でトライアウト成らず。

 

31位:チームスガイレーシングジャパン/須貝義行選手/aprilia RSV4 RF

 アプリリアで参戦のベテラン須貝選手もトライアウト突破できず。

 トライアウト・セカンドステージの菅生戦で出場枠「2」の中に食い込み、トライアウト突破

 
32位:浜松チームタイタン/犬木翼選手/SUZUKI GSX-R1000

 スズキ従業員チーム。鈴鹿8耐でお馴染みのチームでもトライアウト突破できず。 『ばくおん!』鈴乃木凛ちゃんも応援しているというのに!

 

33位:H.L.O RACING/樋口耕太選手/SUZUKI GSX-R1000

 

34位:Honda浜友会浜松エスカルゴ/野寄真二選手/Honda CBR1000RR

 やはり8耐ではお馴染みのホンダ従業員チーム。。

 

35位:トランスマップレーシングチーム長野withACECAFE/櫻山茂昇選手/SUZUKI GSX-R1000

 モノトーンのマシン&ライダーのカラーがカッコ良く、目立っていた。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月17日(水)

F1マシンコレクション10号発売だが RBAの1/43タイレルP34

テーマ:RBA

 『隔週刊F1マシンコレクション』10号が発売された。今回は'76年型タイレルP34。人気のある6輪F1マシンだ。売り切れ必至か?

 だがドルフィンはRBA1/43スケールのミニカーを持っているので今回はパスした。

 

 RBAも海外で発売された分冊百科式のミニカーだったらしい。多様なF1マシンの1/43ミニカーがあり「日本でも発売してくれないかな」と思っていた。

 それから10年。ようやく『F1マシンコレクション』の発売に至った。

背景の「elf」ステッカーも'76年F1inJAPANの時に頂いたもの

 

 ミニカーを集め始めて2年目頃、大阪・日本橋のレンタルスペースでマルティニ・ロータス79とともにタイレルP34を発見したときは胸が騒いだ。

 まだ京商1/64ミニカーもF1シリーズが出ておらず、ロータス79やタイレルP34はミニチャンプスから発売されていて既に絶版状態。市場に出てもプレミア価格だった。

 そこでミニチャンプスの当時新品価格くらいで売られていたので「またとないチャンス!」となけなしの万札を握りしめたのだった。

 

 大好きなマシンのミニカーが手元にやってきて、1週間くらいは仕事中もニヤけてしまうほどだった。

 欲しいミニカーを探し出してGETする喜びはもう味わえないだろうなぁ。あの時の感覚は今でも忘れられない。

 それだけに古くなってもRBAミニカーに取って代わる存在は無いのだ。

 

’76年F1inJapanで初めて見たタイレルP34 (赤矢印)

コンパクトカメラで撮影。“流し撮り”という技術を知らなかったので、完全にブレブレ写真

 

2度目に見たタイレルP34

 '84年スポーツカーフェスティバルではデパイユ車を高橋国光選手がドライブした

 

 河口湖自動車博物館所蔵のタイレルP34とロータス91が走行。高橋国光選手がドライブ。走るタイレルP34を見たのはこれが最後。

 ロータス91は中嶋悟選手がドライブした。

 

 国さんと中嶋選手にサインを入れて下さるので、ロータス91が描かれた河口湖自動車博物館のTシャツを購入。気に入ってよく着ていたら次第にサインが落ちていってしまった。それ以来、サインを入れて頂いたTシャツは着られなくなってしまった。

Tシャツ・ロータス1
Tシャツ・ロータス2
着つぶしていたので、サインも洗濯で薄くなってしまった
辛うじて中嶋氏のサインらしきものが残っている

Tシャツ・ロータス4
Tシャツを買ったらサインを入れて頂けた。2人とも若い!

 

最後に見たタイレルP34

田宮模型本社・静岡

 

 河口湖自動車博物館のタイレルとロータスが移管されたのだろうか? 田宮模型のホールで現在でも無料で見ることができる。 もう走行は無理だろうな。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD







ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。