それはあなた、悲しいふりをしているだけでしょう、とか

傷ついた自分に酔って楽しんでいるだけよ、とか

そういう言葉を直接言われたわけじゃない、けど、もしかしてそういうの、私にもあるかもしれない

と思う。


思い始めると

例えば長くつらいつらいって思ってること

ずっと前からかなしくって思い出すだけで泣いてしまうようなことに対して

もしかすると私は悲しいのではなく

悲しい自分に浸っていたいだけなのかな

と「私」を疑ってしまう。


浸ってる自分とか、酔ってる自分とか

それと、本当に悲しんでいる自分との境界ってはっきりしているものなんですか。

ってきいてみたいけど誰にきけばいいのかしら。

私、酔ってるのかもしれないし、ふりをしているのかもしれないけど

やっぱり、悲しい、痛いって思う気持ちは確かにここにあるんだよ。

それが甘いってことなんでしょうか。


何が本物なんだよまったく。

本物とかないでしょう。そしたら決めることもできないでしょう。

単に悲しい自分に酔ってるだけって決められないでしょう。


まぁ、別に、酔ってるとか浸ってるとかでもいいか。抜け出せないしなー、なかなか。


とは言っても結構楽しく生きてますので。

ときどきすきまにずるっとつまづいてしまうだけで

基本的には笑って明るい毎日です。感謝です。

AD