打ち寄せる波のかたちのスカートのしずくを落とさぬように歩いた

AD

はじめること

テーマ:

題詠100首で詠む歌には、最近、「はじまる」という言葉が多い私。

それはきっと、逆に、終わりを意識しているからだろうと思う。


アイドルがライブで背負う煙幕のようなはじまりかただったのに

戦争がはじまる前のしずけさはどこからどこまでなのか教えて


あー、ほら、やっぱり、はじまりと言いながら、「終わり」に近い。

だってひとつ、あることが完璧に終わりつつあるから。

終わってしまうことがつらい。

だから、はじまったときのことを思いだしているんだ。きっと。

うー、無意識とはいえこれはちょっと顕著すぎでしょう。

でもこれが一番はまる、と思ってしまうのは時期が時期だからだろうなぁ。

あとで推敲できたらするけれど、これが一番わたしにびんびんきてしまうんです。

でもだめだだめだこんなんじゃー。

もっと前向きーにもっとちゃんと歌を詠もう。

前向きーじゃなくてもかぶらないようにします(苦笑

AD