子どもの本の翻訳家・神戸万知

神戸万知(ごうど・まち)です。子どもの本の翻訳をしています。主に、著書・訳書を紹介いたします。


テーマ:
『ハエにスイッチ!』(アリ・スパークス著、神戸万知訳、舵真秀人絵、フレーベル館)

「SWITCH」シリーズ第2巻です。今回は、なんとハエになってしまいます!

ハエですよ、ハエ。多くの人が嫌う、あのハエ。おえーな場面もあります(笑)。でも、なってみると、そのすばらしい身体能力に、虫ぎらいのダニーも感嘆します。空飛ぶのは、人間にとって永遠のあこがれですものね。

今回のシリーズでは、挿し絵を「ドラゴン・スレイヤー・アカデミー」シリーズでもご一緒した漫画家の舵真秀人さんが描いてくださっています。舵真さんといえば、なんといってもおもしろいのが、巻末のマンガ。もちろん、日本語版オリジナルです。ストーリー中のちょこっとした疑問をさらりと説明してくれたり、次巻の予告をしてくれたりと、とても貴重な情報を楽しく伝えてくれます。

「スイッチ」シリーズでは、その巻でふたごが変身した虫の生態について、昆虫博士のジョシュがわかりやすく解説してくれて、おもしろい上に、ためにもなります。わたしも、へー、ふうん、と勉強させていただきました。

「スイッチ」シリーズとともに、「ドラゴン・スレイヤー・アカデミー」シリーズも、どうぞよろしく!




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
「SWITCH」シリーズ

第1巻 『クモにスイッチ!』(アリ・スパークス著、神戸万知訳、舵真秀人絵、フレーベル館)


8歳のふたごの男の子が、ひょこんとしたことからおとなりのおばあさんで実は天才科学者だったポッツさんの庭小屋に入りこみ、不気味なスプレーをあびて虫に変身してしまう……というファンタジーです。

身近な虫、しかも普段は嫌われそうなクモやハエを取りあげ、その生態のすごさを紹介しているのがいいです。わたしも虫苦手ですが、いろいろな知識を得られるので楽しんでいます。しかも、ふたごが変身したときに、虫になった変化(飛べるとか、視覚や聴覚がするどくなるとか)を疑似体験できるのがおもしろい~。ぜひ、女の子はもちろん、男の子に読んでもらいたいです!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『でかワルのマイク』(ミシェル・ヌードセン作、スコット・マグーン絵、神戸万知訳、岩崎書店)

ワイルドでタフでかっこいいマイクですが、ある日、車に乗ろうとしたとき、ふわふわで愛らしいウサギがひょっこりあらわれて……。

とってもキュートな絵本です。おたがいに違う文化を背負っていても仲良くなっていいじゃない、仲良くなろうよというメッセージが心に響きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。