町田福祉園スタッフのブログ

東京都町田市にある
***社会福祉法人みずき福祉会『 町田福祉園 』スタッフたちが綴るブログです***


テーマ:

町田福祉園スタッフSです。

 

書きたいこと、色々あります。

大相撲の魅力、ラジオのおもしろさ、この仕事の魅力…。

今回は、この夏、なかなか寝られない夜におすすめの本を

紹介します。

 

 

 

その1  「アフリカポレポレ」

      岩合 日出子著

 

 

動物写真家の岩合光昭さん(父)・日出子さん(母)と

その娘さん(4歳)がアフリカに移住した時の体験記。

ライオンやキリンが生息するセレンゲティ国立公園の中で暮らし、

「物」がなくても、電気がなくても、自然の中でたくましく生きる、

そしてめいっぱい遊ぶ娘さんの生き生きした姿が心に残る1冊です。

 

 

 

その2   「まほろ駅前多田便利軒」

       三浦しをん著

 

 

この本との出会い、それは数年前の自分の誕生日。

あまりにも暇すぎて、町田界隈をうろうろ。あー暇だ。

本屋に入り、たまたま手にした本の1ページ目をめくると

自分の誕生日が書かれていて。

即購入し、読み進めると

「あれ?この場所ってあそこの喫茶店じゃない?!」

「このマンションって、あそこかな?」などなど、

町田ゆかりの地がぞくぞく。

 

町田市民はご存知の方も多いかと思いますが、

三浦しをんさんは昔町田に住んでおり、

「まほろ」の舞台はここ町田。

直木賞も受賞した、世にも認められている「おすすめ本」です。

 

 

 

その3  「竜馬がゆく」

      司馬遼太郎著

 

 

高校時代の読書感想文の課題図書がこれでした。

当時は「読まずして、いかに感想文を書くか」に挑戦。

目次と、そこから数ページを読んで物語を想像。

そして感想を書く。

結果は、見抜かれました。

 

社会人になり、読み直してみると、あーそういうことだったのね、

竜馬さん、…と、面白いこと、面白いこと。

小難しいと思いきや、そんなこともなく。

おかげで歴史が好きなになりました。

 

 

 

その4   「自閉症だったわたしへ」

       ドナ・ウィリアムズ著

 

 

ブログを書いていたら、ちょうど同僚が来たので

おすすめ本、聞いみました。(私は未読)

その同僚がこの本で心に残った当事者の言葉。

「何か新しいことを私たちに始める時、私たちは、崖と崖をまたぐ気持ちでいます。それをわかったうえで、覚悟をもってはじめてください。」

 

当事者の気持ち、どこまでわかるだろう。

手を繋いで、一緒に崖を渡れる支援スタッフになれたらいいな。

崖が、水たまりくらいに感じられるようになったらいいな。

頭で考えて、思うことはできるけど、

実践することは簡単なことじゃない。

簡単じゃないけど…やっていると日々楽しい!

実践することでしか、手は繋げないですね。

 

 

私が育休明けて、もとの部署に復帰し、まず思ったのは、

「利用者さんのこと、大事に考えているな、スタッフのみんなは」

ということです。

 

少しでも利用者さんのために良くしたい、

という思い、ずっとある気がします。

私もがんばろー。

 

最後に…「おすすめ本」を紹介しましたが子育て中のため、

早いときは21時に就寝。

本を読む暇など、全くありません。

紹介した本はどちらも数年前に読んだもの。

 

今は、「老後は図書館の近くに住んで、読みたいだけ本を読む!」

…が、はかない?!夢の1つです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

町田福祉園staffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。