コンニチハ!

おとといは大雪が降りましたね!
雪や凍った路面で滑っている方もちらほら見かけました。


いつもダダ滑りしているハマダです・・・照




さて、1月もはや2/3が過ぎてしまいましたね。

Gallery Machida seitaiでも1月後半の展示が始まりましたよ♪


1月後半の展示はシャドーボックスですNEW



・・・シャドーボックスって言ってもいまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?


じゃぁ、詳しくはWebで!






ってこのブログもWebか笑う








はい、本日もよく滑っております。

ご容赦くださいませ。




冗談はさておき、

シャドーボックスって


こんなのですがーん汗




もうね、凄いッス。 


凄いしか出てこないボキャブラリーのなさ青首大根バフッ!小


いや、でもね、たぶんあれですよ。
皆さんも自分の目の前にこれがあったらまず一言、「凄い」って絶対つぶやきますから。



何が凄いってね、紙でできているのに凄く立体的なんですよ。

奥行きが凄い。


同じデザインのプリントを数枚使用して、パーツごとに切り分けたり、切ったパーツにヘラで丸みを付けたりしながらシリコン接着剤でパーツを重ねて貼っていくとこんな作品が出来上がるんだそうです。


展示されているのは横浜市にお住いの中根さん。

もうシャドーボックスの製作を始められて27年になるんだそうえ゛!

シンガポールに駐在中、ドイツで学ばれた方の作品を見て感動され、日本へ帰国後学び始めたとのこと。
15年前から講師としてご自宅でお教室もなさっていらっしゃるそうです。


お嬢さんの玉利紀子さんも中根さんからシャドーボックスを習い、現在は自由が丘でお教室をされていらっしゃるそうで。


シャドーボックスについての詳しい説明や作り方など、詳細は玉利さんのお教室のHPに掲載されていますのでそちらをご覧くださいかお
手抜きジャナイヨぼーぜん

こちらがお嬢さんのAtelier blancheです。
ブログはこちらから。




いやー、それにしても凄い。


これなんて何枚くらい使って作ってるんだろう。。。







中根さんによると、壁にかけてあるこれらの作品はだいたい20~30時間ほど、




テーブルに置いてある小さめの作品たちで5~10時間ほどかかるそうです。




切って貼るだけならまだ時間がかかるだけで比較的簡単かもしれないんですけどね。


問題はあれですよ、構図と言いますか、どのパーツを奥に持ってきてどのパーツを次に持ってくるか、その重ね具合で絵の表情ってずいぶん変わると思うんです。

設計図があるわけじゃないから、頭の中でそれを計算しながら組み立てていくのって結構難しいと思うんです。




僕もプラモデルが好きで、こういう細かい作業ってすごく楽しいんですけど。

色を塗ろうとすると、他のパーツとの兼ね合いを考えて先に塗った方がいいパーツ、同じ色で塗れるパーツ、先に組み立てた方がいいパーツなどいろんな種類がある訳でして。

そういうのって説明書には書いてないので、頭の中で計算しながら塗ったり組み立てたりしていくんです。

シャドーボックスもなんだかそういう感覚に似ているなぁ。って勝手に思ってしまいました苦笑





全体的にはこんな感じ。


反対側には大きな作品が!



すっごい時間かかってそうですねががん



テーブルの上にはAtelier blancheのご案内もあります。




今日は玉利さんもいらっしゃっていました。




展示作品は販売もしております。

もちろん入場は無料ですのでお気軽にご覧下さいてへぺろキラキラ

展示期間は1月31日までです。



いやぁ~、でもこれは一見の価値ありですぞ!



ハマダエルモ

・・・照------顔に縦線2------banana-------がーん------にこ
頭痛、肩コリ、腰痛、坐骨神経痛、マタニティ整体など
疲れや慢性痛なら『まちだ整体院』へ。

個室のキッズルームもありますのでお子様とご一緒にどうぞ♪
【Tel/Fax】042-851-7868
【Mail】info@machida-seitai.com
【URL】http://machida-seitai.com
【住所】東京都町田市森野1-20-10ホテル町田ヴィラ1F 

AD