本日も「日本一元気な重病人」をご覧いただき
ありがとうございます♪
みっきいです

 

読者の方々、

また読者登録の方々の

巡回ができてません

退院したら復帰しますので

ご了承ください

 

「女性ならでは」の出費は不公平だとして、生理用品を免税にすべきという法案がネバダ州の議会で上がっている。

 ニューヨーク市が消費調査で、90ブランドの800の商品の価格を分析した結果、同じ商品でも「男性用」より「女性用」の価格が平均して7%も高いことが判明した。ほとんど同じヘアケア製品でも女性用のほうが48%も高いことや、同様の機能を持つカミソリでも女性用のほうが10%高いことが明らかになった。

 男性用と女性用でほぼ同じものが発売されている商品を比べただけでも、女性は毎年約15万円も多く支払っているというから驚きだ。

 このように、ほとんど同じ商品なのに、女性用と男性用の価格差があるのは性差別だと批判の声が上がっている。これが、いわゆる「ピンク税」論争だ。

(引用:生理用品は一生分で200万円超! 「ピンク税」論争とは

 

[闘病][ダイエット][健康ニュース]等を
中心にUPしています。
よろしくお願い致します。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

わたしが8年間飲み続けてる

タヒチアンノニジュース」がお求めやすい価格に!

是非1度体験してみてください♪

お肌につけてる方もおられます

 

モリンダ MORINDA タヒチアンノニジュース 1000ml[4本セット]

AD