葉酸と妊婦

テーマ:

葉酸は妊娠を望むすべての女性と男性が摂取したいビタミンです。葉酸は順調な月経と排卵をサポートし、妊娠のチャンスがやってきたら受精卵や胚の成長を助け、流産リスクの低下に貢献します。

葉酸は赤ちゃんの二分脊椎症や無脳症などの発症リスクを低下させることで有名なビタミンです。こう書くと妊娠中からの摂取で問題ないように思えますが、実は、ママになる女性が受精後に妊娠に気づくのは早くて妊娠4週~5週ころであり、2~3カ月のときです。もともと月経不順の人の場合、妊娠に気づくのはもっと遅い時期になります。ところが、赤ちゃんの身体でもっとも早く作られる器官に脳や脊髄があり、脳の中枢神経のもとは妊娠3週目頃から作られはじめます。6週目を迎えるころには神経管が作られますが、このとき神経管がうまく形成されないことを「神経管閉鎖障害」といい、先天性奇形のリスクが高まります。赤ちゃんの中枢神経や神経管の発達はママが妊娠に気づかないときからはじまっているため、発覚後から葉酸を摂取しても遅いことがわかっています。

残念なことに日本女性の葉酸の認知度は高くありません。葉酸という言葉自体は知っているものの、いつから摂ればいいのか、どのような働きをしているのかの知識が不足しています。さらに、葉酸は食事だけでは必要量に満たない可能性があり、今現在日本では二分脊椎症の赤ちゃんが年々増えている状況です。諸外国ではこのような状況を防ぐため、パンなどの小麦製品に葉酸を添加していますが、日本ではこのような試みははじまっていません。

二分脊椎症や無脳症を予防するためには、最低でも妊娠の1カ月以上前から葉酸の摂取を心がけましょう。量に関しては、1日700μgの葉酸を摂取していた女性は300μg以下の女性に比べて排卵障害による不妊リスクが40~50%も低かったことがハーバード大学の調査によって明らかになっています。このことから直近に妊娠の予定がなくても、妊娠前の女性は食事からの摂取に加え、サプリメントで400μgの葉酸を摂取すべきと研究者たちは説いています。

厚生労働省でも、妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までの間、1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。実際に20~39歳の日本女性が葉酸を摂取できている量は1日235~244μgであり、妊娠を考えると倍以上の摂取が必要になります。


AD

水は2度沸騰させない

テーマ:

通常、余った水はポットやガス台の上の鍋の中にそのままにしておいて、後でまた使います。別に何も問題ないですよね?いいえ、実際はかなり問題ありなのです。

水が沸騰すると何が生じるか、よく見てみましょう。気泡と湯気が出て同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し潜在的な危険性を持つ物質が蓄積されていきます。この変化はお茶を淹れるとわかります。新しい水で淹れたお茶は、再利用された水で淹れたお茶よりもずっと美味しいはずです。

水を沸騰させるのはバクテリアを殺す良い方法ですが、水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります。フッ化物が神経と脳に与える悪影響については多くの研究で証明されています。

こうした過程を経ると、ただの水を飲んでいるというわけではなくなってきます。カルシウムのような体に良いミネラルも問題を生じ、腎臓結石の原因になる可能性があります。

これが、同じ水を2回沸騰させてはいけない理由です。もちろん水量が多ければより有害です。お茶一杯の少量では大したことはありませんが、いつも飲んでいる再沸騰させた水をご家庭の植物にもあげ始めると、すぐに影響が出てくるでしょう。

興味深い話です。普段から水を再沸騰しているのであれば、気をつけた方が良さそうです。今日のお茶は、フレッシュなお湯で飲んでみましょう。
AD

暑い季節になってきましたが、この季節でも冷えで悩んでいる人がたくさんいます。そして、身体が冷えているという自覚のない人も実はたくさんいるんです。冷えは万病のもとと言われています。ご自分の身体の冷えを確認してみてください。

□肩こりがひどい□下痢気味□便秘気味□汗をかかない□疲れやすい□朝がつらい□やる気がでない□生理痛がひどい□顔色がわるい□手足が冷たい1つでも当てはまるものがあったら身体が冷えているかも!?

冷えていると血液の流れが悪く、栄養や酸素が行き渡らず代謝が悪くなり、太りやすい体質になってしまいます。そして、免疫力が下がり、風邪をひきやすくなったり、元気が無くなってしまったり、もちろんお肌の状態も悪くなってしまいます。身体をあたためると、代謝が上がり健康的な美しい身体に変わっていきます。

まずは習慣になっている食事を変えて身体をあたためましょう。冷やさない食材の簡単な見つけ方は色です。黒いもの、赤いものを選びましょう。さらに、ニンジンやゴボウなどの根菜類。黒砂糖などは身体をあたためる『熱』の質を持っています。そして、寒い地方で採れるもの。常温よりも冷えているものは摂取しない。など、ちょっとした事を気をつけだけで身体をあたためる事ができます。

身体を変える時は、いつもの習慣を見直して身体に悪い習慣を減らし、良い習慣を取り入れてみてください。例えば、身体を冷やしてしまう白砂糖をやめて黒砂糖に変えてみるとか。人の身体は食べたものでできているので、身体をあたためるものを食べれば、きちんとあたたまっていきます。無理なく身体をあたためる食材を取り入れて、美しい身体をつくっていきましょう。

AD

骨盤の歪みについて

テーマ:

骨盤を構成する関節のひとつ“仙腸関節”は、解剖学的には不動関節つまりほぼ動かない関節だと考えられてきました。しかし、近年では、この仙腸関節に1~数ミリの動きがあることがわかってきています。仙腸関節がほんの少し動く=骨盤の端が大きく動き、下記のような不調の原因になることがあるので、心当たりがある方は骨盤の歪みを疑ってみましょう。

(1)生理痛、PMS(月経前症候群)、無月経

(2)便秘

(3)下半身の冷え、足のむくみ

(4)背骨の歪み、さまざまな部位のこり

(5)ストレスを感じやすい

骨盤の歪みがこれほどまでにさまざまな不調を引き起こすとは、驚いた方も多いのではないでしょうか。

では、骨盤はなぜ歪んでしまうのでしょうか。次

■骨盤の歪みを作るNG習慣4つ

骨盤の歪みには、上記でお伝えした仙腸関節の動きの他にもたくさんの要因が絡んでいます。特に、次のような習慣がある方は要注意。

(1)体の片側のみに負担をかける(片側で足を組む、同じ腕・肩でバッグを持つ、片足に体重をかけて立つなど)

(2)ハイヒールをよく履く

(3)背もたれにもたれて、骨盤を寝かせて座る

(4)床に座るとき、足を横に崩して“女の子座り”をする

どれも日常生活でついやりがちな習慣ですよね。気が付いたときは、都度改めていくと良いでしょう。

停滞腸のリスク

テーマ:

栄養を吸収し、老廃物を排出する器官であり、しかもホルモン分泌にも関係しているのが、腸。女性のがんの死因でトップなのが、大腸がん。そんな大腸がんのリスクを高めてしまうという、停滞腸とは一体どんなものなのでしょうか? さらにその対策についても考えてみましょう。

腸の機能は、食べ物を消化して栄養を吸収し、さらに不要なものを排泄することです。しかし、その消化、吸収、排泄の運動が弱く、停滞してしまっている腸のことを「停滞腸」と呼びます。

停滞腸になっている人は男女ともに増えており、警笛を鳴らす専門家が多くなってきています。

女性がかかるがんの部位は、乳房が最も多いのですが、がんで亡くなる人の数は大腸がんが最も多いのです。男性については、肺がん、胃がんに次いで3番目に多いがんの死因が大腸がんと、最新のがん罹患数において予想されています。それだけ、男女ともに腸の健康に気を付けていくべきだということです。

停滞腸の原因にはさまざまなことが考えられていますが、食生活の変化や食物繊維の不足、運動不足などがあげられます。これらは腸内環境を悪くする要因でもあり、善玉菌が減り悪玉菌が増え、腸内細菌のバランスが崩れた状態になると、やがて腸自体の動きも鈍くなってしまいます。

また女性の場合、ダイエットをして朝食抜きにすることや、食物繊維の摂取不足が、さらに腸の働きを悪化させてしまいます。

このような状態が長く続くと、ポッコリお腹になって下腹部が常に張った状態で、腹痛や肌荒れを引き起こしてしまい、大腸がんのリスクもどんどん高めることになるのです。

現代の生活では、停滞腸になる要因は誰もが当てはまるようなもので、まずは腸内環境を整えるためにできることから始めるべき。

野菜を中心にした食事にして食物繊維をしっかり毎日摂取。さらに善玉菌を増やしていき、腸をきれいな状態にしていきたいものです。

腸は「第2の脳」とも呼ばれる器官で、脳からの指示がなくても自分で働きを変えることができるんです。

さらに、人が幸福や安らぎを感じたりするときに分泌されるセロトニンというホルモンの大部分が、腸内にあることがわかっているんです。

だから停滞腸を予防することは、私たちが心身ともに健康に生きていくためにとても重要なことなんです。

ひどい便秘や下痢に悩んでいる方は、この停滞腸を疑ってみて、腸内環境を整えることを考えてみたほうが良いかもしれませね。