007 SKYFALL

公開最終日、ギリギリ滑り込みで
ビール片手に観ることが出来た、
007 SKYFALL。




私の中で、ダニエル・クレイグが
ダントツのボンドNo.1になった。


いいカラダしているし、アクションもいい。


ADELEの曲も映画のダークな感じに合っていた。




映画館で観られてよかった。





ただし、一緒に行った芳夫(仮名)が
ペアシートでちょっかい出してくるのがウザかった。


ラブシーンを観て煽られたんだと言い訳していたけど。




iPhoneからの投稿
AD

レミゼ

観劇百戦錬磨の先輩も太鼓判を捺した、
映画「レ・ミゼラブル」。



とある男性との初デートで観に行ってきた。



ミュージカル映画は完成度が両極端なイメージがあって、
個人的には「アニー」以来、
特別感動を覚えることもなく来ていた。

いや、評論を展開するほどには観ていない。
と言った方が正しいか。


随分前に舞台を観たことがあって、
ストーリーはわかっていたし当時感動もしたのだけど、
いかんせん昔の事で記憶も曖昧。



初めて観る人と同じ気持ちで観た。



いやー、ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイの演技が圧巻。
しかも、歌もうまい。
デートの相手曰く、主役級のキャストは皆
実際に歌って演技をしたらしい。


となると舞台と一緒で、
演技や歌が下手な人は目立ってしまうわけで。



ラッセル・クロウはまわりの上手い人に比べて
声量もないし、霞んで見えたなぁ。


脇役の人たちもきっと舞台俳優さんが多いのだろう。



舞台と違って、
髪の毛を来られるシーンがあったし
ディテールがしっかりしていて、
あっという間に2時間越えの映画は終わった。



観てよかった。



・・・



何故、答えを急ぐのだろう。


私はもう、誰かのペースに合わせたり
振り回されたりするのは、嫌なのだ。



いわゆる「彼女」が欲しいなら、
他を当たってほしい。




私はもう、殿方に心を奪われることは、
ないだろうと思う。






レ・ミゼラブル。


哀れな人々。
悲惨な人々。




私もまた、哀れな人間なのだろう。






iPhoneからの投稿
AD

成人式

テーマ:
姪の晴れ姿を見に行こうと思ったら、
一面雪景色でビックリ。

雪対策をまったくしていない車で行くのは諦めて、
歩いて兄の家へ。


今年の成人は雨男か雪女か知らないけど多いんだね、
なんて話していたら、姪が

「うちらの代は、イベントに恵まれないんだよ。」

と。


聞いてみたら、
台風で林間学校が延期になったり、
インフルエンザ大流行で体育祭が中止になったり、
極めつけは、公立高校に通っていた友達達は
卒業式の日に東日本大震災だったそうだ。

たしかに、私はそこまで酷いことはなかったから、
タイミングが悪い?のかもしれないけど、
とにもかくにも、成人おめでとう。


悪天候の中、同窓会とクラス会があるらしく、
振袖を脱いでお風呂に入って一息ついたあと、
再び出かけて行った。




一方、私は夕方から映画を観に行く約束をしていたけれど、
あまりの雪の多さにドタキャン。
相手も車はNG、電車が運転見合わせで出かけられないらしく、
リスケとなった。



子供の頃以来の、自宅の雪かきをした。
いい運動になった。

うちの方は15cmくらい積もったと思う。
明日の通勤が心配。





iPhoneからの投稿

因果応報

テーマ:
普段から周囲の気に入らない人に
さりげなく嫌がらせをするおばさんが、
年末年始の間に事故に遭い腕と足を骨折したそうだ。



昔から、嫌がらせやいじめが大嫌いな私は
もちろんそのおばさんのことも嫌いだったわけなのだが、
仕方がないので皆とお見舞いには行く予定。



大人ですから、ざまぁみろ。とまでは言わないにしても、
因果応報ってやっぱりあるんだなぁと
妙に納得してしまった出来事。






さてさて、夕飯までの時間は
また情報収集しなくては。




iPhoneからの投稿