転換期

テーマ:

紆余曲折を経て、やっと自分の希望に近いポジションに就くことが出来た。



仕事って、言われたことをその通りにやるだけじゃつまらない。

それに、言われたことを言われた通りにできたからといって、

それはプラスではなく、プラスマイナス0。


そんな当たり前と思えることがわかっていない人が多くて、

「私はこんなにがんばってるのに」アピールや

「忙しかったから期限を守れなかったんです」「忘れてました」

と平然と言ってのける人のなんとまぁ多いこと。




問題は山積み。


これから1年間が正念場だろうな。




・・・



会社のとある男性とサシ飲みした。


この方は私よりはるかに年上だが、業務で何かとお世話になることが多く

以前からよく話はしていて、やっとサシ飲みが実現。



私は経験はないのだけど、話を聞いていると勉強になることが多い。

さすが人事、洞察力も鋭いしコメントも的確。


私の今後突き進む道についても、いくつかアドバイスをいただいた。


うっかり惚れそうになってしまった。笑

こういう人がいると、仕事もやりやすいし心強いというものだ。


いろんな人が味方してくれてお給料も上がったことだし、

まずはこれから1年間、足を踏み外さないようしっかりやっていかなくては。



AD

最近のお気に入り

テーマ:
Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair / Arctic Monkeys

前作「HUMBUG」を継承しているようなサウンドだけど、
個人的には結構好きなほうかも。





Till The World Ends / BRITNEY SPEARS

新しいアルバムはアッパーでいい感じ。
この曲はKE$HAが提供したと聞いて、納得。
パーリーピーポー狂喜乱舞。





Just Can't Get Enough / The Black Eyed Peas

冒頭に、日本で大震災の1週間前に撮影した旨のコメントが入る。
私はBEPのアッパーな曲が大好きなんだけど、この曲はちょっと気分的に切ない。





LET'S TRY AGAIN / チーム・アミューズ!!

桑田さんの元気な姿でパワーをもらった。
でも、桑田さんが書き下ろした部分の曲だけでよかったような気もする。





SUNTORY CM 「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」全ver

これ、全部観たいと思っていた。
みな思うことは一緒なのね。





ACジャパン CM あいさつの魔法1分フルバージョン 2010年度全国キャンペーン

最近、好きになった。
震災直後はイライラしていたけど。
いいこと言ってるんだけどね。
会社の人の子供は、最近は飽きたらしく見向きもしないと言っていた。笑





AD

心機一転

テーマ:
ここ数年、あれこれ悩んで来たけれど、
やっと自分のマインドマップとアクションプランがほぼ完に。

感無量。


上司への根回しも終了、あとは結果を出すのみ。


今日はそんな私をお偉方に紹介してくれるというので、
社長、部長と共に本店へ。
夜の部もあるから、緊張の一日。


・・・


ぐっさん(仮名)と冷え込む中、
最近は芳夫(仮名)と会うことが増えた。

今は難しいことを考えず、
気の向くままに。

それが癒し。



iPhoneからの投稿
AD

WGACA

テーマ:
なんとなく、女の勘みたいなもので、
微妙な波長の揺れだとか、心の動きに気付けてしまう。


例えば、突然連絡が取れなくなった人や、
仕事でちょっとしたいざこざの後の、
何故か相手の態度が微妙に変化した時、
セフレのバイオリズムなど。



本当は気付きたくない時の方が多いのだけど、
とにかくそんなミリやミクロ単位のズレや不協和音の始まりに
何故だかどうしても、気付いてしまう。


不思議と頭の中に情景が浮かぶ。
まるで映画をみているかのように。




私の願望は、そんな私の生まれ持った「何か」をもってしても
私に動揺や不安材料、脅かす何かを悟られない人と付き合いたい、
因みに性別問わず。




それが、少なくともぐっさん(仮名)だと、今日までは思っていた。




・・・




ふたりで過ごす最終日、ベッドで寛いでいた時に、
ぐっさん(仮名)が携帯を手に取った。
と同時に、電話がなった。


携帯のディスプレイに表示された名前はいかにも怪しい、
誰が見ても「女だな」とわかるようなネーミング。



普通に電話に出てくれていたら、私は何も疑わなかったかもしれない。

しかし、ぐっさん(仮名)はただ電話を切った。



私は激しく動揺した。
多分、態度に出てしまっていたくらいに。

でも、変に間をあけてしまったら聞きづらくなる。




「いいの?」

「用があれば、またかけてくるよ。」





…あぁ。

ぐっさん(仮名)、浮気してたんだ。





(多分)今までバレないようにやってきてくれたのに、
何故ここに来て私にバレるようなことをするのか。

どうして、最後までバレないように上手にやってくれないのか。



私は、性欲に負けてぐっさん(仮名)以外の誰かと寝ても、
ぐっさん(仮名)にはバレない自信があったし、実際にバレていない。

何故なら、気持ちは常にぐっさん(仮名)にあったからだ。



私のルールは
「相手にバレないようにやる。傷付けない」。

それができないなら、浮気だろうが何だろうが、しないほうがいい。





私がどうしても譲れないことを、
ぐっさん(仮名)はついに致してしまったのである。




実際、ぐっさん(仮名)も平常心を心がけていたけれど、
動揺しているのが空気から痛い程伝わってきた。





あーあ。

どうしようかな。


泣きたいけど、まだ新幹線の中だから、泣かない。





私の方が逆に浮気相手だったりして。






あぁ、ダメだ、今日は。

どうにも自分の気持ちが堕ちるのを止められない。







iPhoneからの投稿