友情という名の押し付け

テーマ:

昨日はセールで、朝早くからお出かけ。


しかし、女の買物欲って本当にすごいと思う。

セール会場は、本当に戦場だと思うもの。

品定め台も、ちょっと隙間があろうものなら割り込んでくるし、

鏡の前なんて、ずーずーしい女は周りへの配慮は一切なく、陣取る。

_| ̄|○



そのセールには、いつも決まった友達(31歳♀)と行って、

昼前から飲み始めて夜まで飲んで帰る、というのがいつものコースになっている。


たまには昼から飲むのも、大人の贅沢のひとつだから、楽しい。



しかし、その友達、夕方あたりから体調が悪くなり、

便器とお友達になった後、しばらく居酒屋で寝かせていた。


私は適当に電話したりメールしたりしながら、彼女の回復を待った。



問題は、その後に大学時代の友達と約束を入れていたらしく、

私と別れた後、友達と合流したとメールが入り、一安心。



大丈夫だったか気になって、今日もメールを入れてみたら、

昨夜合流した友達にガツンと言われたらしく、

来週のセールのあとは、ただのランチでよいかと聞いてきた。


酒との付き合いを考える。まずは昼飲みを止めると。



まぁ、決めるのは彼女だし、

私は彼女とその友達(♂)の関係や歴史はまったく知らないから、

ガツンと言ってくれる友達がいる間に考えようと思ったのだろう。



しかし、それって友情という名の押し付けなんじゃないか?と思った次第である。



少なくとも、私の友達には

自分の責任の範囲でやっていることに対して、やめろとか野暮なことを言う人はいないし、

ましてや自分で決めて自分の稼いだお金でやっていることだから、

そこまで口出しされて嫌じゃないのかしら。


ついでに言えば、自分の都合で昼飲みを止めるのであれば、それはかまわないのだけど、

一緒に昼飲みを楽しみにしていた私やもうひとりの友達まで巻き込んで、

全員にフツーのランチをさせようとするかなぁ。

自分が辞退するとか、ふたりは飲んでてもいいですよ、私は飲みません、

みたいにならないのかなぁ・・・と、ちょっと疑問に。


と、個人的にはもやもや感の残る、後味の悪い結果で。


もともと、私とはまったく異なるタイプの女という認識はあって、

ある程度自分の中でのバッファは持っていたから、本件も柔軟に対応可能なんだけど。



彼女が居酒屋で寝ている間、ぐっさん(仮名)は退屈していた私の話相手になってくれて、

事情を話したら大笑いしていて、


「しっかり介抱するんだよ。」


と笑って言ってくれていた。

もちろん、昼飲みをしている私のことを責めるなんてことはしない。



私の彼氏がぐっさん(仮名)で本当によかったなと、

改めて自分の彼氏の器のでかさに感動しきり。



ぐっさん(仮名)のことを考えていると、すごく幸せな気持ちになってくる。

私の彼氏であるとともに、癒し系でもあるのよね。


あーあ、近くにいたら、あのがっちりむっちりな身体にぎゅぅっと抱きつくんだけどなー。


AD

仲間

テーマ:

昨日は、前の会社の友達と、我が家で鍋新年会。



飲み屋での新年会はやったのだが、


「鍋をたらふく食べたいよね?」


という話になり、メンバーの中で唯一土鍋を持っている私の家に集合することになった。



みんなそれぞれ、スイーツやら酒やら持ってきてくれ、

料理得意な友達とちゃちゃちゃっと作って、

その他、何品かおつまみを作り、あっという間に完成。



飲み始めたのは15時頃、

見逃したドラマや映画など、あれこれ観ているうちにあっという間に23時。



どちらかというと鑑賞会みたいになってしまったので、

あれこれ話す時間は少なかったが、楽しかった。


何を話さなくても、気の置けない仲間と居る時間って本当に貴重でありがたい。


すっかり癒されてしまった。




さて、最近忙しくてブログ更新もままならないのだが、明日からまたがんばろう。



AD

不思議なこと

テーマ:
先週末、伯母の見舞いで出掛けた時のこと。

伯母の家に到着してから、
1年前に他界した従兄の一周忌を翌日に執り行うことを聞いて、驚くばかりの母と私。

従兄の一周忌は親戚一同を呼ぶとばかり思っていたのだが、
心のこもっていない父方の兄弟には伯母自身がうんざりしており、
私たち以外は呼びたくないということだった。
とはいえ、変わった伯母だなぁと。

また、伯母が入院している間、仏事を一切やりたがらない中国人の嫁が
位牌がたくさん入っている仏壇の扉を閉めたままにしていたそうで、
入院中は何度かご先祖様が夢に出てきたと言っていた。

仏事はきちんとやらなくてはいけないから、
ちょうど立ち会える私たちはよかったのかもしれないね、と母と話し、
翌日、伯母・中国人の孫(連れ子)・母・私のたった4人だけで
従兄の一周忌に立ち会った。

その後、お塔婆を持ってお墓参りへ行き、
私は凍える寒さの中、雑巾で墓石や周りの拭き掃除をしてきれいにし、
ご先祖様にお線香をあげ、手を合わせてきた。


ここまでは、何事もなく。


お墓参りの後、伯母が作った野菜をたくさんもらえるということで、
今は誰も住んでいない父の実家へ立ち寄った。

私の買ったばかりのiPhoneは、
充電も可能なFMトランスミッターにつなげたまま、車に置き去りにした。

畑へ出かけて、白菜、ほうれん草、長ねぎなどをたくさんもらい車に積んだ。
この間、約30分。


ところが。


野菜を積み終わり、出発した。
いつもだったら、自動On/Off機能が付いているFMトランスミッターで
iPodに入っている音楽が流れるのに、何も音がしなくなった。

おかしいなぁ、と思い、iPhoneを見ると、画面は真っ黒で、
電源ボタンを入れてもうんともすんとも言わない。
ついでにFMトランスミッターも、赤いランプが付かなくなり機能していないことに気付く。

なんと、両方同時に壊れてしまったのだ。

では、シガーソケットがおかしくなったのかと、
他のを試しに使ってみたが、問題ない。


それを見ていた従兄の娘が、

「一周忌の間、右斜め後ろにずっと人の気配を感じてたの。」

と言い出した。


私自身は、一周忌に参列し、お墓参りもしてきたから、
恨まれるような事はないと思っている。

何か、伝えたい事があるのだろうか。

そういうのがわかる人にみてもらった方がよいのか、考え中。


ちなみに、壊れたiPhoneはその日のうちにソフトバンクへ行って、交換となった。
つまり、今使っているのは2台目。
さらに、交換してもらった2日後にも突然電源が入らなくなって、
またまたソフトバンクへ行って、
危うく3台目に交換になるかと思いきや、原因不明のまま突然復旧。


FMトランスミッターも、初期不良交換となった。


他にも、ハードディスクレコーダーがその週末からおかしくなったり、
不思議なことが続いている。


単なる偶然と言うには、ちょっと続き過ぎている感も否めない。


どうしたものか。
AD

心の闇

テーマ:
年が明けて初の一家集合。

兄と姪甥は先に帰り、義姉と母と私の3人で飲んでいた。

酔っていたけど、たしか、
子供のいない人は、子供を持つ人より大らかさに欠ける、
みたいな話をしていた時だったと思う。

その話の流れで、
母の、兄ばかり気にかけていることの自覚のなさに
私は長年の不満が爆発し、
全てを泣きながらぶちまけてしまった。


小さい頃、伯母の家に遊びに行って、
兄と従兄と母と私の4人で散歩に出掛けた時のこと。
兄ばかり気にかけていて私が迷子になった事に気付いておらず、
探しにも来ないで放置されたこと。

小学生の頃、叔母の家に遊びに行って、
従兄にいたずらをされた時助けてもくれなくて、帰り道の車の中で
「そんなことをするほど◯◯ちゃん(従兄の名前)のことが好きなの?」
と言い放ち、
親は助けてくれない存在だと悟った事。


私の存在価値ってあるの?
いっその事いないほうが、母にとってもいいんじゃない?
都合の良い時だけ『娘がいてよかった』なんて言わないで。
今まで散々だったのに、何で父が死んでから私を頼るの?
お兄ちゃんが大事なら、お兄ちゃんに面倒みてもらいなさいよ。


母は泣き崩れた。

義姉には申し訳なかったが、あれ以上は我慢の限界だった。


言えばスッキリすると思っていたのに
何故か心は晴れず。



いや。

言ったところで、スッキリしないだろうと薄々わかっていた。

ただ、ぶちまけたかったのだと思う。

母が全く気付いていない、娘の心の闇を。



父は、分け隔てなく育ててくれた人だった。

何故、父が先に逝かなくてはならなかったのだろう。

父に無性に会いたくなった。

もう、叶わないけれど。