ホワイトデイ

テーマ:





父の命日になった。





もう限界だろうなと思っていた。

あんな生き地獄を味わわせるくらいなら、
死んだほうがましだと、娘の私ですら思っていた。


せめて、苦しまずに逝ってくれたらしいのが、
唯一の慰めで、救いである。



親を亡くすって、こんなに辛いことなんだ。



AD

火鍋

テーマ:
一時期結構流行っていた記憶があるが、
実際に食べたのは今回が初めて。


赤坂駅から歩いて2分くらい、
見附からだと4分程度のところにあるお店。
女心と秋の空-200903111907001.jpg


身体に良さそうな茸類がたくさんと、
脂身がとてもさっぱりしている豚肉をしゃぶしゃぶ。
シメはクロレラ入りラーメンを入れて。


美味しかった。


しかし、春は別れの季節とはいえ、
送別会がたくさんありすぎて困る。


昨日の火鍋も、送別会だった。


AD

故障

テーマ:
せっかくビリー隊長のところにも入隊しようと思ったのに、
また×4、HD/DVDレコーダーが故障。


明日、ついに某メーカーHは
修理のために我が家へ4度目の訪問となるのだ。


いつもの私ならとっくにぶちギレて
話の早い部署に直接クレームを入れているけど、
今回はそれを一度もしていない。


何故か。


毎回来てくれる修理サービスセンターの男の子が、
とても低姿勢な上に親身に話を聞き、
問題をきちんと解決してくれているから、
彼の仕事に対する姿勢に敬意を表して、である。


いい仕事とはこういうもんだと考えさせられ、
私も勉強になるところが多い。


たぶん、私より一回りくらい下の男の子だけど、
いい仕事をするかは、年齢でははかれないということである。



そんなわけで、最近仕事に関係する資格の勉強を始めたから、


・勉強(参考書+問題集) 60分


で、あっという間にこんな時間。




そして、私の離婚記念日だった。

元旦那は元気かな。


ばったり出くわすようなことがないかぎり
もう二度と会うことはないけれど、
何かのご縁で10年も付き合った人だから、
幸せになってほしいと、今は素直に思える。



時薬、ですな。
AD

紙やきホルモサ

テーマ:

何年か前に、前の会社から近くて

日本橋のお店に連れて行かれたのがきっかけ。


私はとても美味しいと思っているけど、たぶん、好みの分かれる味。

野菜やりんごなど、たくさんすりおろしたようなどろっとしたスープに、

ラムや野菜を入れた鍋。

味が、上手く説明できないのです、複雑で。

中華の「六角」みたいな味が苦手な方には、無理かも。



元祖紙やきホルモサ 日本橋本町昭和通店(ぐるなび)

http://r.gnavi.co.jp/g796100/


元祖紙やきホルモサ 新青山ビル(ぐるなび)

http://r.gnavi.co.jp/g492010/

私の個人的な感想は、

値段は、青山のほうが安い。(年齢層若いから?)

味は、日本橋のほうがさっぱりしている。(年齢層高いから?)


人それぞれ、味覚も金銭感覚も違うので

興味のある方は是非一度ご賞味ください。

慕情

テーマ:

毎月、月初はものすごく忙しい。
今月も例外にもれず忙しかったのだが、いつも以上に忙しくて、
終わったときにはもうへろへろ。


何とか時間を作って、佐藤くん(仮名)と束の間の逢瀬。

ホテルにしけこむ時間はなくて、雑居ビルの階段でこそこそといやらしいことをした。



疲れた時は無性に男が欲しくなる。


でも、本当に欲しい男は近くにいない。



・・・



慕情 / サザンオールスターズ
作詞曲:桑田佳祐


夢の中で交わしたキスは 悲しみを抱いている
霧のベールにむせぶ影は 胸に残る慕情


水に投げた小石の跡が 止めどなく輪を広げ
涙色の河にそそぐ 愛しい女性よ Good-Bye


泣かせてStardust 生まれ変わる為に
心の扉を開けておくれ


You know my heart is on the way to breakin' down.
さよならは風に乗せて



何故に人は旅路の果てに 思い出を捨てに行く
汽車の窓に浮かぶ影は 時間を越えて無情


瞳にTeardrops 遠い波の音は
二人で歩いた夏の調べ


You know my heart is on the way to breakin' down.
悲しみを歌にかえて


You know my heart is on the way to breakin' down.
さよならは風に乗せて



・・・



この曲を書いた時、桑田さんは34~35歳か。
やはり、天才だわ。