束の間の休息

テーマ:
ぐっさんが出張で近く(と言っても車で1時間半の距離)に来ていた。

さすがに電車も車も不便なところだったから、一度は会うのを断念したけど、
やっぱりどうしても会いたくて、仕事を休んで会いに行った。

ぐっさんが仕事が終わる頃に着くように、車をとばして向かった。

夕飯を一緒に食べて、ふたりの好きな音楽のCDを買って、
くだらないことで笑いあうことに幸せを感じた。

会ったらたくさん話したいことがあると思っていたのに、
会ったらすべてがどうでもよく思えた。

私の大切な人。

ベッドで抱き合っている時にいとおしく思って、手に力が入った。

同じくらい、ぎゅっと抱き締められた。


好きの分量が同じって、幸せなことなんだな。
AD

停電

テーマ:
200706220917000.jpg
昨日のJR停電事故。

私は影響を受けた18万人分の1であり、
電車に閉じ込められ、線路を歩かされた1万2千人分の1だった。

私が電車に乗ったのは7:50頃、
電車が突然「ガタン」といって電気と冷房が切れ、失速して止まってしまったのが7:55頃だった。

電車が止まるのはよくあることで、そのうち動くだろうとのんきに考えていたが、
冷房が止まってしまったすし詰め状態の蒸し暑い電車に1時間以上も閉じ込められるなんて思いもしなかった。

徐々に電車内の温度か上昇して、湿度のあまり車内の窓や壁はびっしょり汗をかいていた。
私もだんだん汗が止まらず、周りには具合が悪くなってしゃがみこむ人も出てきた。
さすがの私も、少し気分が悪くなった頃に、電車のドアががらっと開いた。

車掌のアナウンスで、もう電車を動かして最寄駅にたどり着くのは出来ないと聞いていた。

はしごがかけられ、気分が悪そうな人から順番に線路に降り立った。

カジュアルフライデーでラフな服装だったから助かった。

線路の上は思った以上にでこぼこで、ヒールをはいていたら大変だった。

写真は、線路を歩いている時に撮ったもの。

大宮駅まで30分近く歩いて、やっとたどり着いたと思ったら、
今度は都心に向かう電車がほぼ全滅だという。
駅も人がごった返して半分パニック状態。

結局東武線を使って、会社に着いたのはお昼前。
orz

午前中に片付けたい仕事がいくつかあったのに、
予定が狂って終電逃すまで残業。
時間をかえせ!と声を大にして言いたい。


週末に好んで残業する人はいない。

気が付いたら、会社には私と佐藤くん(仮名)だけだった。


話し掛けられても少し冷たくあしらったら、

「もうさぁ、ダメなんだよ。
まっこのいやらしい姿を想像しちゃってさ。
キスしてくれないと落ち着かない。」

と言って、強引にキスをしてきた。

彼の強引さが好きな時もあるし、
面倒な時もある。


帰ったと思っていた仲良しの女の子に、抱きつかれたところを目撃された。多分。

面倒なことにならないといいけど。
AD

香港から南国へ

テーマ:
香港も台湾に負けず劣らず暑かった。
大変な仕事だったけど、なんとか形になったと思う。

しかし、国外で仕事をしている人たちを見ていつも思うのは、
自立しているなということ。

大の大人をつかまえて自立しているというのもおかしいけど、
コントロールが出来るし自分のことはきちんと自分で出来る。
当たり前のようだけど、それが出来ない人は世の中にごまんといる。
自分を含めて。orz


香港から帰ってきて、その足で羽田に向かい、
今度は国内線でおねぇに会いに行った。

もうすぐ転勤でまた違う土地に引っ越してしまうから、と誘ってくれたのだった。

着いたのは夜の9時近くで、美味しいお店に連れていってくれたのだけど、
ライアーゲームを観たいから早く帰りたいと言うので、
飲み食い足りない分は家でおねぇが作ってくれることになった。

おねぇも自立した大人だから、料理もうまいし何でも自分で出来る人。
作ってくれたつまみもとても美味しくて、思わず

「嫁に来て。」

と言ったら、どつかれた。orz

酔っ払った私を、おねぇは半分呆れ顔で見ていた。


夜はおねぇの狭いベッドでふたりで寝た。


彼氏ではない男の人(中身は女だけど)の寝顔を久しぶりに見た。

この人は、辛いことがあっても他人を頼らず、
何でも自分で考え解決してしまう。

仕事を一緒にしたことはないけど、
こんな決断の早い人が上司にいたら仕事がやりやすいだろうなぁといつも思う。

仕事はスピードだと私に教えてくれたのは、誰でもない、おねぇだ。

こういう人がうちの会社にもいたらいいのに。

私はおねぇが教えてくれたいくつかのことを実践に生かして、
会社での今の立ち位置がある。

難しいことをしているわけではない。
意外と答えはシンプルだったりするものだ。

おねぇの寝顔を撫でてみた。
ひげが痛かった。
orz

翌日はゴロゴロして買い物して、あっという間に帰る時間になった。


次の転勤先がどこになるかはまだわからないらしい。

今度はもう少し近くになるといいんだけどな。
AD