ここがいい

テーマ:
※エロネタ苦手な人はスルーしてください。





今、ケーブルテレビで懐かしい「失楽園」をやっているのだけど、主役の役所さんが黒木さんに言う台詞で
「ここがいい」と言っていた。

女のその部分に、男の人はそんなに執着するのかしら、
と、ふと思い。

まぁ、失楽園自体が肉欲に溺れるストーリーではあるのだけども。
この映画を観て、昔付き合っていたとある男を思い出した。


・・・


初めて会ったのは、私が21歳の頃。

まだ小娘だった私は、取引先である彼の仕事ぶりを見て、
とても好感を持った。

もちろん、私とは比べものにならないくらい
彼のこなす仕事は仕事量も精度も凄かったのだけど、
とにかく私の他にも彼に惚れてしまう女がいるくらい、
もてる男だったのは確かだ。
ましてや『クリエイター』なんて聞いたら、職業名だけでついていく女がいるくらいだった。

実際、彼がやっていた仕事は日本全国誰が聞いても知っていたし、
そんな男に誘われて有頂天になっていた自分も否定できない。


そんな彼に初めてデートに誘われてついていったのは、
私の勤める会社主催のイベントが終わった夜だった。

彼は世間一般によしとされているデートコースを一通りなぞった後、
待ち構えていたように私をホテルに誘った。

もちろん断る理由もなく、彼の言うままについていった。
私が赤坂プリンスホテルを利用したのは、この日が生まれて初めてだった。
AD

最近のヘビロテ

テーマ:

今さら、この2つのバンドにはまっている。



Arctic Monkeys
When the Sun Goes Down

私の第一印象は「『歌舞伎町の女王』の洋楽版」。

目の付け所が、当たらずとも遠からず。

うだうだ書いてしまったが、平均年齢20歳ってところに、もう脱帽。



My Chemical Romance
Welcome to the Black Parade
一昨年のヒット曲「Helena」あたりから聴いてはいたけど、
いちばんいいと思ったのがこの曲。
歌詞はベタだけど、落ち込んでる時に聴いたらとてもよかった。


AD

今年もよろしくお願いいたします。



・・・



今年は30代2度目の本厄で、ぐっさんを連れて元旦に厄除けに行った。


帰りにおみくじを引いたら、私が『大吉』、ぐっさんは『吉』だった。


1年の始まりの日によい結果が出ると、思った以上に嬉しいものだ。



年末年始一緒にすごしたぐっさんは、今日帰っていった。


10日以上も一緒にいたから、今はひとりでいるのがさびしく感じる。


ひとりに慣れていたのに、困ったな。




AD