上野~秋葉原

テーマ:
今日は仕事の打ち合わせで上野へ。

思っていたより早く打ち合わせが終了したため、
上野公園へ行き不忍池をぐるっと歩いた。

仕事先が近かったせいか、
このあたりは独身の頃、夫とよく一緒に歩いた。

結婚までのいろいろな出来事や結婚生活、
トータル10年間を思い返してみた。

たまに涙が出そうになって、上を向いてみる。

ぼんやりと青い空。
真っ白な雲を囲む、雨雲のような分厚いグレーの雲。

空の色や空気の冷たさは、
きっと10年経とうが20年経とうが、普遍のものなのだろう。

しかし、自分の心のフィルターが
違う景色に見せるものなのかもしれない。

今日はやけに、不忍池の周りが寂しく見えた。



今日は思ったよりも暖かかったので、
思い切って秋葉原まで歩いてみることにした。

まずは、アメ横を歩く。

年の瀬は人で賑わい、テレビでも中継が入るくらいだが
平日の昼間は、意外と人が少ない。

昔と変わらないお店と、
暫く行かないうちに変わっているお店。

私の中では、アメ横は猥雑なイメージ。
新旧混在というか。



御徒町駅を過ぎたあたりから、
マニアックなお店がちらほらと出てくる。
そして、すれ違う人が
日本語じゃない言語を話していることが多い。
よーく見ないと日本人と殆ど変わらないのに。
秋葉原はアジア系の外人が多い。

友達に誕生日プレゼントにiPodをあげる約束をしているので、
ソフマップのMac Collectionに寄る。
しかし、iPodは今どこのお店へ行っても在庫無し。

1/24にビックカメラとの資本・業務提携を発表したが、
今後どうなっていくのだろうか。
私が持っているそれぞれのポイントはどうなるのだろうか?
総合的にみて課題は多そうだが、今後に期待したい。

今日いちばん驚いたのは、
秋葉原駅がとっても綺麗になっていたこと。
以前仕事で行った時には工事中だった。



たまには、ジムで歩いたり踊ったりするだけでなく
いろんな景色を見て歩くのもいいものだ。
期待以上の気分転換になった。

AD

本日の運動メニュー

テーマ:
今日は朝から、勢いでやってしまった。


●コンビネーションエアロ 45分
●初級エアロ        60分
●脂肪燃焼系エアロ    45分
●腹筋            50回


運動した!!

という満足感で、午後はお昼ご飯の後
うっとり昼寝。 _| ̄|○


・・・


ジムへ通いだしたのはダイエットが目的だが、
最初は行こうと思ってもなかなか重い腰が上がらなかった。

ちょうどお盆の頃に
学生時代からの仲良しグループが集まった。
私が通う決心をしたのは、
グループの中の同級生・博史(仮名)が既に通っていて

「俺、通いだしてもう5キロも痩せたよ。
 俺と一緒に運動する?
 入るなら、俺の紹介で入会金タダになるよ。」

というセリフを聞いたからだった。

その日のうちに連れて行ってもらって、
先の記事に出てきた、洋二と一緒に入会。

というのがいきさつである。


今日は久しぶりに博史に会った。
3本目の脂肪燃焼系エアロを一緒に踊ったあと、めずらしく

「この後用事ないなら昼飯一緒に食おうよ。
 たまには驕ってやるよ。しょーがねぇから。(笑)」

と誘ってきた。
この前ジムで会った時に
初めて私の離婚の事を打ち明けて驚いていた。

洋二と違って、
博史は本当に気の置けない数少ない男友達である。
もちろん、恋愛関係に発展することはありえない。

そして、博史も女々しい男のひとりである。
博史の場合は、いじらしいと思う。

博史は余計な詮索もしないし、
私から話さない限り、離婚のことも聞いてこない。
でも、私の事を心配して気遣ってくれて
お昼ご飯に誘ってくれたのはわかっている。
とっても紳士なのだ。

「まっこの食べたいものでいいよ。
 俺のリクエストは、カロリー控えめってだけ。」

と言うので、遠慮なくジムの近くにあるお店でご馳走になった。

博史の仕事の話や、最近の恋愛事情などを聞いて、
グループの他の仲間の話などをした。
自然と、洋二の名前も出てくる。

「そういえば、最近洋二にジムで会った?」

と聞いてみた。
さっぱりみかけていないという。

「あいつはほら、まっこと違って勢いで入会した感じじゃない?」

と言っていた。そうなのか。



お店を出る時に、一言だけ博史が言った。

「何か困ったことがあれば、遠慮しないで言えよ。
 俺だけじゃなくて、グループのみんなだって、
 まっこの話を聞けば力になれると思うよ。
 残念ながら、離婚経験者はいないけど。」

嬉しくて泣きそうだったが、辛うじて堪えた。


そういう存在がいてくれるというだけで、
私にはどれだけ励みになることか。


持つべきものは友達。

AD

本当の女々しい男

テーマ:
以前記事のネタにした私の男友達、洋二からメールが来た。

※洋二については、ここ と ここ へ。


メールが届いたのは夜中。
文面から、洋二が酔っているのがわかる。

今でも忘れられない元カノについて、
延々と洋二の思いが綴られている。

「凄く好きでどうしようもなくて、忘れられない。どうしたらいい?」

と。


その答えを、私に求めるの?




たまに、

「この人、精子が弱いなぁ。」

と思ってしまう男性に出会うことがある。

えげつない表現で申し訳ないが、これは、
私と同じ「子宮」という器官を持っている人じゃないと
理解してもらえないと思っている。

何だろう、うまく表現できないが、

頭ではなく子宮で感じるというか。

妊娠出産という人生の一大イベントを
楽しめる身体を持った生き物の特権というか。

本能で感じる部分というか。

そんな感じだ。



誤解を恐れず言うが、女はバカではない。
精子の弱い男に、女は寄っていかない。

と、私は思っている。



女々しいのが悪いわけではない。
ただ、女々しい部分を

「いじらしい」と思わせるか
「鬱陶しい」と思わせるか

は、その人次第だと思う。
少なくとも、洋二のような女々しさは、私は好きではない。


さらに言うなら、

酔った勢いで私をホテルに誘うな。


・・・いちばんカチンときたのは、そこだったのだが。

_| ̄|○


単なる愚痴の記事になってしまった。申し訳ない。

AD

本日の運動メニュー

テーマ:
借金があるとわかった時に、
ジム通いも止めようと本気で思ったのだが、
今の私の唯一のストレス発散は運動なので、
自分へのご褒美というか楽しみとして、
ジムだけは許そうと考え直した。

今日は、生理明けで久々だったので軽め。

●ステップマシン 3km
●初級エアロ   60分
●ストレッチ    60分

やっぱり運動はストレス発散になる。スッキリした。

明日も朝からだ!

女々しい男

テーマ:
普段、自分の記事を読み返すようなことはあまりしないのだが、
昨夜の記事をふと読み返したら、
テーマが自然と「女々しい」になっていた。

女々しい曲と、女々しい男の事を考えていたら
自然とああいう内容になってしまっただけだが、
まったく私は文章を書くのがうまくない。
ここまでブログを続けていられるのも、不思議だ。
文章は書いているうちにうまくなるものだと思っているので
根気よく続けているが、いつになったらうまくなるのやら。


・・・


去年放送されていた小田さん出演の番組で
鈴木雅之さんがゲストで、
「別れの街」の依頼が来た時の話をしていた。
小田さんからの

「女々しい曲を書いてくれって依頼だったけど、どうして?」

の質問に、
鈴木さんはこう答えた。

「女々しい事を女々しいと素直に言える男らしさ、みたいな。」

というようなことを言っていた。

なるほど。
女々しいと言えてしまう男らしさ。

たしかに、私はそういうのを言えてしまう男に弱い。


・・・


一般的に、男のほうがはるかに女々しいと思う。
私の周りにも、元カノを忘れられないという人が何人もいる。

見切りをつけたら、すぐに次へ行けてしまう私には、
周りの女々しい男たちは、いじらしいと思うし頭が下がる。

それくらい一途に思い続けられる人がいるって、
実はとっても幸せなことなんじゃないだろうか。

私も、今度こそは
一途になれる男性にめぐり会いたいものである。

ところが、昨夜会ったさゆり姐さんに、
そんなようなことを言ったらバッサリ斬られた。

「前から不思議だったんだけどさ、
 欲しいって思っている時に限って縁がないんだよね。」

_| ̄|○


まぁ、めげずに気長にマイペースでやっていくつもりだ。
今年は女力をあげて、がんばると決めたのだ。