March 13, 2011

美術家ができること〜震災に思う〜

テーマ:美術家ができること〜震災に思う〜
皆様、ご無事でいらっしゃいますでしょうか
こころが痛みます

この記事を書くことに迷いを覚えます、書いてる場合かと。
しかし私はここで私たちに出来ることを考えながら進みたいと思います

私たち関西人は阪神大震災の経験者です
そのときも考えました、私たち美術家が出来ること
だけどそのときは結局美術家は何も出来ないじゃないか!と思って終わりをつげました
何も出来ないことへの失望と脱力感が残っただけ
しかし今回私は「美術家」という肩書きを持つことで自分自身を動かし
「ただの人間」という認識を持つことで出来ることがあるということに気づきました
だから小さいことだけど実行したいと思います
いつか届くことを祈って

まず迷って迷って、迷惑かと思いながらも関東に居る友人に連絡を取りました
結果、まだ後1人安否確認ができていません
それから「こんな状況なのにレッスンに来た」と涙を浮かべながらレッスンを受けていただいた
こころ優しい生徒さん、そして金曜日~来ていただいた生徒さんのレッスン料の一部を募金すること
15日の追記
なーんて言ったってうちの教室は生徒さんが少ないので本当に少なくて、、、、この4日でレッスンを受けていただいた方は数名!だけど、そして今日、義援金、送金してきました!とりあえず少しずつでもね
来てくれたみんなありがとう!(涙)

そして微々たるもんですが広い視野を持って世界を考えて節電(これはいつでも当たり前)
今後を考え献血に行くこと
もっと現実的に食物を捨てるな

これらが人間として今できることだと思いました
そして美術家としてこの記事を書いて体現することだと考えました
まだまだあるけれど今思いつくこと!

音楽家はよく募金活動をします(バンクバンドもそうですよね、たぶん)
だけど美術家は何をしているのか!
何もせず、自分の作品を作ることだけに専念する美術家が居て美術界は駄目になっていたんじゃないのか?
なーんにも無かった顔をして自分の利益だけをあげて授業をしている美術家が許せない
ピカソのゲルニカを思い出せ
美術家の本当の仕事は何か

もう、被爆を起こさせない為に原子炉を持つことは辞めるべきなんじゃないのか

アメリカの911テロ、あのニュースを見て何を学んだのか
「大丈夫」という声に耳を傾け、ビル内に残った人がたくさん亡くなりましたよね
隣の居る人がいるから安心ではない、判断は自分で行わなければならない
阪神大震災ではボランティアのあり方を学びました
ボランティアが自分の寝袋を持たず、自分の食料を持たず、被災地でお世話になった馬鹿が居た

こうした判断力を養うのも観察力が効いてこそだと思います
観察力は真実を観る目を学び行動力となる
私たち美術家は美術で美術を教えていては駄目なんです
美術であなたは何を教えるのか
美術家の本質はどこにあるのか、です

911テロを観て「アメリカだし仕方ない」と笑った友人はもう友人ではない、そんな友達はいらない
被災した人は私たち自身であり、私たちの家族なんだと思う

そしてこれから今後、私たち美術家はこうした問題をふまえて作品を創り
人にメッセージを送り続けなければならない


世界の各地も同じく、早く傷が癒えることを祈って!



日本赤十字サイト  募金はそれぞれ災害で窓口が違います

上をクリックで募金サイトにいきます
あと郵便局に行けば局員がどこに送りたいか、その場合の口座番号とかを教えてくれますよ~

今日、送金しに行った時窓口案内のおばちゃんが「今日、沢山の人、もってきてくれたのよ、ありがとうね」と言ってた、涙でそうやったよ
おばちゃんもありがとう~
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

macaroniさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。