August 24, 2010

山を登るということ

テーマ:日記のようなもの

京都の美術教室

1年に一度程、しかも標高1000弱ぐらいしかない小さめの山を登ります
でもこの小さめの山、ナメとったら大変な事になるぐらい、実はしんどい
帰り100メートルが降りられない、だって膝が笑うんです

山登りは、登りは楽です
怖いのは帰り
登った達成感の後すぐに帰りの恐怖におののきます
これはどんなに高い山でも同じみたい
野口健もテレビで言っていた
怖いのは帰り道

当たり前のことを言うようですが、山登りは人生と似ています
本当に
行きは良い、若さもあるから体力も有り、目標だけをみて登りきれるんです
帰り、人生の半ばを過ぎるとね、死を見つめながら今までのツケと戦って降りなければならないから
ツケをたくさん持っている人、若い時に何も考えなかった人は帰りは辛い!
私もそのひとり、だから辛い(笑)
必死で周りの事を考えずに走って来た、人生前半のツケは大きい

山を登っていていつも考える事は
ここでへたっても、弱音を吐いても誰も助けてくれないということ
子供の時は疲れたらおぶってもらう事もできることもある(できない人もいます)
だけど今は、誰も助けてくれないし、登りきったら、自分の足で降りなければならない
友人はこころの支えにはなるけれど、私の変わりに登山はしてくれない
だからしっかりとした足取りで、一歩一歩進むしか無いんだ
って思います

重い?(笑)
だって考えちゃうんですもん、ふらふらになって登っている頭の中はこんな感じ

先日富士山の登山客の一人が携帯電話以外何も持たないで登って、途中で救助を呼んだとか!
それはないんちゃう
山登りを軽視しすぎてる
つまり人生を軽視しすぎてる

私が登る小さな山でさえ、冬は死人が出てしまう程急な所もある自然の山なんです
だけど、登る山の高さは関係ないって師匠から言われました
低い山でも高い山でも関係ないんだ、高さの問題ではないと。
それはわかるんですけどね、人生半ばを過ぎても「まだ高い山登れるんちゃう」と淡い期待を持ってしまう
いつまで夢見る夢子なんだと思いますけど、上昇志向だから仕方ない
それで、仕方ないって言ったら、上昇志向は下降志向(この場合は内に向かう志向と同義)となんら変わりはないんだよ、と。
そこの所はまだわかりません
そのうちわかるかなぁ

とにかく自分の足で歩むしかなくて、という話

なんてことはない話なんですけど
生き物はね、いつ死ぬかわからんから今伝えたい事を伝えただけです
私は一度死ぬかと思った発作があって、
そこからいつも伝えたいと思ったら今伝えようって思う様になりました
それまでわからんかった
馬鹿やねぇ(情けない)

それからこのメール時代、ブログ時代にちょっと感謝しつつ

以上
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

macaroniさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■寿丹帆船さん

引き返したっていいと思います
だって寿丹帆船さんの人生だから

私も虫との戦いには悪戦苦闘
山に入るとつい、仙人になって虫と共存できないかって無謀な野望を抱きます(笑)
限りなく理想主義な妄想

1 ■山は苦手(=_=)

だってェ…

山には、虫が居るンだモ~ン(>.<)

人生は、よく山に例えまツよね

そうしると…

おでのばやい、五合目あたりから引き返して、下ってる最中かな(笑)

何故引き返したかって?

虫が嫌いダので(爆)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。