【ピアノを巡るストーリー】
★廃校のピアノを寄贈いただきました★

岡山県の勝央町に、長年ずっと
眠っていて使用されていなかったピアノを、
この度寄贈いただきました。
 
{2710F8DD-CF3B-4F52-9527-36175E15B03E}



勝央中学校で、昨日寄贈式を行っていただき、
全校生徒のみなさんにピアノを囲んでいただき
生徒さんとの合唱と、
ピアノ曲【旅立ちの先に】を
演奏させていただきました。

{359887CA-C825-46E8-973B-C37F549CD2FE}



岡山県に眠っている廃校のピアノを探して、
全ての市町村や教育委員会に
電話をかけていたのが1月後半。

そこからやっと出会えた一台のピアノ。



いつから町にあったのか、
詳しく情報を知る人もおらず、
身寄りのないピアノが
体育館の片隅にホコリをかぶって
冷たくなって眠っていました。





勝央町の皆様や中学校の皆様、
沢山の方々が想いをくんでくださり
昨日寄贈いただきました。
グランドで外の空気をあびて
ピアノも喜んでいたと思います✨

{80B3F055-62EA-4DE9-8BB9-E588F3ED8BA4}



いい音がでるピアノ、
素晴らしいピアノ、
この世の中には沢山あります。

そんな中で、
もう何十年も弾かれておらず
壊れてしまっているこのピアノは、
使いものにならないし、
そんなピアノではいい音楽が
奏でられない、と考える方も
もちろんいらっしゃると思います。

しかしながら、
何十年も沢山の人を見守り、
色々な歴史を見てきたこのピアノには、
世界にたった一つの魅力がある、
壮大なドラマがあると私は感じ、

壊れた部分を修理し
音がでる状態にし、
音楽を奏でるという
【ピアノ】としての使命を
もう一度与えてあげたいと思っています。



今後、県内の素敵な場所、
歴史ある場所など、様々な場所に
このピアノと一緒に行き、
その場所のイメージを演奏。

様々な岡山の魅力発信に、
このピアノが力を貸してくれます。

{B2A3FFF3-8801-48BB-9338-5FDEEE5DD5D5}
※校長先生と✨



昨日は岡山放送、山陽放送、
産経新聞、朝日新聞、山陽新聞など
沢山のメディアが取材に来て下さいました。



このピアノを巡って様々なストーリーが
生まれていけば嬉しいなと思っています!
AD


この度クラウドファンディングで
本当に沢山の方にご支援をいただき、
3月8日からロサンゼルスに行ってきました!



活動報告を兼ねて、
振り返って現地での様子を
記していきたいと思います(^^)
文章から少しでも伝わったらと思います✨



★成田空港から出発!★
{DFB9040D-D597-413E-9D68-5EE102BAD5E4}



まずは活動1日目。3月7日に日本を出発し、
ロサンゼルスに到着したのが3月8日。


実は行きの航空便は、
韓国のインチョン空港でなんと
19時間のトランジットがあり、
その後10時間以上の飛行機だったので
ロサンゼルス空港に着いた時には
朝なのか夜なのか、時間感覚がすでに 
分からなくなっていました(笑)

{9EF9EDCB-6D18-45BF-B88D-7D038DA0FE1F}

{EA493C86-E1E2-4337-BD23-F27689121D7A}


朝9時に到着し、そのまま1日が始まります!




現地で快く出迎えて下さったのが、
サンリオアメリカの副社長を
つとめていらっしゃる山本さん。

{69D17C26-1389-43F5-83F4-42FD1DCC8D5E}


同じ高校の先輩という事から今回
ご紹介をいただき、アメリカでの活動についても沢山のお力を貸して下さいました✨

会社見学しながら
ロサンゼルスの事について
色々教えていただきました✨


山本さんに連れて行っていただき、
話題のインアウトバーガーハンバーガー
ご馳走にもなりました✨
{DF49AD0E-42FD-4F9F-AE20-DBFC71626ADE}

{99AEB224-8C70-425E-9E04-AECE83AFE073}

噂どおり、
フレッシュでとても美味しかったです!



到着初日はバタバタと、
ホテルにチェックインした後は
レンタカーを借りていよいよサンタモニカへ。


ロサンゼルスは車社会な上に、
今回は電子ピアノやスタンドにイス、
大型スピーカーに加えて
竹あかりなどの照明機材もあり、、

車なしには活動が出来ません。
毎日結構な大荷物での移動になりました。


車線が逆なのも、街行く車の種類が豊富なのも、文化の違いを感じられました。
海岸近くの道にはヤシの木がたくさん。




全て同じ高さで真っ直ぐと生えて、
カラッとした気候と青い空、太陽に
ピッタリな風景でした✨




実は初日、
ちょっとしたハプニングがあったんです。

ストリートライブの聖地
【サンタモニカプロムナード】で
パフォーマンスを行うには、
サンタモニカの許可書がないと演奏が出来ません。

※プロムナードはこんな様子です(^ ^)


※世界中からパフォーマーの方が✨



事前に、サンタモニカオフィスとの
メールでのやりとりで、
現地に着いたらまずオフィスに来るように言われていた為、必要書類を持って
メールにあった指定場所に向かいました。 


すると、、!



「ここじゃないわ。」

と!




メールにあった申請場所が、
どうやら違っていたのです( ; ; )
改めて場所を伺うと、歩いて20分ほどの所に
該当のオフィスがあるとのことで。


この日応援に遠方から駆けつけて下さっていた
カバヤ食品の山本さんに助けていただき、
急いでその場所に向かったのですが、
到着したのが、、17時15分。



なんとすでに17時に、
肝心なオフィスが閉まっていました。
えーんえーん




ということで、残念ながら
こういったハプニングから
この日は「プロムナード」では演奏が出来ないことになってしまいましたタラー



どうしようかと困っていた所に、
ロサンゼルスで現在活動されている
俳優の鈴木誠克さんも応援に駆けつけて下さり、アドバイスを下さいました。


鈴木さんの情報で、
プロムナードの通りに入らない近くの場所で、
人通りの邪魔にならない所であれば
ギリギリ演奏できる、ということが判明!



結果、この日は交差点に置かれた
大きなゴミ箱の向かいにある
お店のキワで演奏することに!

賑やかなプロムナードの近くでは
あっても、
通りが違えば非常に肩身の狭い場所での演奏。



しばらく演奏しつつも
目の前を通り過ぎていく人を見ながら、
「明日からは何があっても
絶対メインのプロムナードで演奏する!」
リベンジに燃えていました(笑)


思い通りにいかない事、
想定していなかったハプニング、
海外での活動ではつきものかも知れませんが、


そういった事も全て
プラスに変えていけるかどうかは
完全に自分のモチベーション次第だと、
今回改めて実感しました。


現地で応援に駆けつけて下さった
山本さんと鈴木さんにも
本当に感謝でいっぱいでした✨
{3C94C4D8-23CC-4706-98B6-9E3F80A0044C}



こういったことも貴重な経験だと思い、
翌日からの演奏にしっかり備えて
切り替えて頑張ろうと、思えていました。


これも、いつも周りで支えて下さっている方や
日本から応援下さっている方がいる、という
思いがあったからです。



 

この辺りで、飛行機の疲れと朝からの大移動で
身体の充電がさすがにオフに。
2日目からの活動に備えて、
しっかり睡眠をとって完全復活です✨





2日目もお楽しみに音符(^ ^)


AD
ロサンゼルスから無事帰国!
現地での様子を振り返り
随時報告していきたいと思います^_^✨

その前に帰国後のコンサート!

★毎日新聞★

{706C540E-743C-42E5-BA04-454CB12F3D28}

岡本真夜さん、稲村なおこさんと
「ふるさとを想う」チャリティコンサートに
出演をさせていただきます✨


帰国後すぐのコンサート、
張り切っていきます!
AD