私は関西に住んでいて、結婚を機にこちらへ引っ越して来ました。
そして妊娠、出産。


知らない土地で知り合いもいない。
産まれてまだ間もない息子と出掛けるのは近くのスーパーくらいでした。


生後3ヵ月の頃、ベビーマッサージの存在を知り、
ネットで検索して
mama・cocoにたどり着いたのです。


今考えてみると、息子との初めてのお出かけだったと言っても過言ではありません。
当日はドキドキしながらスタジオに向かったのを覚えています。


そしていざスタジオに入ってみると、丘山先生と数組の赤ちゃんとママさんが
「おはようございます!!
」と元気に迎えてくださりました。


あのお声かけで、私の緊張は一気にほどけました。
スタジオに流れる雰囲気のおかげでもあったように思います。



いざレッスンが始まって、丘山先生の元気な歌や絵本の読み聞かせに、
息子がいつになく目を輝かせていたこと。

マッサージの間、「気持ちいいよ~」と言わんばかりに私を見つめてくれたこと。

本当に新たな息子の表情をたくさん発見出来ました。



その後もベビマのママさんとは連絡を取り合い、
息子が2歳になった今でも交流が続いています。

その他にも、サインやランチ会に参加させていただき、
その度にママさんとお友達になることが出来ました。



2歳を過ぎ、自我もはっきりしてきた息子。
ですが、俗に言うイヤイヤ期といった悩ましいものとはちょっと違って
至って穏やかな我が家(笑)


息子がかんしゃくを起こさず過ごせているのも、
丘山先生に習ったベビーマッサージやサイン、なによりアイコンタクトやボディタッチなどの
コミュニケ
ーションがしっかりとれているからかなぁ?と思います。


子供の泣きかたで何を訴えているか、大体分かりますが、
それでもたまーに何をしても泣き止まない事があります。

そんな時は、私も焦る心を落ち着かせてぎゅーっとハグします。

すると、私も落ち着くし、息子も落ち着いてくる。
不思議ですが、大抵この簡単な行動で解決です。



丘山先生の教室やイベントにたくさん参加して来ましたし
先生のブログも拝見させていただいています。


先生のお子さまに対する愛情は、心があったかくなりますし
私も息子に対してそうでありたいと思っています。


これからも先生の発信される情報を楽しみにしています。