毎日がAAA色~AAA応援ブログ~

AAAファンによるAAAファンブログです!

AAA・與真司郎くんのファンブログです!

AAAが出演した番組やAAAのライブ・イベント、與真司郎くんのイベントのレポなどAAAの事についてたくさん書いていきます!

AAAファンの皆さんに楽しんでいただけるような記事を更新できるよう頑張ります!どうぞよろしくお願いします!

Twitter→まっちも(@maaami_446)


テーマ:
與さんお誕生日おめでとうございます〜〜〜〜!!!!ワッショ〜〜〜〜イッッッ!!!!パフパフ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

與さん、お誕生日おめでとうございます。


今年もお祝いさせてくれてありがとうございます。毎年、11月26日は1年のうちで1番ワクワクしてドキドキして愛が溢れる特別な1日です。




いつだか、ふと、自分の今ではすっかり膨大な量になってしまった自分のブログ記事を読み返していたことがありました。その時、ある1つの記事に辿り着いたんですよね。その記事には相変わらず長ったらしく與さんのこと書いてあって、何気なくダラダラ読んでたら最後の文に

本気で與真司郎さんを応援したい。彼に今まで数えきれないぐらい救われて、幸せもらって、助けてもらったから、今度は私が少しでも真ちゃんを支えられるようなファンでありたい。私なりに與さんに思いを、愛を伝えていきます。

って書いてあって。自分で書いた文なのになぜだかこみ上げるものがあって。


だから、3年経った今、もう一度言います





本気で與真司郎さんを応援したい。




こんなにも必死になれるのは、紛れもなく與さんのことが本気で好きだからなのかなぁって最近よく思います。

今まで、與さんのことで数え切れないぐらいたくさん笑って、幸せな気持ちになって、感動して、嬉しくて、舞い上がって、逆を言うと好きだからこそ悔しかったことも苦しかったこともたくさんありました。

AAAもそうだけど與さんが1番長く応援してるから、そりゃいい思い出もたくさんあるし苦い思い出もあって。與さんのこと好きになってからいろんなことありました。與さんのファンをやってて勝手ながら與さんとたくさんの苦楽を共にしてきたからやっぱ離れられないし離れる理由もない、結局は「好き」に辿り着くし、「大好き」という気持ちに越したことはないなって思います。ほんとに大好きです。

今までたくさん思い出もあっていろんな與さんを見てきていろんな與さんを知って、だからこそ、これからももっともっと知りたい與さんも、見たい與さんもたくさんあって、どんなことがあろうと與さんは信じてついていきたいと思えます。與さんがファンのことをこんなにも信頼し、好きでいてくれるから、この先なにがあっても私は與さんのこと信じたいし、きっと與さんのこと信じてついていけば間違いは絶対ないんだなって思います。


自分が大好きな人を本気になって夢中になって全力で応援できることは本当に幸せなことです。大好きな人のことでこんなにも一生懸命になれて、必死になれて、こんなに好きという気持ちが溢れて好きでいるのが楽しくて、幸せで、時に悩むこともあるけど、やっぱり與さんのことが好きでいることが楽しくて楽しくてしょうがなくて、好きでいることがこんなにも楽しくて、幸せになれるのは、どこを探しても與さんだけです。本当に本当にありがとう。いつもたくさんたくさんありがとう。

特に今年は與さんのこと、好きになれて本当にありがとう良かったなぁって思う機会が多くて、今年は與さんにとって激動の一年だったと思います。

その中でもやっぱり大きかったのは留学で、あの報告をブログを通して伝えてくれた時、本当に嬉しかったです。お正月早々、自分がまるで長年追い続けていた夢を叶えたかのように喜び泣いたあの感動を今でも鮮明に覚えています。自分の大好きな人が夢を掴んだ瞬間がこんなにも嬉しくて幸せなんだと強く実感した瞬間でした。


いつも語りつくせないほどのたくさんのワクワクと感動と幸せをたくさんたくさん本当にありがとう。與さんからたくさん驚かされたし與さんのことで感動したり嬉しかったり本当に幸せでたくさん涙を流した一年でした。本当に本当にありがとう。

誰に対しても優しくて、明るくて、素直で気取っていなくて、男らしくて、努力家で向上心があって、夢があって、自分をしっかり持っていて、ファンをしっかり認めてくれて、素直で、嘘をつけなくて、たくさんいろんなこと頑張ってるのに弱さを出さないで明るくて楽しくこなしてるところ、與さんの好きなところ言い出したらキリがないぐらい與さんの好きなところたくさんあります。

與さんのファンであることは自慢でありここまでくると私の肩書きみたいなものです。與さんがこうやってファンを大切にしてくれるからついてくるファンも大勢いるし、私もずっとついていきたいと強く思えます。


普段どんなときでもいつでも明るい與さんからたくさん救われてるし知らず知らずたくさん元気もらっています。與さんから背中を押されたこと、與さんがいたからこそ頑張れたこと、與さんのおかげで乗り越えられたこと、今まで数え切れないほどありました。今でもそうです。なんかほんと與さん好きだし、好きでよかったし、ファンでよかったって心から思います。與さんを好きでいることで私は支えられているし、與さんという存在があるから私は私らしくいれる気がして、いろんなこと頑張れます。



いつもたくさんの「楽しい」をありがとう

ファンを信頼し、認めてくれてありがとう

いつもたくさんの景色を見せてくれてありがとう

ファンの前で弱音を吐かない、かっこいいプロでいてくれてありがとう

いつもたのしそうに歌ってくれてありがとう

いつも明るくてありがとう

いつもたくさん夢を見させてくれてありがとう

いつもたくさん笑ってくれてありがとう

ファンの夢をしっかり形にしてくれてありがとう

いつも優しくてありがとう

いつも元気をくれてありがとう

夢を追いかけることの素晴らしさを教えてくれてありがとう

いつもたくさん挑戦してくれてありがとう

一生懸命をありがとう

努力することの素晴らしさに改めて気付かせてくれてありがとう

常に「みんな」を大切にしてくれてありがとう

ファン目線で、ファンに寄り添ってくれてありがとう

ファンの声に耳を傾けてくれてありがとう

思い出をたくさん作ってくれてありがとう

AAAでいてくれてありがとう

ファンを大切にしてくれてありがとう

いつもたくさんの感動をありがとう

いつもたくさんの「ありがとう」をありがとう

いつもたくさんの幸せをありがとう

いつも笑顔にしてくれてありがとう

いつもたくさん挑戦してくれてありがとう

たくさんのきっかけをありがとう


與さんが與さんでいてくれてありがとう




與さんに「ありがとう」を言い始めたらキリがないぐらいたくさんたくさん本当にありがとう。


お誕生日に私から與さんへの気持ち全部言い切れないから、これからも長い時間をかけてたくさんたくさん「ありがとう」をずっとずっと伝え続けさせてください。


たくさん笑って喜んで、嬉しいことや時に悔しいことでもこんなにたくさん涙を流せたのは與さんを好きになれたからこそです。本当にたくさんたくさんありがとう。これからもずっとずっと私の中で1番の人でいてください。今までも、これからも、「與真司郎」あっての私です。これだけは絶対にブレません。






これからもずっとずっと本気で応援させてください。


これからもずっとずっと大好きです。



28歳の與さんともたくさん素敵な思い出作れますように!!!!




與さんに、たくさんの「ありがとう」と「大好き」を込めて












2016.11.26


まっちも


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


{0F33FD96-7DFD-412F-B796-A3297B16E34D}


以前から、よくブログの読者さんに「本とか小説よく読まれるんですか?」といった質問をいただくのですが、本や小説どころか教科書の文すら途中で投げ出してしまうほど、活字を普段読んでいないので、よくこんなんであんなクソ長いブログを書いてるなと自分でも思います。

そんな話はさておき、今更ながら読んできました。小説全く読まないという前置きをしつつもAAAのことになるとやっぱり自分の想像以上の無駄な力を発揮し、3時間弱で読了。早えわ。



以下、小説の感想を書いていきます。あくまでも人それぞれ様々な捉え方や感じ方がある中での私自身の感想です。小説内容の多少ネタバレ含みますので、これから読んでみようとお考えの方はお気をつけください。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




自分たちから集まったグループ、好きな仲間同士集まったグループ、集まりたい者同士が集まったグループがある中、AAAは集められたグループ。しかも男女混合。だからこそ、衝突も苦労もすれ違いもたくさん数え切れないぐらいあったと。男女混合という珍しい構成のグループが10年以上の時間をかけてここまで大きくなれたことは本当に凄いなって、「凄い」という言葉で表すことができないぐらい、その努力や苦労、挫折の日々は想像を絶するなと、小説を通して思いました。



ソロを目指してレッスン生活を耐え抜いていた中、突然ユニットで活動すると言われ一瞬戸惑いを見せつつも「やります」と断言した宇野ちゃん。AAAとして活動していく中でAAAがいつまでも売れない中で、7人バラバラになってやってみようと提案されたときの、「7人じゃなきゃダメ」と言い放ったのも宇野ちゃん。小説を通して、宇野ちゃんの中のAAAに対する強い思いが改めて見えた瞬間でした。

そして、メンバー1人1人たくさんの努力や苦労あっての今だと思うけれど、やっぱりリーダーであり最年長である直也くんの存在はAAAにとって、メンバー1人1人にとってとても大きかったんだなと小説を通して改めて思いました。「リーダーらしくないリーダー」、以前にっしーが直也くんへ向けて語りかけていたように、直也くんのリーダーらしくないところ、そんな姿からきっと今まで数え切れないほどメンバーは救われてきたんだなと思います。

「AAA日高光啓」と「SKY-HI」、色眼鏡との戦いをし続ける日高くん。日高くんのがむしゃらに挑み続ける姿、本当にかっこいいなってよく思います。自分の好きなとこ、やりたいこと、こんなにも全力で打ち込める人は本当にかっこいい。

AAAでの自分の立場を見失い、自分の存在価値の模索し、「ファッション」で自分を切り開いていったちあちゃん。メンバーの中で1番小柄で小さな身体をしていても、ちあちゃんって本当に強いなって。底知れぬパワーを持っているなと改めて感じました。

ずっとそばにいたメンバーの存在、そして「恋音と雨空」との出逢いによってたくさんのAAAの可能性を感じたにっしー。ライブではもはや定番となった「恋音と雨空」、正直言うと聞き飽きたと思うほど聴いているけれど、小説を通して「恋音と雨空」はAAAにとって大きな転機であり、こんなにもAAAにとって大きな可能性をくれた大切な曲なんだと知ったとき、ファンとして、ファンだからこそ大切にしていかなきゃないけないのかなと気づかされました。

舞台という新たな挑戦を通して、自分の限界へ挑んだ秀太。秀太にとって「舞台」という挑戦がこんなにも大きいものだったんだと初めて知ることばかりでした。決して逃げずに挑む秀太、秀太の何事にも熱く全力投球するところ、好きでありかっこいいなってよく思います。

ボーカルとしての立場、トラウマと戦い続ける與さん。わたしは與さんが歌う歌が大好きです。與さんの歌声ってこみ上げるものが毎回あるんですよね。だからこれからも自信を持ってたくさん歌ってほしいと思います。與さんの歌を待ってる人、たくさんいます。




先が見えないレッスン生活、デビューを目指して必死にがむしゃらに戦ってきた姿、大舞台と現実のギャップ、ずっと支えてくれた大切な仲間との別れ、「売れない」もどかしさ、自分の存在価値の模索、自分の限界への挑戦、トラウマとの戦い、など小説を通して、「あの時、このメンバーは自分の知らないところで、見えないところで、こんな葛藤や苦労と戦っていたんだ」と思うシーンがたくさんあって、自分が知らなかったAAAがこんなにもあったのかと胸が締め付けられるような思いがしました。

AAAとして活動していく中でのメンバー1人1人見えない苦労や葛藤が数え切れないぐらいあったこと、それを隠して日々全力で戦っていると思うと7人ともやっぱりプロだなぁと改めて思いました。



そして、私がこの小説を通して1番心に残ったのは西島隆弘と與真司郎の関係性について書かれている部分でした。箱ティッシュ使い切る勢いで消費するぐらい泣いた。

性格も生き方も全く違って、何度も激しく言い争って、1番ぶつかり合っていたにっしーと與さん。そんな中、「美味學院」をきっかけに2人で同じ仕事をして、2人で過ごす時間が増えていくことで、2人の空気も変わっていって。中でも時間や自分の生活スタイルに徹底している與さんが「ダイエットでもしようかなと思って」と嘘をついてまで、にっしーのために昼食休憩時に自分の食事の時間を削ってにっしーの芝居の練習の相手をするところは本当に涙が止まらなかったです。

「俺は彼にとってどんな存在なんだろう?」そう問い続けたにっしーに対しての與さんの答えが「にっしーのこと今まで嫌いだったけど、好きになったかも」という2007年のライブの打ち上げにて與さんが発した有名な言葉にあるように、與さんがにっしーを認めたことで、にっしーが大泣きしたとかもう・・・ただただ涙止まらないというか・・・

「美味學院」を通して過ごした時間や経験が、今の2人を築き上げてくれたんだなと。

普段、與西與西言ってるけど、実際じゃれ合うだけじゃない、それだけじゃなくて、若い頃からたくさんの辛く苦しい現場や修羅場を2人一緒に乗り越え、積み重ねた時間という「重み」があったからこそ作れた、にっしーと與さんの2人の関係性が好きだと改めて思いました。




この小説は、メンバーそれぞれのへのインタビューをもとに創作した小説だということで、語りきれていない部分や、文字だけでは伝わりにくいところも、「創作」ということで多少盛って表現されている箇所もたくさんあったと思う。実際に、先ほど触れた「與さんの昼食を削ってまでにっしーの芝居の手伝いをした話」も、後々思えば「創作」なのか「実話」なのかハッキリとは言い切れない。どこまでが真実で、捉え方も人それぞれだと思います。

それに、全くゆかりんについて触れられていないです。あたかも最初からいなかったかのように。読み手にとって、良くも悪くもそれぞれ様々な捉え方や感じ方があると思いました。


だけど、私は読んでよかったと思いました。多少フィクションが混じっていたとしても受け入れるべきものなのかなと。ありきたりな感想になってしまうけど、私は小説を通して、AAAが今の自分を支える存在で本当に良かったと改めて実感させられたし、自分がそんなAAAを支えているファンの1人でいれることの幸せさを痛感しました。


小説を読んでいるとき、松浦社長のインスタにAAAとの写真がアップされていて。それを見たらメンバー本当にすっっごく一人一人いい顔してて、みんなすっごいいい顔して笑ってて、笑顔で社長と肩を組んだりピースをしたりしているAAAがいて、それでまたおかしいぐらい泣けて。

代々木公園でがむしゃらに踊り、ステッカーを配り、その場で捨てられていたと小説に綴られていたAAAが、今ではドーム規模のライブ会場で5万人を魅了しています。

前にも話したように、AAAがやっとつかんだドームライブは、私がAAAのことを大好きだと改めて強く実感させられたライブでした。


キラキラしているとずっと思っていたエンターテイメント界など、決して明るいだけの世界じゃないんだなって、今年目を閉じたくなるほど目の当たりにしてきました。知りたくないこと知らなくてもいいこと知りたくなかったことたくさん知って、エンターテイメント界に以前から抱いていた希望も夢もなくしていた時、ドームのステージで全力で踊り、全力で歌い、笑っているAAAを見たとき、エンターテイメント界捨てたものじゃないなと改めて気づかされました。



AAAを好きになってAAAを目標にいろんなこと頑張れて夢を持てて、夢を見れて。AAAを好きになって数え切れないほどたくさんの人に出逢えて、AAAとの出逢いは私を大きく変えてくれました。

AAAのこと好きになった当時、まさかここまで好きになるとは自分でも思っていませんでした。AAAがくれたたくさんのきっかけやAAAが繋げてくれたたくさんの縁があるから今のわたしがいるんだと強く思います。AAAに出逢えて本当に良かった、こればかりです。


與さんはもちろん、にっしーも直也君も宇野様も日高君も秀太もちあちゃんも、AAAメンバーのこと7人みんな大好きで、みんな大切です。それぞれいろいろな思いや経験、苦労を数え切れないぐらい積んだ7人だからこそ好きです。いつも私らの前に立って歌い続けてくれて、いつもニコニコしててくれて、楽しませてくれて、元気くれて、夢中にさせてくれて、明日への希望をくれて、生きる力をくれて、なによりずっとAAAでいてくれて本当にありがとう。と心の底からお礼が言いたい。だからこそ、これからも全力で応援して、ファンとしてAAAを支えていくのが1番の答えであり最善の方法なのかなって思いました。






まっちも

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
1つ前の記事の続きから書いていきます!この記事からご覧下さった方は是非前の記事もあわせてご覧ください!ってことで今回も変わらぬテンションで前回の続きから書いていきます!
 
 
 
※この先、セトリ、ステージセット、衣装など完全ネタバレとなります。ネタバレを避けている方はご遠慮ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー映像ー
まず、ちあちゃんがお部屋でお洋服や靴などを選んでいるんだけど、ちあちゃんが選んでるお洋服が、CALLのジャケ衣装、さよ前ジャケ衣装、Wakeジャケ衣装だったりと、こういう細かいところも凝ってて遊び心あっていいなぁって思ったし楽しかった!!! そこへ與さんが現れるんだけど、後ろ姿の時点で発狂(チョロい)んで、ちあちゃんが持ってたマカロンを100点満点な笑顔で食べてちあちゃんと與さんでにこにこきゃぴきゃぴしてると思ったら、シーンが切り替わって與さんが重い足取りで暗い部屋へ行き、超怖い顔しながら淡々と靴紐解き、無心でシャツを着替え、深いため息をつきながらチケットビリビリに破いて、険しい顔してiPadとイヤホンを鞄に詰めてチケット1枚持って部屋から出て行ったんだけど、
 
{6F5A5E7E-1F03-40BF-9528-EE2F1C44950D}
 
いやいや、かっこよかったんだけども、マカロン笑顔で食べたと思ったら次のシーンでは超怖い顔しながら淡々と靴紐解いてため息つきながらチケットビリビリに破くまでの心情の流れがどう頑張ってもつかめん、というか
 
 
ギャップ激しすぎて風邪ひいたわ(惚)
 
もうね、抜かりなくかっこいいの。京セラで初めて見た時リアルに魂が飛んでた。前の記事から魂飛んでたって言いすぎてて「まっちもさんは一体何個魂あるんだ」って感じなんですけど、わたしこの時マジでやばかった(語彙力)悲しそうな顔してる與さんがまーーーたかっこいいんだわ。なんであの流れで入れられたか理解しがたい突然のお着替えという名のサービスショット付きで筋肉拝み放題だよね、

5万人が喜んでた(私含む)

いや、ほんと不意打ちすぎた、かっこよすぎて。さりげなく服脱いだ上半身が鏡に映った時は隣にいたお母さんが「えっ、與さんってこういうポジションなの?木村拓哉的ポジションなの?」つってて笑った(笑)お母さん的に與さんが脱ぐイメージなかったみたい(笑)あと、エアチケット持ってたしこれは留学生活の話してる?????(違)
 
んでさ、興奮冷めないまま次のシーンで日高くんがドラムやってんの(鼻血)かっこよすぎてその場で爆発したわ(鼻血)

つか、さっきから全員確実にかっこよすぎてどうなってんだAAA(狂)


あと日高くんギターもやってんの(鼻血)ピアノも弾いてるの(鼻血)んで作曲してるの!!!というかこれはSKY-HIの話してる?(違)クロノグラフ??(違)與さんも日高くんもなんかリアルな個人活動を象徴するような映像だったから「そういうことなのかな!」って思ったけどにっしーがコーヒー作って秀太がヒステリックになってる時点で確実に違う。
 
そしたら、次のシーンで直也くんが日高くんからUSBメモリ受け取って直也くんがUSBのデータをパソコンに取り込んで何か作業をしていたんだけど、このシーン見た時、
 
これTOSHIBAのUSBだよね??わたし同じの持ってる!!
 
ってなりました(そこ)最終的に、AAAという文字とあと何か英文字が書かれた紙を直也くんが印刷してホワイトボードに貼り付けてて、そのホワイドボードにはAAAの楽曲名がロゴでプリントされた紙がたくさん貼ってあるんだけど、その中でも直也くんがプリントして貼った紙がアップになりその紙に「AAA World Without Tears」って書いてあって、今冷静に振り返れば「AAA 涙のない世界」って無駄にかっこよく書いてあるだけの話なんだけど、みんなおそらく京セラ初日の時点では「AAA World Tour(AAA ワールドツアー)」に見えてしまったのか、会場中が
 
 
えっ?!(焦)
 
みたいな空気になっててすんごい笑った(笑)ちなみにわたしは「World Without」だけ見えたから「は?!?!?!AAAが世界を抜かすの?!?!?!はっ?!?!?!このタイミングでサラリとネガティヴ情報くる?!?!?!」って思ってた。全然違ったよね。そりゃそう。とりあえずこの映像見て思ったのは「なんの曲だか知らないけどバックで流れてるそのピアノ調の音源くださいフルで聴きたい」です。
 


14.涙のない世界
めちゃくちゃ綺麗だった。メインステージの上段にて。痺れたほんとに。照明も最小限でさ、煙がかってる中、下から徐々に上がってくる感じで登場するの。煙に包まれながら徐々に登場してイントロで登場しながら踊っててさ、踊りながら上がってきてて、なんか説明下手で申し訳ないんですけど、ほんと綺麗だったなぁ。この終盤に改めて持ってくる感じがいい。痺れた。にっしーのラストパートの「儚い想い〜〜〜」も綺麗だったなぁ。涙のない世界は1番サビ終わって2番のAメロ始まる際の振り付けが好き!!!あの腕を頭のところからゆっくり力強く回すやつ(語彙力)あの力強い振り付けが好きです。ちなみにこのセトリのラストブロックの與さんの衣装1番好きです。ノースリーブで丈が長くて、黒と金と白で。あともっとちなみになんですけど、このラストブロックの時、東京ドームでは與さん前髪分けてたけど、京セラの時は與さん前髪下ろしてた。あと、秀太の衣装がアニマルすぎて二度見した。末吉秀太の沼は深い。ほんと涙のない世界感動したわぁ。登場から鳥肌止まらなかった。ドームの涙のない世界一生忘れん。本当に圧巻だった。
 


15.Next Stage
ネクステキッッッッッッタァァァァァァァァァァ!!!!これもオールメインステージにて。與さんダンスキレッキレなの、泣いた。日高くんのラップの「蹴っ飛ばして結果出来るstep up Brrr,stick'em ha-ha-ha stick'em!!」の「ha-ha-ha stick'em!!」部分の與さんクッッッッソかっこよくて目眩したぶっ倒れた。特に東京ドームファイナルのネクステ、今までいろんなツアーやライブで見てきたネクステの中で個人的に1番しびれた。AAA全員がかっこよすぎた。ダンスがパワフルで歌が力強くて、パフォーマンスから伝わる迫力とパワーがすごかったんだよね。迫力が半端なかった。



16.PARTY IT UP
これもオールメインステージにて。マジさ、イントロでたくさん煽られて煽られてクラップしたあとに「クラップ ユア ハンズ!」で

ボッッッカーーーーーン!!!(大爆発)

だから、まーーー叫ぶよね。爆発起こるとわかりやすくテンション上がるわ、これぞライブ。日高くんがイントロで煽りながら「どれだけ会場でっかくなかっても関係ねえぞーーー!!!!」みたいなことを全力で声張って力いっぱい伝えてくれてるの。熱くなったよ。日高くんっていつもこう言ってくれるよね。日高くんの優しさだなぁ。日高くんが言うとどんな席座っていようと「あっ、ほんとに見えてるんだろうな」って思う。嬉しかった。てか、後ろのスクリーンに映ってるスターウォーズみたいなよく分からない映像が気になりすぎた(笑)あれはなんだったん(笑)教えてーーーーおじいさーん!(c.v ハイジ)あとこの曲の時にメインステージの下部から花火たくさん上がっててすごかった半端なかったし、最後の最後に直也くんが「今日はありがとうございました!!!!」と共にまた

ボッッカーーーーーーン!!(大爆発)

って爆発したと思ったらそれと同時にステージのライトがパッと消えてなにこれ半端ねえ!!!!!!!!!パリラド派手!!!!!!!!ライブの真骨頂って感じ!!!!
 



17.Yell
パリラがド派手に終わったと思ったらオレンジのライトが温かく降り注ぐ中のYellのイントロが泣ける泣ける!!!!会場中がパッとあったかくなるの。この曲はオールメインステージにて。だけど、メンバーがステージの端まできてくれて、肩組んで歌ったりなんだかほんと温かい気持ちになった涙腺緩んだ(泣きすぎ)「ぼくの誇り〜〜」で拳を胸に当てるんだけど、その時のメンバーの顔がいい顔でさぁ…泣いたよねぇ…(結局泣く)サビはなんか手を振るだけじゃなくて簡単な振り付けしてたからのちにうちらにレクチャーされるんだろうなって思った。徐々に増えるウチらが踊る曲。ラップのところあたりからメインステージの上段にメンバーが一列に並んで、メンバーみんなラップ口ずさんだりしててなんかこの構図がすごくAAAぽくて好きだなぁってなんかじわーっとなった。最後はありがとうございました言ったら下へ下がって退場って感じでした。
 
 
 
ーアンコールー

18.ハリケーン・リリ,ボストン・マリ
アンコールを待ちながら、ひたすらトリエーコールをする会場内にあのリリマリのイントロが流れ出すもんだから、
 
うおおおおおおおおおおお宇野様始まりだああああああああああ!!!!!
 
って大興奮!!!!!!!!!もんんんんんおおおおおおおおおおお!!!!!!!泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた泣いた!!!!!!!ありがとうありがとう!!!!やっとわかってくれたね?!?!?!わたしこのブログで毎回言いまくってたもんね?!?!?!リリマリは宇野様始まり尺で欲を言えば本編中ではなくアンコールにやってくれとな!!!!ずっと待ってたよ?!?!?!(大歓喜大爆発)ちなみにリリマリはトロッコにて。そんで、與さんのアンコールの衣装、
 
森の妖精さんかな?!?!?!?!シルバニアファミリーかな?!?!?
 
って思ったし、與さんのアンコールの衣装がベージュのオーバーオールにニット帽とか
 
 
あざとすぎるにもほどがある。
 
 
マジ最初見たときは誰かと思って「秀太かな?」って思って双眼鏡でその人のことガン見したら與さんでその場でひっくり返った。なんなんだあの可愛い生き物は。超可愛いの。動いてるだけでめちゃくちゃ可愛い與真司郎。速攻最大フォントで「シルバニアファミリーですか」ってブログに記すって京セラの時点で決意してた。あと、東京ドームファイナル行った時、スタンド2列で鬼近だったおかげで與さん気づいてくれてこっちみてくれて嬉しかったなぁって思い出も追記。あと、トロッコに與西島日高が一緒に乗ってて「豪華ー!」って思ったのと同時に「また三人でニコ生やってくれ」って懲りずに思った。
 


19.Getチュー!
ファイナルの時に宇野様が「ねえねえ?チューする?」って言った瞬間、会場が「ギャーーーー(喜)」ってなったのに横にいた與さんが宇野様に向かって思いっきり手でバツマーク作ってて和んだ(笑)宇野様と與さんってS&Sとかで濃厚な絡みをするものの不意に見せるこういうお姉ちゃんと弟感たまらないところめちゃくちゃ沼。GETチューはとにかく「宇野様結婚して(わたしと)」って感情がただただ溢れた。ちなみにリリマリから間入れずにトロッコにて。
 


20.MUSIC!!
トロッコからセンターのサブステージにて。與さんと日高くんのラップの掛け合いが可愛すぎて頭抱えた。とにかくあの衣装でちょこちょこ踊ってる與さん可愛すぎて可愛すぎて(笑)頭抱えた。MUSICを楽しそうに歌う直也くん、嬉しかったなぁ。ラストのにっしーと直也くんのハモりもアツイ!!!!あと、ラップのあとに與さんが「フッー!」って言ってて

今「フッー!!!!」つった?!?!マジ?!?!(大興奮)
 
ってなった!!!!與さんあんまりこういうことしないからめちゃくちゃ嬉しかった!!!!フッー!!!!だそ!!!!


ーMCー
(後日別記事にてレポします)
センターのサブステージにて。
 



21.Love
MC中、次の曲のフリで「知ってる人は一緒に歌ってください」って直也くんが言ってたからおもいっきり
 
「いくぜシャイニングランニングフォーエバー?!?(震)」
 
って思ってたらまさかのLove。アンコールMC明けでWake upじゃないのいつぶりですかリアルに。ライブで歌うLove好きなんですよね、Loveの会場がひとつにまとまる感じ好きで。あとこの曲の時、ライトでドームの天井がハートマークになってた。Loveといえば、東京ドームファイナルのLoveめちゃくちゃ泣いちゃったんだよね。MCのくだりで、社長さんが見にきてるって事実だけですでに涙目になってたらにっしーが「社長ー!俺たちここまでこれたよー!!!」って叫んで、AAAが社長に向かって「ありがとうございまーす!!!」って言いながらお辞儀してて、ファンにもお辞儀してて、なんかもうこの流れボロ泣きじゃん、そこからのLoveはほんとやばくて、ずっといろいろAAAのこと考えててすごい泣いちゃったなぁ。最後のサビはみんなで歌うんだけど、わたしずっと鼻すすりながら歌ってたwww スンスン言ってたwww 
 

22.虹
やっぱり虹だよな。思ったよなんか。最初の方でも話したけど、今まで毎年のようにAAAのライブいって、横アリも行ったし埼玉も代々木も武道館も行ったし、ちっさいホールもたくさんいったし、いろんなライブ会場で虹を聴いてきたなぁって思ったらなんだか泣けて。「虹いつもラストかよwww飽きたわwww」とか一時期は思ってたけど、虹がラストってやっぱりしっくりくるなぁって改めて思った。虹はね、なんだろうなぁ、今までいろんな場所で虹歌ってるAAA見たなぁって思うとやっぱり泣いたよな。虹歌ってるAAAの表情が好きでさぁ。虹って90%の確率でラスト曲だけど不思議なことに悲しい気持ちにならないのよ、「また次AAAに会えるまで頑張ろう」って私の背中をいつも押してくれる曲。1番のサビまでメンバーが各パートを歌いながら花道を歩いてたんだけど、もうなんかすっっげえ泣けて!!!さっきからずっと泣いてるけどなんかこの虹すっっげえ泣けて!!!ほんとに!!!メンバーがわきあいあいと歌いながら花道を歩いてるんだよ、なんかすごいエンディングを見ているようで、またその時のメンバーみんなの表情がさぁ、みんなほんとにいい顔しててさぁ楽しそうなの。なんか、グッとくるものがあったよなぁ。
 
 
 
 
 ーーーーーーーーーーーーー
 
ほんとめちゃくちゃ楽しかった。セトリがどうとか席がどうとかそういうことじゃなくて、あの空間に入れたことがただただ嬉しくて感動したし、京セラ行った時は時間もお金もかけて大阪まで行って本当によかったと思ったし、なんかほんとドームライブ楽しかった。AAAのライブはいつも楽しいけどこんなに楽しいって思ったのは久しぶりだったかもしれないです。

ドームでライブをやるときいて散々騒いで、ここまであっという間でした。ドームでライブやるって聞いたときは泣いて喜びつつも実はあんまり実感なかったんだけど、東京ファイナル行った時にドーム全体の客席見たら上までいっぱい人が入ってて、それでやっと実感して、なんかこみ上げたんだけど、ライブ始まると会場がドームだろうと相変わらず距離を感じさせないライブで、凄いなぁって思った。なんか、がむしゃらにAAAのこと必死になって応援してきて追いかけ続けて本当に良かったなって思いました。AAAと一緒にこの景色見れて本当に良かったなって。


私はセトリとか演出とかよりもメンバー全員が本当にいい表情してたことが何より嬉しかったというか印象に残ってて、にっしーも直也くんも宇野様も秀太も與さんも日高くんもちあちゃんも、みんな楽しそうで楽しそうで、テンション高くて、ニコニコしてて、本当に嬉しかった。AAAのライブ自体久しぶりだったというのもあったけどグループの雰囲気やテンションが最高だった。

どの曲に思い入れがあって発狂するぐらい大好きで、というようにセトリや構成、演出の捉え方も感じ方も人それぞれだと思う。だから誰もが必ず満足できるライブでしたとは言えないところもあります。確かにセトリも過去曲は少ないしいつものライブに似たセトリだったかもしれない。けど大好きなAAAがいる「ライブ」という空間はやっぱり他の何にも代えられないぐらい楽しかった。あの空間、あの瞬間、すべてが特別で、かけがえのない感じがして、初めてのドームでしか味わえないものがたくさんあったなって思います。今ふとした瞬間に思い出しても楽しかったなぁって思う。


前にもツイッターで話したのですが、ずっと大好きだったはずがいつしか何を見ても否定的になってしまう時は潮時かなって思いながらヲタクやってます。無理にしがみついていても次々に嫌な面を見て苦しいだけです。感じ方は人それぞれでどうしても否定的になるのもしょうがないと思う。けど不満を広げれば不満に思ってないファンのモチベも下がることは確かです。自分に潮時がいつか来るんだろうなぁとも思うし、潮時が来たからといって悪いわけでもないと思う。正直、大好き大好きって気持だけではファンやってけないところもあると思う。私だって言ってないだけで不満が全くないわけではない。でも、現時点ではAAAが何しようと全てが否定的には見えないです。素直に「嬉しいな」とか「幸せだな」と思うことの方がダントツに多い。ヲタ卒も決して悪いことじゃないです。でも、私みたいなこれからもずっと応援していこうとしてる人の前で愚痴言い散らかして去ってくのは違うと思う。

ライブやったり曲出したりできることって当たり前じゃないと思うんですよ、だけど、これからもずっとずっと応援させてくれる約束をしてくれるAAAに感謝しかないです。これからもAAAと見たい景色もAAAと作りたい思い出も私まだまだたくさんあるから、これからもずっと追いかけさせてください。

ドームライブは、わたしがAAAのことが大好きだということを改めて強く実感させてくれたライブでした。AAAが本当に大好きです。

 



というわけで!!大変長くなってしまいましたが、お付き合いありがとうございました!!以上です!!長々書いてきましたがいかがでしたでしょうか???相変わらず長かったぞー!!!長々すみませんでした。それと数々のお見苦しい点失礼致しました。あくまでも人それぞれ様々な捉え方感じ方がある中での私自身の感想ですがよかったら少しでも、ライブの復習や参戦されていない方への参考になれば幸いです。

ここまで読んでくださった方、もしいらっしゃいましたら本当にありがとうございました。これ以上書くと長くなるので、MCや現地した時の思い出話、ライブのこぼれ話などはまた今度改めて書いていこうと思いますので、よろしければそちらも合わせてご覧いただけたら嬉しいです!!




というわけで!!!!以上!!!!これにて!!!!!やっと終わりーーーーーー!!!!終わったーーーーーー!!!!レポ終わったーーーーーー!!!!頑張ったーーーーーー!!!!レポが終わるまで私の参戦は終われないということだったけどこれにてやっと私の参戦終わったーーーーーー!!!!次のライブまで強く生きよーーーーーー!!!!って言おうと思ったけど次は與TSかましてきまーーーす!!!!






まっちも
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。