ドコモアプリパスワード


昨年末、H田氏がアドレスを変えたと言うので赤外線でアドレスを貰おうとしたところ、アプリパスワードを入れないと起動しない。アプリパスワードとは何ぞや?と思ったが、「0000」を始め思い当たる暗証番号を入れてみたが一向に先へ進まない。その時はメールを送ってもらって何とかアドレスを得る事が出来た。後で調べてみたが初期値は「0000」だと言う事ぐらいしか分からなかった。


年明け早々にイオン倉敷に行く用事があったので、ついでにそこにあるドコモショップに寄る事にした。

「ドコモアプリパスワードが分からないのですが?」

G-mailのアカウントですか?」

「いえ、ドコモアプリパスワードです。」

SPメールパスワードですか?」

「いえ、ドコモアプリパスワードです。」

どうも話が伝わらない様なので、係りの人は一旦奥に入って行ってしまった。何やら調べてきたようで、改めて窓口へ通された。

「何のパスワードでしたっけ?」(ちなみに先程と同じ人です)

この時こけそうになった。赤外線受信の画面を示し、ドコモアプリパスワードを入力する場面を見せて初めて電話で問い合わせをしているようだった。

すると、ドコモアプリパスワードが分からない時は初期化しないといけないとの事。初期化してしまえば、今まで獲ったアプリをもう一度再ダウンロードしないと行けないし、また電話帳やメール等のデータのバックアップを取らないといけない。

「ドコモパスワードやネットワーク暗証番号はこちらで調べたら分かりますよね?それと同じようにドコモアプリパスワードも調べてもらうわけにはいかないんですか?」

「いえ、こちらでは調べても分かりません。全て初期化しないといけません。」

「以前、ドコモショップで端末の暗証番号やネットワーク暗証番号を教えてもらった事があるんですが…。」

「そういう事はありません、パスワードは全て初期化しないとダメです。」

もうこれは駄目だと思った。

「分かりました。初期化なら自分でやります。ありがとう。」と言って店を後にした。


151の電話番号はドコモのお客様サポート。ここへ電話して聞いてみる事にした。するととんでもない事実が分かった。端末の暗証番号やネットワークの暗証番号等ドコモが管理している物は当然お店で分かる事。然し、ドコモアプリパスワードは端末のパスワードなので忘れた場合、分からない時はやはり初期化が必要だと言う事。でも、ドコモアプリパスワードは変更等していない。それなら「0000」でいけるらしい。この事を告げると、携帯電話の箱に青いシールが貼ってあったか聞かれた。青いシールが貼ってないものは、最初の段階で初期化が必要だったそうだ。と言う事は携帯を最初に初期化しておかなければならなかった事になる。この前不良品だったので交換したばかりだったが、今度はこんな落とし穴があるなんて!もう2回目ですぜ。


仕方が無いので、この携帯を購入したドコモショップ笹沖店へ行って事情を話す。すると、誠に申し訳なさそうに初期化をしてくれた。電話帳、メール、SDカードに保存して。


帰ってスケジュール帳をみるとあれだけ苦労して入力したデータが全てなくなっていた。なんてこった!また一からやり直しだ、トホホ…。