社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!

NEW !
テーマ:

群馬の某高が好きだと言ってやまない私だけれど

 

だからといって

大阪の学校に興味がないというわけではない。

 

 

 

地元の学校も、当然応援しているわけで――

 

 

 

 

 

 

 

というわけで。

 

 

 

履正社高校の茨木Gに来たよ!!

 

 

 

履正社高校といえば。

 

2016夏の甲子園では、ベスト16という結果を残し

T-岡田・山田哲人といったプロ野球選手を輩出し

私の育った豊中の誇りなのですきゅん

 

 

想いはあっても、学校に見学ってのは…かなり勇気がいる。

 

私の高校野球のはじまりになった学校なのに

これまでなかなか踏み入れられなかったんだけどさ。

縁あって、ついにここにたどり着いちゃいました!

 

ほんとに、周囲の方々には感謝しかないよね…!キラキラ

 

 

 

グラウンドは現在練習中野球ボール

 

 

うろうろして邪魔するのもアレだから

近くのベンチにでも腰かけて、練習を見守る…。

 

 

 

何目指してるの?って、ほんとによく言われてるんだけど

それは私にもわかんない(笑)

なんで専門家でもないのに、わざわざ学校に練習見に行きたいかっていうとさ。

 

試合をみてると

試合中の選手しかわかんないんだよね。

 

 

このチームはどんなチームで、どんな選手がプレーをしていて

どんな練習で勝ち上がってきたのか。

それを指導する人はどういう考えの人なのか。

選手にはどれくらい浸透しているのか。

私は今、どんな学校を応援しているのか。

 

それを知りたいって思うの。

試合の結果は、そのあと!キラキラ

 

高校野球は今や一大興行になっているけれど

根本は、高校の部活。教育の一貫ですから!火

 

たとえばこんな風に選手が前通った時に、挨拶を…

 

 

 

選手「・・・・・・・・」チラチラ

 

 

 

してくれなかった…orz

 

 

 

寂しさいっぱいで行く末を眺めていたら

私のすこし後ろでみていたファン?後援会?の人にはちゃんと挨拶してた。

 

 

かなしい(´;ω;`)

 

 

休憩に入ったタイミングで、監督に挨拶に。

選手に、監督探してると言ったら、声かけに行ってくれた!

 

ええ子や…!←単純

 

 

 

 

 

 

お茶なんていただきながら、クラブハウスで小一時間茶

 

技術だけ追い求めてたら、ダメだったときに

「どうしてダメだったのか」ってのを考えないと、ずっとダメなのを引きずるんだ。

考える力を養わないと。

そうやって考えて人として成長してくると、自然と上手くなるんだよな~。

 

と、岡田監督。

 

話す監督の前には、本で特集もされた、選手たちの野球ノートが積んである。

 

 

履正社の特集みてたら

選手の自主性にまかせるような指導方針だって書いてあったんだけど

つまりいろんなことを考えろ、っていうことなんだろうな。

 

それが、クラブハウスにはってある

 

 

「球道即人道 敵は我に在り」

 

 

 

私が応援する学校は

ほんとに、一生懸命な学校ばっかりだ(*´ω`*)♥

 

 

 

 

 

監督にお礼を言って、クラブハウスから駐車場に向かうと

選手たちとすれ違った。

 

 

選手「こんちは!」

選手「こんにちは!」┏○))

 

 

 

 

こんにちは(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

 

監督とおはなしして

怪しくなくなったから、みんな挨拶してくれるようになった!(`;ω;´)

 

また見に来よう!きゅん

 

 

 

秋の野球シーズンは

 

今がまさに、熱い時だぜ!!火

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「やきう」 の記事

テーマ:
これまでのあらすじ

青森の青荷温泉ランプの宿という秘境にたどり着いたまぁゅん氏。

 

夕食も食べ終わってゆっくりして

夜は・・・まだまだこれからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月のおじ

 

 

 

一休みしたまぁゅん氏。

ふたたび中庭の温泉へ♪

 

続いては混浴…温泉まぁく

 

 

 

 

 

 

くらっ∑(゚Д゚)

 

 

 

もともとそんなに混んでない日ってのもあるけど

基本的に、どの浴槽でも貸切状態。

 

 

個人的意見なんだけど

このご時世、誰でも入れる混浴をやってるってのは

 

・この景観はここでしか見られない

・源泉をそのまま使いたいけど源泉量が少ないから1つしか浴槽を作らない

・そもそも自然のままなんだから分かれているほうがおかしい

 

…といった確固たるこだわりをもっているところが多いと思うんだよね。

 

 

だからこそ混浴には積極的に入りたい!

 

 

幸い、今回は夜だから

こじんまり縮まらなくても見えないしね♪

 

…見せたいわけじゃないわよ。

 

 

 

 

 

 

ランプ、かぁ…。

 

電気がなかったら、夜ってこんなに暗いんだね…。

 

 

 

お風呂でごろっとしながら、ふと空を見上げてみた。

 

 

 

 

天の川だ――!!!

 

 

 

 

ほんの少しの時間なんだけど、雲が切れて。

そこには見たことないくらいたくさんの星と

天の川と、時々流れ星ながれぼし

 

 

ほんとにね、なんにも言葉でてこないの。

あんまり美しすぎて、形容する言葉がない。

 

自然って、やっぱり人が作る何よりも美しい。

そして、心に直接訴えてくる力がある。

 

 

 

なーんにも言わないまま

星が雲で隠れてしまうまで、一時間くらいかな。

 

ぬるいお湯につかって体中ふやけながらも

ずっと空を眺めてた。

 

 

この温泉は、ちょうどぬるいお湯の浴槽ばかりが、空を見上げられるところになっている。

湯気に邪魔されずに空が見えるようになってるのかな?

 

よく考えられてるよ、ほんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝momo*

 

朝温泉に入るのが楽しみすぎて、ほとんど寝つけなかった(笑)

 

 

 

 

 

 

まだ外は薄暗いんだけど

トコトコと離れの温泉へ。

 

一歩進むたびに外が明るくなっていく気がする。

これだから、朝風呂ってのはいいのよね~♪(*^o^*)

 

 

まずは内風呂から。

 

 

 

 

 

 

このシンプルさよ!キラキラ

 

 

この時間になると、ランプよりも外からの明かりのほうが明るくて

浴室のなかが何とも言えない色になる。

木って、朝日にあたるとこんな色になるんですね。

ほんとに魅力的♥

 

お風呂っていろんな形があるけど

私は、こうやって掘りごたつ式の浴槽がすきなのよね!

目線が地面と一緒で、妙に落ち着くんだよねぇ…はな

 

 

 

 

 

続いて外湯。

 

ここは窯になってて、窯の下の方でゴウゴウ言ってる、

温泉のお湯は、そのまま山にながれて落ちて行ってるみたい。

 

崖?の下には川が流れていて、その川はもくもく湯気がたってる。

やっぱり、自然に囲まれた温泉ってのはこうでないと!手描きふう双葉

 

 

 

ふと。

 

 

 

 

 

 

かみ合ってなくない?(゚Д゚)?

 

 

 

板と板をつなぐ上で大事なパーツが無くなってる気がするんだけど!

道理でなんか不安定だと思ったよ!

 

これも、秘境クオリティってこと?きゅん

 

 

 

 

 

 

ランプの下には必ず書いてある言葉。

 

青森の人の言葉は、ほんとにサッパリわかんないんだけど

この言葉だけは覚えたよ!はーと 

 

翌日さっそく、言葉の通じる青森の人に使ってみたら

こんなことを言われた。

 

 

 

「それは標準語でしょ?」

 

 

 

そ、そうだね!(^o^;)

 

 

 

 

 

青森は、難しい。

 

 

ゆえに。

 

魅力的だ(*^.^*)

 

 

 

ここはあらゆるものを"感じる"ところなのかもしれない。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これまでのあらすじ  

青森でりんごのうまさを知ったまぁゅん氏。

今度は、青森の温泉のポテンシャルを体験しにゆきます。

 

 

 

 

 

市街地から山に入って40分ほど。

 

到着したのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

青荷温泉 ランプの宿!

 

 

 

ランプの宿、といえば

知る人ぞ知るお宿。

 

その名の通り、旅館の全明かりはランプのみ。

電力は従業員用の最低電のものだけ

それどころか電波もない!アンテナ

 

 

実は、福井の珠洲にあるランプの宿に行ったことあるんだ。

 

でもそこは…結構時代に負けてたんだよね(笑)

この青森のランプの宿は時代に徹底して闘ってる。

いいわねはーと。

 

 

 

 

 

 

旅館の中はランプのあかりと窓からの光だけ。

薄暗くって、ガスのようなにおいが充満してる。

 

歩くたびにミシミシいう床が、またなんとも味があるのよね。

 

こうやって中を歩いていると

今が昼なのか夜なのかわかんなくなっちゃうよ。

 

 

それはさておき!

 

 


まずは温泉でしょ💛

 

 

 

 

 

 

◆アルカリ性単純温泉

 

クセさのないさらりとしたお湯は、全浴槽源泉かけながし!

源泉温度は42℃ってことで、すこし肌寒いこの時期は長湯してものぼせない。

お湯が冷まされてる過程が目で見えるのもGOODよね。

 

そして。

この旅館にはシャワーがない!

 

 

ど こ に も な い !∑(゚Д゚)

 

 

昔はシャワーなんてなかった!ということなのでしょう。

せっせと上がり湯スペースからお湯をすくいながら

一生懸命体を流します。

 

水のはいった桶は、片手では重いんだ…!><

 

プルプルしながらお湯をかぶるまぁゅん氏。

昔の人は大変だ…(@_@)

 

 

 

 

 

 

内湯・離れ2つ・混浴と4つの温泉があって

板張りだったり岩風呂だったり、滝が見えたり小川が見えたり…それぞれ趣が違ってる。

そして、一見地味な内湯は、昔の共同浴場風に掘りごたつ的な感じになってる温泉まぁく

 

凝ってるなぁ…。

 

 

でも、こんなにあると

一泊で全部まわるには計画的にいかないといけない。

 

とりあえず、夜は中庭の温泉を巡ろうかな?

 

 

 

とか考えてるうちに。

 

 

 

あっという間に夕食の時間になりますた食事

 

 

 

 

 

 

今夜は一杯だけ。

オリジナルラベルの地酒とともに。

 

 

 

 

 

 

いただきまぁす(^O^)♪

 

 

 

青森の料理はよく知らないんだけど

近くでとれる川魚とか、山菜とか

なんだか、おばあちゃんちの料理みたいで懐かしい感じ…。

 

 

大阪もおいしいものはたくさんあるし、料理うまいと思うんだけど

こういう場所はさ。

 

素材の味だけで十分で

全体的に優しくて素朴な味なんだよね。

「おいしい」って言葉も必要ないくらいに、ホッとする。

 

この土地の人たちの心を表す、そんなお食事だと思うはな

 

 

 

 

この旅館には、時計が少ない時計

 

 

 

時間の流れからも切り離されたような感覚を楽しみながら

 

静かな夜は続く月のおじ

 

 

 

 

 

【後編へつづく】

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、こんなことがあった。

 

 

林檎りんご「つがる」の試食をするまぁゅん氏。

うまいうまいと食べてたら、青森出身の人が渋い顔で

 

 

「こんなまずい津軽初めて食べた・・・」

 

 

え、おいしいけど・・・f^^

 

 

 

なんか悔しいから

青森に向かった。

 

向かった先は・・・

 

 

 

 

 

 

青森りんご資料館!

 

 

 

ここでは、これまでの林檎の歴史や

林檎にまつわる豆知識、逸話、病気や害虫の紹介

そして、これまで開発された林檎が展示されている。

 

ふじ、つがる、ジョナゴールドくらいしか知らなかったんだけど

こんなにたくさんあるなんて知らなかった…。

 

 

 

 

 

 

こーんな白い林檎や、奥の黄色い林檎・・・

 

 

 

 

 

 

こんな黒っぽい林檎まで。

 

そんで、ドイツとかアメリカとか

世界中で林檎って作られて研究されてるんだね~。

なんか普段食べてる林檎が急にいとおしくなってきたよ!ハート

 

 

さらには

 

 

 

 

 

 

こんなお酒まであるらしい!キラキラ

どうやって入れたんだろ?

 

…でも、こんなに林檎が瓶を占めていたら、お酒の量はかなり少ないな(笑)

 

 

 

今まで考えたこともなかったんだけどさ。

 

林檎ってのは、中国語なんだってさ。

檎ってのが鳥の事で、実もとめて林に鳥が集まってくることから

「林檎」って名前が付いたんだってひよこ

 

中国と言えば、まったく英語が通じない場所だけど

これで中国で餓死はしなくなったね!笑

 

 

 

この日はなんと、林檎の食べ比べやってた!

 

 

いろんな種類の林檎がどんだけ味が違うのか

しっかりと確認してやろうじゃないですか♪

 

そんでもって、わたしも都会人たちに

 

「林檎っていろいろあるんですよ」ドヤァ…

 

ってやるんだから!(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

奥にあるのは、海外のりんご(育ては青森)

手前側は、青森発祥のりんご。

 

 

シャクシャク…

 

 

 

全 然 ち ゃ う や ん ヽ(*'0'*)ツ

 

 

 

酸味と甘みがいいバランスの「りんごジャズ」

酸味を抑えて、ジュースみたいな甘さの「りんごきおう」

後からふわりとフルーティーな香りが漂う「りんごソニヤ」

すっきりと後が短い「りんご恋空」…

 

日常的に林檎を食べることがない私でもわかる、明確な味の違い。

味だけじゃなくて、香りや味の残り方も違うんだね。

差がわかりやすいもの出してるんだろうけど

こんなに違うもんだとは思わなかった!キラキラ

 

 

全種類比べてみたら、やっぱり同じ味のものは1つもないのかな?

だんだんよくわかんなくなりそうだけどね(*゚ー゚)ゞ

 

 

ちなみに。

 

今日食べた「つがる」と比較したら

数日前に食べた「つがる」ちゃんは、確かに味はかなり落ちてた(笑)

 

 

さあ!

 

 

 

私に林檎の話題を振るがいい!!

 

 

 

 

 

この帰り道。

 

 

 

 

 

 

この会場からほどなく。

 

こんなのどかな田園風景に

「それ」は唐突に表れた。

 

 

 

 

 

 

100円温泉!!(*^o^*)

 

 

 

ジュースよりも安い入湯料。

完全にプレハブ小屋。

さらにまさかの貯金箱方式で無人どころか受付もない。

 

 

いいねぇ~~!この秘湯感♥

 

 

 

■アルカリ性単純温泉

 

の中でも、ちょっぴり珍しいモール泉と呼ばれている温泉。

大昔に枯れた植物等が分解されて土に溶け込んで

温泉として、現代によみがえってるってわけです♪

 

色はコーヒーみたいな黒褐色。

源泉かけ流しのヌルスベ温泉。

 

そしてニオイは…油というかタールというか。

 

 

 

中にはシャワーが二つあるんだけど

なんと!

 

 

両 方 故 障 中 (笑)

 

 

みんな浴槽の近くに座ってると思ったら、そういうことか…。

私もその仲間になって、浴槽のお湯をすくって体を洗う。

 

 

なんとか体をあらって浴槽につかってると

おばあちゃんが話しかけてきた。

 

 

「#$%&☆$%?」

 

 

 

全然わっかんね…!∑(゚Д゚)

 

 

 

 

青森。

いろんな意味で恐るべし。

 

 

さっぱりしてちょっと油くさくなった所で

今日のお宿に向かいます…。

 

 

 

 

 

【中編へつづく】

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「このブログの写真、らしくないよねー(笑)」

 

 

そういわれたのは、いつだったかしら。

 

 

 

ご存じのとおり、私は毎回このブログのデザインを自分でやってる。

 

目標は

「毎年模様替え!」

なんだけど、実際はそんな簡単にはいかないのが現状です。

 

 

大変なんだよ…汗

 

 

なんかやんやで、前回デザインを変えたのは2013年。

あれからもう3年もたってるなんて信じらんない!

 

そりゃ、3年たてば人間もかわるよ!

 

 

ということで。

 

 

今回は「らしさ」というところに非常に重点を置いて・・・

 

 

 

 

 

 

こんな感じで作ってみたよ!!!キラキラ

 

 

ちなみに前回は

 

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

写真も雰囲気あって気に入ってたんだけど、まあ、確かに・・・

私がこんなキャラかといえば、こんなキ​ャラではない(*゚ー゚)ゞ

 

ニューバージョンもかなりお気に入りです(*--*)

 

 

 

そして今回!

最も大きく変わったのが、これ。

 

 

 

 

 

 

twitter連携させたよ♥

 

 

 

はたしてどれほどの需要があるのか。

そんなことは関係ない!

 

 

需要がないのなら

無理やり見せようホトトギス(字余り) 

 

 

これよ(真顔)

断じて週一という少ない更新の補完のためではない!ため息

 

 

 

 

ちなみに。

 

 

今回のデザインで最もこだわったのは

 

 

余 白 である。

 

 

そう、白いとこ。

行間から文字の位置、画像の位置とか

ちまちまミリ単位で修正してさ。

これがもう、とんでもない時間がかかってるの!!!

 

適当に作ったら早いんだけど

こーゆーのを自分好みに調整するのが、デザインの醍醐味なんだよね♪

ぜひ、そこらへんも注目してご覧ください♥

 

 

 

 

最近はブログの時代じゃないのかもしれないけど

 

頑張って更新するから

熱いご声援をよろしくお願いします土下座

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。