社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!


テーマ:

私は、野球やバイクやと

最近やたらとアウトドア派だと思われがちだけれど。

 

実は、音楽や美術といった芸術にも

結構理解がある人間だったりするのです。

 

 

 

 

 

 

 

兵庫と徳島をつなぐ鳴門海峡を渡って。

 

その麓には、ある美術館がある。

 

 

 

大塚国際美術館

 

 

 

この美術館、ただの美術館じゃない。

 

知ってる人もいるかしら。

特殊技術によって、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものを展示している

複製画の美術館なのだ!!

 

 

なんぼでも複製できるってことで

絵画は、触ってよし撮ってよしとなんでもあり。

 

でも、やっぱり複製品だし、大したもんじゃないでしょ(笑)

 

 

 

 

 

 

かーるい気持ちで入場。

 

ひとまず順路どおりに、正面のホールに入ってみた。

 

 

 

 

 

 

( ゚д゚)ポカーン

 

 

 

 

 

 

な、なんて圧倒的なんだ…。

 

これが、絵の力…。

 

 

これはシスティーナ礼拝堂の天井画なんだけれど

まさしく、「圧倒」される。

 

私は宗教家なわけではないのに

神の絶対的な聖の力と意志を感じる。

 

 

「この絵はわれわれの芸術を照らす光である。

 この絵は闇の中にあったこの世界を照らす光となった」

 

かつて、この絵(真作)をみた美術史家のヴァザーリはこう残したらしいけど

ほんとに、闇を許さないような光を感じるんだ。

 

 

美術の歴史は、宗教とともに発展してきたという。

その理由がわかった。

 

 

 

 

 

 

なかでも、キリストに関する展示は特に多い。

どれも教科書とかで見たことあるようなものばかり。


人間のすべての罪を背負って死んだとされているけれど

この絵をみていると、人間の"罪"への懺悔のような

そんな印象。

 

キリスト教徒にとって、キリスト磔刑というのはどういうものなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

とりわけ有名な「受胎告知」

 

私の身長の倍ほどもあって

それはそれは力強い絵なんだけれど

このコーナーはテーマ展示になっているんだ。

同じ「受胎告知」のシーンを、いろんな人がいろんな解釈で描いたものが並んでいる。

 

たとえば、天使がマリアに「あなたです」と優しく告げているものや

マリアが驚いているもの、落ち着いた表情をしているもの

そして上に掲載したティントレットの受胎告知は

 

 

「神の子を産むのはお前だ」

 

 

と、決定事項を冷徹に伝える、そんな風に見える。

 

いろいろと細かく解説が書いてあるんだけれど

私の感性と知識で理解できるのは、ここらへんが限界だ…(笑)

 

 

 

 

 

 

かの有名な

ダヴィンチの「最後の晩餐」

 

この部屋には、南北で修復前と修復後の絵が展示されていた。

 

 

上が修復前。

そして下が

 

 

 

 

 

 

修復後。

 

ずいぶん、輪郭がぼんやりしちゃった気がするんだけど…

 

白鷺城こと姫路城も、最初は漂白したみたいに白かったらしいし

最初はこういう感じだったのかもしれないね。

 

でも私は、修復前のほうが好きだなぁ…。

ホンモノは、もうちょっと違うのかしら。

 

 

ちなみに私は

 

 

 

 

この最後の晩餐がお気に入り♪

 

「血と肉」のだと言われたパンでもワインでもなければ

みんなで真顔でこたつに入っているようなシュールさがいい♥

 

たぶん、ピラミッド状に折り重なって入ってると思うw

 

 

 

この展示場の近くには、喫茶店がある。

 

ここには「最後の晩餐ランチ」なるものがあったから

さっそくそれを頼んでみることに!

 

晩餐なのにランチとは、これいかに。

 

 

 

 

 

 

お?

 

 

 

 

 

 

 

全 然 ち が わ ね ? ( °д°)

 

 

 

いや、ほんとにパンとワインしか来なかったら

それはそれで困るんだけどさ。

肉の代わりのパンなのに、肉料理だしちゃってるじゃない!笑

 

 

ただ瀬戸内の素材をふんだんに使った料理は

かなりウマかった(笑)

 

 

 

 

結局。

 

 

この美術館の中に5時間くらいいたんだけど

半分もまわりきれずに帰ることになってしまった。

 

まだ現代美術までたどり着いてないんだけど…。

 

 

また、続きを見に来ないといけないな。

 

 

 

一度だけ、ゴッホの自画像のホンモノを見たことがあるけれど

たった一枚の絵に、鬼気迫るほどの力を感じた。

 

ここの美術館のものは、複製品だから

言っても、ホンモノにくらべたら魅力は落ちる。

繊細な筆のディテールとか、立体感とか、そういったものを完全に再現することはできない。

 

でも

それでも、これほどまでに絵の力を感じるんだから

きっと、本物は息をのむほどなんだと思う。

 

 

 

人生を変えるほどの、絵。

 

 

それを人は、名画と呼ぶのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日常」 の記事

テーマ:
これまでのあらすじ

度胸試しも兼ねて、徳島・祖谷に来たまぁゅん氏。

落ち武者の気持ちも理解したところで、続いては…

 

 

 

 

 

 

この青の渓谷にある温泉は

当然、お湯も青いに違いない!!

 

 

というわけで、やってきたのは

 

 

 

 

 

 

「祖谷渓温泉 秘境の湯」!

 

 

 

なーんか調べたのと若干違うような気がするけれど

行ってみましょう♪

 

 

 

 

画像は公式サイトから。

 

 

 

◆炭酸水素塩泉

 

フッ素、メタホウ酸などを含んだ炭酸水素塩泉。

炭酸水素塩泉は、クレンジング効果がある。

お湯は、加水はないけど循環・消毒・加温あり。

 

お湯の色は、祖谷川とおんなじブルー。

内湯はプールみたいに広い。

 

 

なんだけど…。

 

 

 

お湯の鮮度はあんまり…汗

 

 

 

どれくらいの頻度でお湯を入れ替えてるのかなぁ…。

 

せっかくいいお湯なんだから

こんなお湯の使い方しなくてもいいのにな。

 

 

なんかあんまりお湯に入る気になれなくて

サウナの方に移動することに。

 

 


…ぬるい…(´・ω・`)

 

 

本来行こうとしていたところとは

かなり違ったご様子。

これ、手痛いミスだよなぁ…。

 

 

 

 

温泉からあがって

時間は、まだ夕方。

 

 

ちょっと思い付きで向かったのは。

 

 

 

 

 

 

バッティングセンター(笑)

 

 

 

わざわざ徳島まできてバッセンいくなよ、という感じだけどw

わざわざ徳島でバッセンに行くのがいいんですよ💛

 

 

ちなみに私は、右投げ右打ち。

 

バッティングセンターには何度も行ったことあるけれど

実際に打つのは、実はこの日が初めて!

 

打ったことはないけど

バッティングフォームは穴が開くほど見てるからな。

 

打席に立つと

私を熱くさせてくれた選手たちのフォームが脳裏によみがえる。

 

 

しかと見よ!

 

 

これが私の全身全霊の!

 

 

 

 

 

内野ゴロだ!!!(泣)

 

 

 

 

 

後ほど、バッティングフォームを動画で確認したら

泳ぎまくっててワロタw

 

 

結局、この日の最高記録はショートフライ野球ボール

打率は。はじめてにしては悪くないと思うけど、センター前ヒットくらいは打てるようになりたいなぁ…。

 

 

 

この後、一応ストラックアウトもやってみたんだけど

私は投手には向いてないことがわかったw

 

 

 

 

そんなわけで、私の徳島オフは終わった。

 

 

その後、大阪でも

夜な夜なバッティングセンターで練習してるのは、また別の話…。

 

 

 

いいスイングができるようになったら

動画でもあげようかな(笑)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっとしたスリルは

毎日を頑張るスパイスになる。

 

 

―というのが、私の持論である。

 

 

 

 

 

 

 

徳島・ 祖谷    いや

 

 

ここには「かずら橋」といって

日本三奇橋のひとつといわれている、つり橋がある。

 

約800年前、源平の戦いに敗れた平家一族が

剣山・平家の馬場での訓練に通うために架設されたと言われている。

 

 

なんでも、そのつり橋が超スリル満点!ということで

度胸試しにやってきてみたのじゃはーと 

 

 

 

でもお楽しみの前に、まずは腹ごしらえ!キラキラ

 

祖谷はそばが特産品ってことで、上記の写真。

かずら橋からほど近くの、祖谷そば屋さんに来てみたのであります。

 

 

 

 

 

 

祖谷そばってのは、つなぎを使わないで麺が短いのが特徴。

そして、麺がなんか平たい。

 

 

 

 

 

 

うまいな(*´ω`*)はーと 

 

 

甘めで薄味のだしと

すこしざらついた舌触りのそば。

 

このそば、噛むとそばの香りがしてすごくおいしいぞ…!ピカチュウ

 

あんまりそばをすするのが好きじゃない私のは

この麺のみじかさは大変ありがたい(笑)

 

 

 

さて、腹いっぱいになったところで!

 

 

 

 

 

 

 

かずら橋に到着っす!

 

 

 

近年のつり橋って

安全のためにネットしてあるとか

全然揺れないようになってるとか

そういう補強がしてあるのが多いんだけどさ。

 

このかずら橋

 

 

 

 

 

 

思いっきり危ない感じに仕上がってる!

 

平家一族が追っ手から逃れるために、いつでも切り離せるようにと

シラクチカズラという植物で造ったといわれているんだとか。

 

 

いいねぇ~~~(*´ω`*)はーと 

オラわくわくしてきたぞ!

 

 

私は、スリルには負けない!!

 

 

 

GO!!ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

 

 

 

 

腰 の 引 け る ま ぁ ゅ ん 氏 (笑)

 

 

 

いや、これマジこえーよ…!冷や汗

 

 

 

 

 

 

踏むところよりも、隙間の方が多いじゃない!

 

 

足滑らせたら死ぬやつ!!><

 

 

 

でも不思議なもんで

数分橋の上にいると慣れてきて

普通に歩けるようになってきた(笑)

 

適応力に定評のある、まぁゅんですグー

 

 

 

 

実は、この橋の下に流れてる川が

ブルーですごい綺麗なんだ。

 

河岸まで降りれるみたいだから、近くまでいってみることに。

 

 

 

 

 

 

マジ神秘的…!!!キラキラキラキラ

 

 

 

この青さは、硫黄なのか、それともメタケイ酸なのか?

 

近くで見ても

 

 

 

 

 

 

この青さ。

 

触るのもためらうくらい。

まるで宝石みたいな川。

 

そして

 

 

 

 

 

 

わかるかな。

岩もちょっぴり青いんだよね。

なんというか…大理石みたいな色。

 

多いときは、この岩が隠れるくらい水が増えるのか

それとも、あの岩の青さが水に影響してるのか。

 

 

 

 

 

 

この岩の形も、特徴的。

 

結晶片岩が水蝕されてできた溪谷なんだそうで

「日本三大秘境」の一つといわれるのも納得きゅん

 

あんまり地質的なものはよくわからないんだけどさ。

 

 

 

 

 

 

琵琶の滝。

 

滝の形が琵琶に似てる…とかではなく。

平家の落ち武者たちが、ここで琵琶を弾いて慰めあったという逸話が名前の由来なんだとか。

 

 

 

この祖谷の郷はさ。

 

いたるところに、戦を捨てて逃げ延び

生きたいと願った平家一族の逸話がある。

 

 

だからなのかな。

 

この静かで美しい風景に

なんだか哀しさを感じるのは。

 

 

 

 

心に鈴が鳴ったような。

 

そんな感覚を覚えながら、この川を後にした。

 

 

 

 

 

後編につづく

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

雄大な自然美と

忘れかけた懐かしさを楽しめる郷

 

 

ぬるべの郷  曽爾 そに ――

 

 

 

 

 

 

  曽爾高原  そにこうげん

 

 

知る人ぞ知る、奈良のススキの群生地。

 

曽爾村は「日本で最も美しい村」を宣言していて

近隣には天然記念物の屏風岩や

火山の火口では?と言われているお亀池がある。

 

 

秋には、金色に光るススキを一目見ようと多くの人が訪れるのだけれど

シーズンオフの冬は、忘れ去られたように静かになる。

その時を狙ってきてみたのだ。

 

ググった時は、全盛期はものすごい客数だと書いてあって

それはやばいと朝イチで出てきたわけだけど…

 

 

 

誰もいないな…(笑)

 

 

 

この広い高原を、ほぼ貸切状態ですはーと 

 

 

 

 

 

 

 

スリバチ状になっているこの高原

こんなに広いのに、ものすごく声が響く。

 

風の音さえ響いてるもんな…SAYU ハーブ

 

 

 

ここで馬にでも乗ったら

完全に大河ドラマの世界だよね。

 

そういえば、馬っていうのは、法律上は自転車とおんなじ扱いらしいね?

馬通勤して、駐輪場にとめといたらかわいいしエコでいいよね。

 

 

なんて話しながら歩いていたら

遠くの方から、キッズたちの声が聞こえた。

 

でも、見える範囲にはいない。

 

 

きょろきょろして探してみたら

 

 

 

高原の上の方にファミリーが!!!

 

 

 

あんなとこの会話が鮮明に聞こえるなんて…。

どうなってるんだ、この場所は。

 

…私のバカ話も聞かれてるんだろうか…(笑)

 

 

 

 

 

 

高原の中にある、お亀池

 

 

池といえば、普通は川とつながっているモノだと思うんだけど

このお亀池は、池だけが単独で存在しているように見える。

池というよりも、なんだか湿原みたい。

 

一説では、火山の火口ではないか?と言われているらしい。

周囲に噴火による火山灰の堆積がはっきりしないことから、地質的には特殊な侵食だというのが定説なんだって。

この水は、雨水と山からのわずかな伏流水で蓄えられてる

「平成の名水百選」にも選ばれた「曽爾高原湧水群」の源。

 

この時期は、芒の中にひっそりとある池だけれど

6月ごろには白い花が咲いて、また違う表情を見せる。

 

 

夏に、まだ緑色の芒の草原を歩くのも

それはそれで素敵だろうなぁ…!キラキラキラキラ

 

 

 

実はこの高原は

関西屈指のハイキングコースとして親しまれている。

 

目の前の道は、高原から山のほうにのびている。

 

 

 

…いくしかないよね(`・ω・´)火

 

 

 

ということで、延々階段を上がるハイキングが幕を開けた。

 

 

 

 

 

ヒーヒー言いながら登って

ふっと、後ろを見ると。

 

 

そこには、下にいた時とは全然違う景色。

 

 

 

 

 

 

奥に見えるのは、天然記念物の屏風岩

そのふもとに広がってるのは、忍者の里の伊賀かな?

 

ここまで上がってきて気が付いたんだけれど

芒の品種もちょっと変わってるんだよね。

下にあった芒よりも、明確に細くなってる。

 

 

そして、足元には。

 

 

 

 

 

 

雪の結晶

 

雪と芒か…。

もっと寒い時の雨上がりに来たら

芒についた水滴が凍って、樹氷みたいに見えたりしないかな?

 

秋の風物詩と冬の風物詩の融合。

 

 

自然って、美しいなぁ…手描きふう双葉

 

 

 

 

 

 

810m地点、亀山峠!

 

 

外はかなり冷えてるんだけど

歩いてるとあつくって、ストールもカーディガンも着てられない><

中に着てる極暖ヒートテックがいい仕事してるぜ…。

 

冬に、汗だくで峠を登る。

 

 

これが最高に気持ちがいいんだよな!(≧∇≦)

 

 

登山が趣味というほどではないんだけど

趣味にしてる人の気持ちは、ほんとによくわかる。

 

 

 

空でも飛べそうだ、なんて思いながら景色を眺めていたら

空を薙ぐ、白い鳥のようなものが視界を横切った。

 

 

とり?

否…

 

 

 

紙飛行機…!?

 

 

 

その正体を探してみたら

それは紙飛行機なんだけど、リモコンで操作できるモノらしい。

 

峠から、ひたすら一人で紙飛行機を操縦する人。

最高の現実逃避だろうなぁ…。

心は、きっとあの飛行機に乗っているに違いない。

 

こんな天気のいい日だもんねmomo*

 

 

 

じつはこの亀山峠からは

亀山の山頂(849m)に行く道と

二本ボソ峠(996m)に行く道の分岐になっている。

 

 

亀山のほうは、日陰になる場所なのかな。

雪の積もっている岩場になっていて、みんなスパイク的なものをはいて登ってるみたい。

 

二本ボソ峠のほうは、同じ岩場上りだけど、日向のようで雪もつもってない。

 

 

いくら無茶苦茶な私でも、命は惜しい。

 

 

二本ボソのほうに行こう。

 

ということで、さらに20分ほど登る…。

 

 

 

それにしても、この道。

 

一応岩場を歩けるようにはなってるんだけど

歩けるとこなんて30cmくらいの幅しかないし

風が逆に吹いてきたら落ちるんじゃないかって感じ。

 

結構スリルあるよな…。

 

歩いてると足ブルってくるもん。

 

 

勾配も亀山峠までの道中よりもキツいし

一気に体力持って行かれるぜい…冷や汗

 

 

 

 

 

 

 

996m地点、二本ボソ到達!!!

 

 

 

なんという達成感!

なんという気持ちよさなんだ…!!!きゅんキラキラ

 

 

スキーだったら完全に上級者コース。

55°くらい勾配あるんじゃないかな…。

 

でも、ここから見える景色は

 

 

 

 

 

 

何 物 に も 代 え が た い 。

 

 

 

さっきいたばっかりの亀山峠が写真左端に写ってるけど

今まで苦労して歩いてきたところが、全部眼下に広がってる。

 

 

言葉が出ないよね。

 

海のような空に

海のような草原。

 

 

何分眺めていても見飽きない。

 

 

 

あー、こんなことならオニギリでも持ってきたらよかったな。

この景色をおかずに食べる昼飯ほどおいしい物なんてないだろうに!きゅん

 

とりあえず持ってるトクホ茶をのみながら

しばらくの間、変わらない景色を楽しんでした。

 

 

 

目をつぶったら

 

いつのまにか下に降りていたらしい、キッズたちの声が聞こえた。

 

 

 

 

 

関西は、狭い。

 

だからこそ、簡単にどこにでも行ける。

 

 

 

あるんだよ。

 

ちょっとだけ足をのばせば

そこには、美しい自然が。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

まぁゅん氏はお正月は千葉の祖父母の家に来ております。

 

 

 

おばあちゃんち、というのは

家にいると延々にご飯やらお菓子やら出てくるもので。

 

肥えたくなければ、外に出ていなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

家族で近くの小さな神社に初詣に行って。

 

今年のご利益をお願いして

家でゆっくりする間もなく、出かけた先は…

 

 

 

 

 

 

濃溝の滝!!!

 

 

 

 

…て、何?(笑)

 

 

 

なんでも、千葉県にある隠れた秘境とかいわれているらしい。

 

ジブリの滝、という二つ名があるみたいで

ネットで調べたら

 

 

 

 

 

このようなものなんだそう!!

 

 

ワクワクしながら滝まで歩きながら

つらつらと連なってる観光客たちを見て思う。

 

 

 

人、多いな…(笑)

 

 

 

今はもう秘境ではなく、千葉の観光名所として君臨しているご様子。

 

静かなジブリの世界、というのは、今日は見ることはできなそう。

元旦から、みんなご苦労なことで…。

 

 

 

ということで、歩いて451歩。

 

 

まず到着したのは

 

 

 

 

 

これは「」溝。

何が違うのかというと

このミニ滝は、農業用に人工的に作られたものなんだって。

 

上から見てるから良くはわからないんだけれど

流れてる川に人工的に滝をつくるって、とんでもないことだよね…。

 

 

このすぐ隣には「伝説の滝」とか言われてるものがあったんだんだけど

その滝は枯れてた。

 

あ、そういう伝説か…(察し)

 

 

 

すこし移動すると、河岸まで降りられるところがあった。

 

こっちは、正真正銘の「」溝の滝!

 

 

 

 

綺麗!

だけど。

 

 

なんか、写真と全然違くね?(焦)

 

 

理想↓

 

 

 

現実↓

 

 

 

 

どうやら、向こうからさしている陽の正体は、朝日らしい。

 

 

ということは、日の出前から待機してないと

 

 

これは見られないということなのか…。

いい景色を見るためには、それなりの努力をしないといけないということなのね^^;

 

太らないために外に出てきたようなライト勢には

見る資格はないということのようです。

 

 

 

そして、襲いかかる

 

 

 

 

 

 

さ ら な る 現 実 。

 

 

 

有名になったからこそ、この場所を知れたんだけど。

 

でも、有名になるってのは

こういうことなんだよね…。

 

秘境は秘境のままでいてほしい、と思うのは

私のわがままなのかしら。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、夏はこの場所でホタルが見られるらしい。

 

夏、夜蛍を見て

そのままここに宿泊して

朝方、日の出前にここで待機する。

 

 

それが、ここの黄金ルートなのかしら。

 

 

 

 

こんだけ書いといてアレなんだけど

実は、ここが本命だったのではない。

 

 

私の本命は

 

 

 

 

 

 

濃溝温泉「千寿の湯」♥

 

 

 

観光名所のま隣にある、なぜか穴場の温泉。

 

この看板にもあるとおり

循環消毒なしの、源泉100%温泉ですよ!

 

 

微硫化水素臭の重炭酸ソーダ泉って

どんななんだろう…(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

それにしても

元旦からさっそく営業してるって、素晴らしい。

 

すばらしい温泉こそ、元旦は営業してほしいよね!

 

 

湯気でみたされた浴室は

いわゆる硫黄臭がまろやかに漂っていて

すごく心地いい。

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

貸切じゃん!!!!

 

 

 

外はあんなに人がいるのに

こんなにいい温泉をスルーするなんて、なんてもったいない…

 

 

 

◆重炭酸ソーダ泉(単純温泉)

 

ちょっぴり黄色の濁り湯に、ほんのり硫黄臭。

なんと、掘ったんではなく自噴の温泉なんだって!

 

泉温は15℃ってことで加温はしているんだけど

加温なしのものは水道からくむことができるよ。

重炭酸ソーダ泉だというけれど、本当にソーダみたいにシュワシュワしてるわけではないんだよね。

 

こっそりメタケイ酸56.5mg含有。

クレンジングもしながら、保湿もできる!

みたいな、そんなかんじかな。

 

 

湧き出たお湯は

 

 

 

 

 

 

こんな感じで湯船に注がれてる。

 

なんかコップが置いてあったから、借りて飲んでみる。

 

 

 

ヒノキの香りと、硫黄的な味。

 

あ~~~、これぞ温泉の味だ…!!!(*^o^*)

 

気分は、ヒノキの枡でお酒を飲んでる気分です。

 

 

 

しばらくのんびりしてたら

またたくまに人がたくさん来て

 

やっぱり、知ってる人には人気の温泉なんだなぁと

認識を改める私なのでした。

 

 

 

しかし、最近は

身体がいい温泉を知ってきたのか

お湯が古かったり消毒のきつい温泉は、入っていられなくなってきた(笑)

 

知ってしまうが故の不幸

というのは、こういう感じなんだろうか…(;^_^A

 

 

そして

こういう素晴らしい温泉は

 

何分でも入っていられるのです(*^^*)♥

 

 

 

 

今年も、いい温泉でスタートできたし。

 

2017はどんな温泉にであえるか

期待に胸が膨らみます。

 

 

まだ見ぬ温泉たちよ。

 

 

 

待っていろよ!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。