社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!


テーマ:
夏の高校野球 群馬大会

準決勝






最後は7/26.27と連戦になる。

ここでいかに主力投手を温存できるか
どんな勝ち方をするか
それが、27の決勝に響いてくる重要な一戦。


私も






ガチ応援モードですよ!!!(๑•̀ㅂ•́)و✧



秋や春の大会は、応援じゃなくて観戦に行くこと多いから
スコアかきながら静かにネット裏で見てたりすることもあるんだけど。

夏は、負けたら終わり。


呑気に見てる場合じゃない!!(*`・ω・´)



甲子園に通っていろんな試合を見てると、応援のチカラの凄さを感じることがある。
だからヒーローは甲子園で強いんだ。
にわかファンが全員味方になって応援してくれるからね。

9回裏から5点以上逆転する試合ってのは
だいたい、必死の応援がマモノを呼び起こした時なんだよな!
選手の実力だけじゃない、神がかり的なものが降臨することがホントにあるんだよ。 


応援団は10人目の選手だ。
だから私は、応援にこだわる。


わかってるよ。
大人達には、恥ずかしいとかしがらみとか
いろいろあるよな。

プレーしないわけだし
応援が起こす奇跡を見たことがなかったら
試合を作ることができるなんて、とても信じられないよね。


だから、何のしがらみもない私が。

選手の親達に変わって
本当の本気の応援をしてやるよ!!!



そのために、大阪から来たんだから(๑•̀ㅂ•́)و✧







試合はすぐに動き出した。

盗塁の機動破壊、というイメージだった健大高崎は
この夏は小技を駆使して、さらなる恐ろしいチームに成長した。


最初の1点は、ダブルスチールから。
2点目は、偽装スクイズからのタイムリーエラー
3点目は、スクイズ


いつのまにそんな技を身につけたんだ…!
練習試合でそんなこといっこもやってなかったじゃん!!Σ(●д●)

健大打線に火がついたあたりで
私にも火がついた。



応援はね!
攻めの時は、3秒黙ったら放送事故なんだよ!!!
 

曲の切れ目や静かになったら黄色い声で選手呼んだりなんか言ったり
チャンステーマになればキッズとスタンド飛び回り
点とったら周囲の人にハイタッチしてまわったり

応援してる選手にまで笑われるほどの大騒ぎ💥笑



もうね、どれだけ疲れても
どんだけ笑われてもな!

スタンドが温まって選手の背中を押せるなら
なんぼでもやってやるよ!!!!\(^^)/


ノれ!!ノりまくれ!!!!!

うおおおおおおおおおーーーーー!!!!!!



そして






思いっきりテレビに抜かれるまぁゅん氏(笑)



すみません、OBではないんです…
ただの外部ファンなんです…f^^*)


…いや、ただのファンではないか。



アツいファンなんです(*^。^*)←




なんやかんやで
投手はここ一番の投球をしてくれたし
ニューレコード男まで誕生して


健大高崎
  030 410 0 = 8
  000 001 0 = 1
東農大二






7回コールド
危なげなく勝利することが出来た!


やったーーーー!!!!!\(^^)/




その、試合後。




  

今回対戦した東農大二高から、鶴を渡された。


こんなにあるのは。

いままで倒してきた全ての学校の願いだから。



これが、夏。



今まで受け取った鶴の全ては
ちゃんスタンドに持ってきて、一緒に戦ってる。  


受け取った全ての想いとともに
明日、甲子園への切符を掴もう。


厳しい戦いになるのは間違いないけど
だいじょうぶ(*•̀ᴗ•́*)b


  

とりあえず私が明日使うユニフォームは…

神様に見せておこう。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「やきう」 の記事

テーマ:

また。
 
 




来ちゃった♥



高校野球
夏の大会も、いよいよ大詰め。
全国の19の県は、既に代表が決まってきてる。
 
私が熱をあげてる群馬は

7/26 準決勝
7/27 決勝


今年は野球の神様が、私にこのチームを見せたいらしい。

毎年来れなかったんだけど、今年はなぜか来れて。
群馬に滞在しております\(^^)/


群馬で、丸1日ひま。

草津でも行くか!となりたいものなのに
なんでまた健大に来ちゃうんだろ…しかも練習日に(笑)


もう来たくないのに!
来ちゃう!!(><)



さて、大会期間最後の練習日です✨






このチームを最初に見た時は、2016の夏の大会負けたばっかりでさ。

なんかみんなぐったりしてて
チームも0から作らないといけない時で
全く覇気がなかったもんだけど(笑)


あれから、360日


適度に笑顔があって
適度にピリッとして
甲子園を目前に挑んでいる選手達。
 
ほんとに成長したなぁ…( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)✨



ただ勝ってほしい、機動破壊の秘策を見たいだけなら、試合だけ見てればいいんだけどさ。
私が見たいのはそうじゃなくって。


このチームの真実が見たいのよ。


最初に健大高崎を見に群馬に来た時から、それだけは何一つ変わってない。

私が信じるこのチームを信じてきてくれた子が
如何にして過ごして、考え、育ち、戦い抜いていこうとするのか
それが知りたくって、毎度群馬の地に来ちゃうんだよな(*^。^*)


健大高崎さえ知らなければ、中古車買えたな…とか思う時もあるけど←






コーチたちと綿密に打ち合わせて、練習に打ち込む選手達。
まわりでサポートしてくれるベンチ外の選手達も、声だして盛り上げてくれる。

どんな鬼気迫る練習してるのかと思ったけど
私の方がよっぽど余裕ないくらいだった(笑)


適度にピリッとして
適度に笑顔がこぼれて

なんというか…いつも通りって感じ?(  ˙◊˙  )


なかでも、ついこないだ全治半年の怪我から復帰したキャプテンは
それはそれはニコニコ楽しそうに練習しててさ。
もう明るくなるのなんの🌼

このチームのエンジンはきっと彼なんだよね。
もっとこのチームでみんなと野球させてあげて欲しい!


 



本当は、打ち合わせでコーチたちが何言ってるのかも全部聞きたいくらい!

このチームが強いのは
大人と子供がそれぞれの役割をしっかり全うしているからだと思うんだよ。

野球経験がない私にとっては
この大人達の脳に触れるたびに 野球の面白さや奥深さを知って行くようで
なんかワクワクしてくるんだもん(*^。^*)


実際はついて行くわけにもいかないから
遠くから耳をすませて聞いてるんだけなんだけどね(笑)







今日の練習がおわって
みんな集まってるところに、監督参上。

いつもこんなふうに集まってたのか。


ここで、監督は何言うんだろう…?


私も少し離れたところから、見守る。


 
監督「部室とか少し散らかってたから、片付けとくように。整理整頓しっかり」



あーーー、健大らしいや(*^。^*)




明日の試合
きっと、悪くないものになる。 
そんな気がする!

みんなのびのびプレーしてくれそうな
そんな予感がするよ!!\(^^)/




準決勝の開幕は 

あと、数時間後。   






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都。

 
 
大阪市内から電車で30分。
 
そこは大阪府民にとっては
「ちょっと遊びに」感覚で行ける場所だ。
 
 
だけど京都の本当の魅力は
そんな中心地から少し離れたところにある、と私は思う。
 
たとえば、こんなとこ。
 
 
 
 
 
 
 
高雄に来たぞ( •̀ω•́ )
 
 
 
高雄といえば、紅葉の名所であり
日本仏教史上重要な「神護寺」があり
 
ガチの国宝木造薬師如来立像」「絹本著色釈迦如来像」が安置されてる
とてもありがたい場所。
 
 
…なんだけど
金閣寺とか清水寺が知名度高すぎて
観光客にはあんまり知られてない、穴場スポットだったりする。
 
事実、京都駅前は観光客でいっぱいだけど
高雄にはいると、風の音も聞こえるくらい静か。
 
冷えた風が肌にあたって気持ちがいい♪
高雄は、京都の避暑スポットでもあるのです。
 
 
 
 
 
 
神護寺まではしばらく階段が続く。
 
つ、つらい…💧
 
この、地味に広くて段の高い階段が
腿と腹筋にかなりクる…!!
いや、階段上りがしたくてここに来たのもあるんだけどさ!
 
歩いてたら、前から犬つれた人が降りてきた。
あ、こんにちは…。
 
 
……犬超疲れてる(笑)
 
 
犬も疲れるなら私が疲れるのもごく自然だよね!
サンキューイッヌ(๑•̀ᴗ-)✩
 
 
 
ヒーヒー言いながら上ること、約10分。
 
 
 
 
 
 
到着\(^^)/
 
 
神護寺です。
 
 
 
 
 
 
神護寺は、和気清麻呂が開基の高野山真言宗遺迹本山のお寺。
空海東寺高野山の経営に当たる前に一時住んでたこともある、かなりスゴイスポットなのです。
 
その昔は「神願寺」と「高雄山寺」という2つの寺だったのが
合体して、いまの神護寺になった。
 
 
重要文化財のバーゲンセール!
目に入るもの全てが文化財なのではという勢い。
 
今はオフシーズンで人がいないからって
国宝の像を手が触れられるような距離で見ることが出来て
しかも住職さんが懇切丁寧に説明してくれるよ!
やはり、寺はオフシーズンに限るね!
 
 
具体的には覚えてないんだけど
弘法大師が、ここから高野山に渡って寺を開き、さらに成田山にいって寺を開いた!
そんなかんじみたい(笑)
 
ダメだ、私の脳に歴史はぜんぜん入ってこない…(TдT)
 
 
 
この神護寺では、ちょっとした有名なものがある。
 
 
 
 
 
 
かわらけ投げ!!
 
 
「かわらけ」と呼ばれる丸い瓦的なものを
お願いをこめて、断崖絶壁から投げるのだ!!( •̀ω•́ )
 
 
余談だけど、私はお願いは必ず「良縁成就」である。
 
恋愛の出会いでもよし
仕事の出会いでもよし
その他の出会いでもよし!
様々なジャンルに臨機応変に対応!←
 
ピッチャーまぁゅん。
気迫は充分!
 

 

 

 
私の遠投20mの肩がうなる!
投げたかわらけは風に乗ってふわりと浮き上がる魔球になって
谷底へと消えていった!
 
二枚投げて、効果も2倍!
 
 
よしっ(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 
 
しかとお願いしたところで
場所を移動。
 
次に辿りついたのは
 
 
 
 
 
 
高山寺!
 
 
ここも、「京都の遺産」として世界遺産に登録されているスポットのひとつ。
なんとなんと、日本茶発祥の地ですよ!
 
静岡じゃないんです。
京都なんです、じつは。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんでこれが、日本初の茶畑。
 
 
……普通の茶畑…だな…(笑)
 
 
いやいや、お茶農家みたいな職業栽培じゃないからこそ
リアリティがあるのかもしれない!
今はわからないんだけど、昔は毎年天皇へ献茶もしてたらしいし。
このお茶は、その由緒正しいお茶の末裔なのかしら?
 
 
そんでこれが
 
 
 
 
 
 
お茶を作らせていた明恵上人がここに住んでた、のかな?

建物のお隣には
なにやらニコニコの銅像がある。






ほそ!華奢!

生で見ると、148cm35kg、って感じの体型で
すっごく華奢!

…絶対横に並ばんぞ、わたしわ( ゚д゚)クワッ




そんなこんなで。


ちょっぴり地味だけど、静かで美しい高雄の観光を終えた。


やっぱり京都は

飾らない姿が、いい(*^。^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

青森の三大祭り。

 
 
津軽のねぶた
 
弘前のねぷた
 
 
そして。
 
 
五所川原のたちねぷた。
 
 
 
 
 
 
 
「立佞武多の館」にきたよ!!!
 
 
 
あ、その前に青森に来たよ(^-^)
 
青森・五所川原は夏になると
「たちねぷた」と呼ばれる山車が町中を闊歩する祭りが行われる。
そして、その山車をいつでも見られるのが「立佞武多の館」なのです♪
 
絶対見た方がいいよ!!
とみんな口々にいうんだけど
そんなにいいのかしら?
そもそも立佞武多見たことないから、その良さがわかるかどうか…。
 
半信半疑のまま、とりあえず中に入ってみた。
 
 
 
 
 
 
 
……。ゴクリ
 
 
  
スゴイ、と小学生並の感想しか出てこない程の、その迫力!
1Fから4Fまで吹き抜けになっていて
そこに天まで届こうかというような立佞武多が、まさしく"そびえ立ってる"
 
下が細くて、上が大きいというバランス悪そうな感じが
より一層の威圧感を与えてくる。
 
そして何に驚くって
この立佞武多。
 
 
紙 で 出 来 て る ん だ よ …!
 
 
番傘と作りは同じ感じなのかな?
竹?で骨組みを組んだ上に和紙を貼って
その上に絵を描く、という手法でできてる。
 
しかもこれ、毎年作ってるというじゃないの!Σ(●д●)
 
この街の人たちの想いが、これでもかってほど伝わってくる。
 
 
 
見学順路は、いたって簡単。
 
4Fから1Fまで1本のスロープになっていて
展示されている立佞武多のまわりをぐるぐるまわりながら降りてくるシステム。
 
上からも下からも
前からも後ろからも立佞武多を堪能できるってわけだね!
 
 
早速、上に上がってみよう!
 
 
 
 
 
 
わたし、知らなかったんだけどさ。
 
立佞武多まつりって、戦後から平成に入るまで
ずーっとやってなかったんだって。
立佞武多を作る設計図が戦争でなくなってしまって、失われた伝統になってたんだ。
 
 
平成に入って
 
 
 
 
こんな設計図が見つかった。
 
 
最初は有志の人たちが
「設計図をもとに五所川原の立佞武多を現代に復活させよう!」
って立ち上がったのから始まって。
 
全てが手探りの状態で
お金が底をついたら募金を集めたりして
気持ちだけでなんとか作業を続けて。
 
いつしか関係者ではない多くの人が
その復活を夢見て。
 
 
失われてから80年の時をこえて
人々の意思で蘇った。
 
それが、この立佞武多なんだという。
 
 
 
 
 
 
「一夜限りの復活」だった、復活の立佞武多。
 
人々を大いにわかせた立佞武多は
その日の最後には火をつけ、炎を纏い昇天した。
 
 
苦しみながらも走り抜けた人たちは
その堂々たる雄姿を
五所川原の人たちの笑顔を
燃えてゆく最期を
どんな気持ちで見守っていたんだろう。
 
どんなに言葉を尽くしても足りない
万感の想いだったんだろうな…。
 
 
やばい、なんか涙出てきた…(笑)
 
 
熱い想いに触れると、最近すぐ込み上げてきちゃうのよねぇ……
困ったもんだ╮(•́ω•̀)╭
 
 
 
 
 
 
「一夜限りの復活」から、数年後。
 
立佞武多を再び街の伝統にしようと
ついに市が動いた。
 
 
今では、毎年8月の恒例行事。
青森三大祭といわれ、この街の誇りになってる。
 
立佞武多祭りは、この街の人々の想いで成り立ってる祭りなんだね。
 
 
 
 
 
 
この展示場の壁の一部が
同じく吹き抜けの扉になってた。
 
 
「ここから立佞武多が出発します」
 
 
 
現役さんでしたか…!!
 
 
 
そうだよね、役目を終えたら燃えて天にゆく運命なんだもんね!!火
 
 
なんか…
人の意志の力って、すごいなあ。
 
こうして見上げていると、なんだか弱き心を一括されているみたいで
自分に打ち勝とうという気になってくるんだよ。
 
この確固たる力強さ。
これが街に降臨したら、それはそれは神々しいだろうな。
いつか見てみたいよ、この目で。
 
 
虎と、巨人と、鯉か…。
 
 
 
💡(⊙◇⊙)ピコーン
 
 
 
 
 
 
 
五所川原のクライマックスシリーズ!!
 
タイガースvsカープvsジャイアンツ!!
 
 
 
 
いや、うん。
 
何も思いついてない(笑)
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が高校野球に大ハマリして、3年。

 
私が健大高崎と出会って、3年。
 
 
今の3年生は、1年だった時から知ってる選手達なんだ。
 
この学校の野球を信じて入学してくれて、全国で戦うための力をつけて
内外ともに目に見えてすくすく育っていく選手達。
そんな彼らがたまらなく愛おしくて、私に無限の励みをくれる。
 
そんな彼らの夏が、ついに始まってしまう…。
 
 
 
 
健大高崎2017の最後の練習試合をみに
 
 




浦和学院にきちゃった♥
 
 
 
ここに来れたのは偶然予定が合ったからなんだけど
思えば今年は何の因果か、偶然節目に予定が合うことが多くってさ。
 
そして、このチームの最後の練習試合
 
変な話なんだけど
野球の神様が、私にこのチームを見せようとしてるんじゃないかって気になってくるんだよ。
 
 
この夏は、きっと何かが起きる。
 
野球の神様は、このチームの何を見せたいのかしら。
 
 
 
 
さて、練習試合です。




 

ついたら、既に一回裏だった!
はじまっとるやんけ〜!!💧
 
慌てて所定の場所に腰掛けて
ヒーヒー言いながら観戦開始。
春の大会から、夏の大会にかけての練習の成果は、どうだろう?


選抜に出られたこともあって
練習試合も含めて、ことしはかなりの回数試合を見られたんだ。
年間20試合…いかないくらいかな。
 
私は野球を見る目はまだあまり肥えてはいないんだけど
それでも、長いこと見ていると成長したなってほんとにおもうもの。

 
 逆方向に打てるようになってる…!

ここ一番のチャンスで打つようになってる…!!


などなど。
試合観ながらジンジンしてるまぁゅん氏✨
 
付近の人と色々話しながら、ふと。
わたしいつの間にこのチームのことをこんなに喋れるようになったのかしら?
好きなんだなあ…ほんとに(*’ω’*)


センバツ前に怪我をしてしまって
未だに完治はしていない主将が一番楽しそうに野球部やってるのを見るとさ。

彼は甲子園でプレーすべき選手だ、って。
絶対甲子園出ないとダメだ、っておもう。



それにしても、浦学は投手が多い…!!Σ(●д●)

今年は健大も投手多いほうだと思うんだけど
浦学は投手6人出てきてなお、エースは温存だもん(笑)


夏の県大会は20人選手を登録できて
投手や野手をどれくらい入れるか、ってのも勝敗に大きく関わってくる。

もし仮に出てきた投手6人メンバーだとしたら
20人中7人が投手ってことになるのよね…。
やべー。

 
最近はエース完投ってのはかなり少なくなってて
強い学校ほど投手何人も作って、継投や交代で、ってのが多い傾向にあると思ってるんだけど
こういうの見ると、顕著だなーと思ったりするよね。

それが吉と出るか凶とでるかは
その日の野球の神様の気分次第だけどね!



次は甲子園で会おうな、浦学さん。
健闘を祈る!(。•̀ω-)☆



試合が終わって帰り際
選手たちの様子をちらっと見てみた。 
 
テストが終わったばっかりの選手達。
この週末からはいよいよ最後の大会が始まるけれど、あんまり緊張の様子はないみたい!

大人達にも笑顔が見えて
私の気が狂いそうなドキドキもすこし和らいだような気がした🌼



いよいよ、群馬はこの週末からはじまっちゃう。


楽しみか、ときかれたら
全然楽しみじゃない←


8月まで野球ができるのは1チームだけ。

負けたら終わりの戦場に向かう選手を見るだに
どうか笑顔で帰ってきてくれと願うばっかり。
試合の日になると、胃が痛くてしょうがない(><)笑


まだまだ、このチームがみたいんだよ…!!



どうかたくさん勝って
私を金銭的に困らせてくれ(笑)


七夕の短冊は今年も
青色にした。





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。