社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!

NEW !
テーマ:

1900年。

 

山陰を拠点に活動する漁師が

海底にわく温泉を発見した。

 

そこから温泉街へと形を変え

今では4500人の収容規模を誇る山陰では最大の温泉地になった――

 

 

 

まぁゅん氏がふらりと立ち寄ったのは

 

 

 

 

 

  皆 生 温 泉 かいけおんせん

 

 

 

歴史は浅いながら、今では鳥取の名湯としてかなり有名になった。

 

町中からほど近くて、バスも頻繁に通ってる。

米子駅周辺を拠点にしてもふらりと行けるうれしい距離!

 

いい温泉を気軽に楽しめるってのは、いいよねきゅん

 

 

 

 

 

 

温泉街をぷらぷら歩く。


皆生温泉は、「皆、生きる」と書く。

いつからか長寿の神様がいる街ということで

長寿・家庭円満を祈願する人々が集まるようになったらしいキラキラ

 

 

日本海沿いの温泉街って、結構そっけない雰囲気というイメージなんだけど

ここはなんだか、人懐っこい街並みだよなぁ~。

リゾート地みたいな雰囲気さえある手描きふう双葉

 

 

 

旅館の一つをみると、何やら高校野球部の名前があった。

 

・・・・・・。

 

夏のはじめに見る、夏の終わり。

おつかれさま。

 

 

 

 

そんなわけで、歩くこと10分ほど。

今回のお目当てに到着したよ!にこ

 

 

 

 

 

 

 

皆生温泉 「海潮園」!

 

 

 

なんでも、大正年間に作られた皆生温泉に現存する最古の岩風呂があるらしいキラキラ

 

古くは大本教教祖出口王仁三郎が経典を口述筆記し

新しくは作家野坂昭如が作品の構想を練った。

そこから「文人に愛された宿」とも謳われているんだって。

 

 

まぁゅん氏、「最古」とか「遺産」とか「原点」とか、そーゆー言葉にすこぶる弱い(笑)

 

早速入ってみませう!ハート

 

 

 

 

 

 

夏休みってのもあって、海水浴客多し。

 

今日は泊まりじゃないんだけど、この雰囲気は悪くない。

んで、BGMが何にもかかってないんだ。超静か。

畳をふみしめる音が響いて、なんか歴史を感じるんだよねぇ…すきだはーと 

 

 

そしてこれが、最古の露天岩風呂!

 

 

 

 

 

 

◆ナトリウム・カルシウム―塩化物泉

 

源泉温度は84℃と激熱!

だから、熱くなり過ぎないように定期的に加水されてる。

消毒も循環もしてない新鮮な温泉です♪

 

地下水に海水が混じって湧いてきてるのかな?

お湯は、塩の味…というより、磯の匂いがする。

そういえば、目の前は海だったな。

 

 

 

 

 

 

溢れておりますキラキラ

新鮮な温泉は、往々にして溢れ流れ出ているもの!

 

 

塩化物泉ってのは、保温効果がとっても高い。

そして、リラックス効果!

都会の喧騒にお疲れの私にはぴったりですな♪笑

 

浴槽が小さいってのも、私にとってはうれしい。

プールみたいな大露天風呂もいいけど、わたしはこぢんまりしたのが好きなんだよねハート

狭いところに落ち着いてるってかんじでさ!

 

 

今日は貸し切り状態。

 

歌でも歌いながら、のんびりゆったり疲れを癒します・・・お風呂

 

 

 

 

旅館を出て、目の前は海。

 

すこし寄ってみることに。

 

 

 

 

 

 

この波は、まさしく日本海!

 

湿気があるからか、太陽の光が拡散してすごく綺麗。

海水浴客のいなくなった海は、波の音だけが響いてる。

 

 

浜風が強い。

 

 

 

 

 

 

水もきれいだ…。キラキラ

 

 

時々高い波が来ると、足まで水がかかる。

冷えてるのかと思いきや、ここ最近の暑さですっかりぬるくなってた。

 

大阪にいると、海に遊びに行くってことはなかなかできないんだけど

やっぱり、海が好きだなぁ…。

 

 

こうして遠征で遊びに来ると、時間が限られてる。

それだけが本当に惜しい。

 

もっともっと

もういいわってくらいに満喫したいんだけどね。

 

 

 

なかなか沈まない夕日を眺めながら

 

なんだか少し

元気をもらった気がする。

 

 

 

 

 

皆生温泉。

 

「皆が生きる」街。

 

 

 

活力を与えてくれる街。

 

 

 

 

また明日、がんばりますか!(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

久々に撮影です。

 

毎回久々とか言ってる気がするけれど

毎回久々なのだから仕方がない。

 

 

そんなわけで今回は

 

 

 

 

 

万博記念公園にきたよ!

 

 

 

いや~~撮影で万博なんて何年振りかしら!

相変わらず太陽の塔はデカいし人は多い。

何より、公園がバカでかい!

 

うーん、なんとも気持ちいい♪

 

 

やはり、夏ということで…

 

 

 

 

浴衣!

 

 

浴衣撮影って結構好きなんだけど

真夏になると、暑くてそれどころじゃないのよねん。

綺麗に撮るには、できれば涼しい時期のほうがいい。

 

てくてく歩きながら、いい場所を探していきます。

 

 

 

写真撮影って、おもしろいもので。

 

な~~んでもないところが

撮ってみるとすごい雰囲気ある場所に変わったりする。

 

たとえば

 

 

 

 

普通に見てるだけだと、ただの細い道。

特になにも感じない場所なんだけど。

 

写真を撮ってみると

 

 

 

 

人がはいったり、撮り方ひとつで

こんなに変わったりするのです。

 

これがロケのおもしろいところだよね♪

発掘の楽しみに近いかもしれない。

 

 

もちろんカメラマンさんも場所を探してくれてるんだけど

私もいろいろ撮りたいイメージを伝えたりする。

 

今回は「木を背にとりたい!」と伝えて

 

 

 

 

こんなのも。

 

お気づきの方もいるかもしれないけど

私は、引きで風景の一部として映るのが好きな人なのです。

リクエストするのもいつもだいたいそんな感じ。

たぶん私がカメラマンなら、おんなじような写真ばっかりになるんだろーな(笑)

 

 

 

 

ある程度とったところで

一旦引き上げ。

 

 

続いては着替えて地元の公園へ。

 

実は、どーしても撮りたい写真があるのです♪

 

 

 

 

地元の公園は、人もある程度いるけれど

案外、大きな公園と遜色なく撮れるんだぜ♪

 

横のグラウンドで少年たちが野球やってるのを眺めながら

グラウンドの隅っこをゲット!火

 

 

そう。

撮りたかったものってのは

 

 

 

 

 

まぁゅん氏、野球女子になる。

 

 

 

ユニフォームなんて持ってるはずもないから

まあ、活発な女の子的なイメージで♥

 

 

バット持つと、ものすごい打ちたくなってくる…!

 

私の中にある野球欲が目覚めそうだ。

バッティングセンターにでも行って、がんがん打ちまくりたい…!

手がしびれたりしたい…!!キラキラ

 

 

私はインドア派だと思ってたんだけど

案外アウトドア派なのかもしれない、と最近思い始めてる。

 

…でも野球女子を謳うなら、もうすこし筋肉つけなきゃダメだな…汗

 

 

 

 

毎度毎度、リクエストにもこたえてくれて

付き合ってくれるカメラマンさんには感謝感謝よね♪ハート

 

大人になったからなのか

それとも撮影が新鮮だからなのか

時々、我ながらこんな表情するんだ?なんて写真があったりして

毎度、新しい発見の連続です🌸

 

 

たまに、だからこそ

ってのもあるってことだよね!キラキラ

 

 

 

今回もありがとうございました!m(_ _"m)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、いろんな一緒に仕事する中で

歳が近い人も増えてきた気がする。

 

 

今じゃ人見知りもほんとになくなって

ほとんど誰とでもしゃべれるようになったまぁゅん氏。

 

でも実は、まわりに若い子が少なくて

実を言うと、若者と話すのはあまり慣れてないのである。

 

 

そんななかで

こんなことを言われることがある。

 

 

 

「同い年なんだし、タメ語でいいっすよ!」

 

 

 

私はタメ口には2種類あると思っている。

 

 

ひとつは、友達とか後輩とか。

最初から気を遣う必要がない人への言葉。

 

もうひとつは

気を遣う関係のはずだけど、信頼や親愛で

すこしづつ敬語じゃなくても許されるようになってきた人への言葉。

 

 

 

言葉の距離は、心の距離。

仕事先の人ってのは、完全に後者なわけで。

何歳であっても、それは変わらないわけで。

リスペクトな存在なのですよ。

 

 

そんな人に、いきなり敬語を外してお話しするなんて

私としては、落ち着かなくて仕方がないのです><

 

 

 

…まあ、落ち着かないから敬語やめて!とか言われたら

仕方なし、タメ口ではなすんだけど。

 

 

ま「~~~だよね~?」

 

 

 

 

す ご い 違 和 感 。

 

 

 

 

いつも使ってる言葉なのに

ぜったいこんな言葉使ったことないような気がするよ!!

 

 

もうね、日常とは?みたいな

哲学の世界ですよ。

 

向こうからタメ口でしゃべられるのは全く違和感ないのに

なんなんだろう。

私が万年ルーキー気分に慣れ過ぎたのかしら?笑

 

 

 

 

リスペクトない人に敬語でしゃべるってのも

なんかシャクになるけれど

 

リスペクトな人に敬語を外して喋るってのも

また、気持ち悪いものですな。

 

 

 

距離感にあった言葉で、いいじゃない!><

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校野球が好きになったのは

もう何年前になるんだろうか。

 

 

その時はまだ、にわかファンで。

 

数多くの"夏しか見ない勢"と同じように

しいて言えば、同じ大阪の学校を応援したり

話題になっているスター選手を応援したりしながら

 

「選手たちの一生懸命な姿に感動するよね!」

とか言ったりしてたわけです。

 

 

だから、夏の大会がはじまるのが本当に楽しみだったんだmomo*

 

夏の甲子園の組み合わせがわかると

何日に見に行こうかなーなんて考えてたものです。

まあ、当時は見るのは外野だったけど。

 

 

 

 

 

 

高校野球への見方が少し変わったのは、2012年

 

 

東北の名門、花巻東に

フォアボールで塁に出るまで永久にファールを打ちつづける選手がいて。

かなり物議を醸した。

 

そこではじめて、感動ではなく

「勝つために」というものに興味がわいてきた。

 

 

 

そして2年後。2014年

 

 

「機動破壊」を謳って、チームでめちゃくちゃ走りまくる学校が現れて

これまた物議を醸した。

 

後に私が追っかけることになる、高崎健康福祉大学高崎。

通称 健大高崎

 

 

 

打つだけが野球じゃない。

テレビではわからない駆け引きがある。

 

 

勝つために。

 

 

ここで明確に、私が高校野球に求めるものが

感動から、戦略に変わった。

 

 

 

 

 

 

翌年、2015年の春や夏にも、健大高崎は甲子園にやってきた。

おなじように「機動破壊」を謳って。

 

たまたまいい選手がいたから、ではなかったんだね。

 

 

 

夏の甲子園、三回戦で秋田商に敗れた時。

 

2016年のチームの一年間を追ってみよう。

そう思った。

 

 

どんな人が指導をしていて

どんな練習をしているのか

選手たちはどんな気持ちでプレーしているのか。

 

夏までに、どんな成長をするのか。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、その名前のとおり

健大高崎は群馬にある。

 

 

群馬って、大阪からだと遠いんだよ…汗

 

 

だから何度もは行けないんだけれど

秋の大会、春の大会を観戦しに行って。練習は見られなかったけど…

 

小さな試合とか、見に行けない時は

twitterとか掲示板を駆使して、現地のファンの人から情報を得て。

 

 

間接的にではあるんだけど

わりとがっつり一年追いかけてた。

 

少しだけ、その本質を知ることができた。と、思う。

 

 

 

そして、また

 

夏が来る。

 

 

 

 

 

 

数年前まで、あんなに夏が来るのが楽しみだったのに

今は…

 

 

 

夏が来てほしくない。

 

 

 

1年間戦ってきたこのチームの、終わりを告げる大会。

大河ドラマの最後の決戦を見ているような、そんな心境。

 

行かないで、と何度も思う。

 

 

終わっちゃう…!

寂しくて仕方がないよ!><

 

 

夏の大会の話題が嫌で嫌でしかたがない!(みるけど)

 

 

 

 

甲子園は、いわばお祭り。

だからみんな楽しそうだし、キラキラしてるキラキラ

 

でも、そこまでの県予選は……戦争なんだ。

県でたった1チームだけが生き残れる。

 

本当に悔しいのは、甲子園で負けることじゃなくて

甲子園を目前に、県予選で敗れることなんだよね。

もう…見てられないと思うよ。

 

 

 

夏の甲子園に出るというのは、容易ではない。

運もいる。

 

研究・対策のされかたは、おそらく。甲子園の非ではない――

 

 

 

 

夏の県予選の初戦は

 

今週末から、全国ではじまる。

 

 

 

 

 

勝とう。

 

 

勝とう!キラキラ

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

【ここまでのあらすじ】

 

山形・蔵王温泉に来たまぁゅん氏。

最終バスまで、あと1時間。

 

もう1湯、いっとく?

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉街から、少し山の方に歩くこと15分ほど。

 

 

なんでも穴場の温泉があるという。

 

 

このままいくと大露天風呂に着くのでは…と不安になった頃に

それはあらわれた。

 

 

 

 

 

 

源七露天の湯!

 

 

ここは、近隣の温泉の中でも、お湯がぬるめなんだとか。

ぬる湯好きな私にはぴったりですなキラキラ

 

さっそく入浴券を購入して温泉へ♪

 

 

 

 

 

 

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

 

ph2.1と、ここらではかなり刺激のマイルドめな温泉。

もちろん消毒・加水加温なしの源泉かけ流し!

近くで見てもわかるくらい、湯の華が散りまくってる。

メタケイ酸208mg/kgと豊富な美人の湯

 

ゆっくり入りたい女のひとにはいいかもしれないね!ふふんっ

 

 

なんで穴場なのかしらと思ったら

たぶん、駅から少し距離があるから、だよね。

だって温泉の質は、ほかの温泉と遜色ない。

 

めっちゃいいもの!

 

 

 

 

 

 

広い温泉は、童心にかえらせるよねハート

 

こんなに美しいお湯に入って

湯の華を体中に纏いながら貸し切りなんだもの!

人がいたらおとなしくしてないといけないけど

自由に遊びたいじゃないキラキラ

 

 

 

 

 

キャッキャ💛

 

 

 

 

キャーーー!♪

 

 

 

 

 

う~~ん、ゴクラク💛

 

 

 

ぬるいからいつまでたってものぼせないし

夏のこの時期にはほんとにちょうどいいmomiji*

 

 

後からお客さんが来たから

あとはのんびり。

もう時間もわずかだってのに

きもちよくてウトウトして眠っちゃいそう。

 

酸性泉は「皮膚病の湯」なんていわれていて

皮膚病改善に効果的なお湯。

こうしてのんびりしてるだけで、私のお肌も消毒されてるのかしら?きゅん

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろバスの時間も近づいてきました。

 

もう一度

緑の川を眺めながら、駅まで下り坂を降りてゆくSAYU ハーブ

 

 

まだまだ、行きたいところがあるのだけれど

時間が限られてるのが本当におしい。

 

 

これは、また来ないといけないね!キラキラ

 

 

 

 

来れば来るほど

魅力を知る。

 

 

再度これるのは、いつかな?手描きふう双葉

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。