社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!


テーマ:

3月19日。

 

ついに春の選抜高校野球がはじまった!

 

 

 

私もワクワクしてこの日を待っていた。

 

私の応援する学校も出るし

どんな学校があがってきて、どんなプレーをするのか

そんな熱い日々がはじまるんだから!

 

 

私が興味あるのは試合だから、いつもは開会式は見ないんだけど

今回は、知人に誘われて

そして開幕試合に興味があるというのもあって、見に行ってみることにした。

 

 

 

 

 

 

私の応援するチームカラーは青、なんだけど

今年は青のチームがすんごい多い。

 

さらに、初日の試合は青チームばっかりってこともあって

入場を待つ人はほんとに青ばっかり。

私の待ち人は、いったいどこにいるんだ…。

 

 

あ、いた!

 

 

いつもたいてい一人で試合見てるから

こうして、仲間といっしょに見られるって、ほんとに嬉しいね(*^o^*)

 

 

 

席について、いよいよ、選手の入場!

 

 

 

開会式ってテレビでも見たことなかったんだけど、結構いいもんだね。

 

みんなが堂々と入場する姿が輝かしくて

これからここで戦うんだという熱い気持ちになってくる。

 

 

 

 

 

 

はじめてみた高校野球も、甲子園だった。

高校野球にのめりこむきっかけになったのも、この場所。

 

それから、地方大会にもいくようになって

練習試合まで見に行くようになって

 

また、ここに戻ってきたんだ!

 

 

今までのことを振り返ると、なんだか涙出てくるよ。

私べつに親でも何でもないけど、でもさ。

今出てる選手、みんな1年だった時から知ってるんだもん。

 

がんばろうな、みんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨で1日順延になった、大会3日目

 

私は全身青にして、甲子園に降り立った。

 

 

 

 

 

 

この日の対戦は

 

 

健大高崎 - 札幌第一

 

 

 

そう、私の応援する健大高崎の初戦!!

 

この日の私は、みんなと一緒にアルプスで応援しようと張り切っていた。

 

アルプスにはいるのははじめて。

いままで、父兄や後援会でもなければ群馬の人間でもない私がアルプスにはいるのは憚られていたけれど

ファンだということが少し認知されてきたらしい今なら!

優勝を願う仲間として、一緒に応援させてくれる皆様に感謝です。

 

 

 

 

 

 

私は、たぶん大騒ぎするとおもう(笑)

できるだけ声出してもはずかしくない場所に陣取って、

ドキドキしながら見守ることにした。

 

 

「選手のお姉ちゃんですか?」

 

となりに座っていた年配の方が、声をかけてくれた。

いや、そういうわけじゃないんですけど、応援してるんです^^

 

「うちの孫が出てるんですよ」

 

そうか、ここにきてる人は親だけじゃなくて

選手のおじいちゃんやおばあちゃん、親戚とかもいるんだ。

今まで疑問に思わなかったけど、人の家の子供について親と一緒に話すなんてめったにないシチュエーションだよね。

 

 

ここからじゃ叫んでも声は届かないだろうけど

演奏の切れ目なら、もしかしたらちょっと聞こえるかな!

 

 

 

「たいせいーーーーーー!!!!!」←選手の名前

 

 

 

「彼氏ですか?^^」

 

 

ちげーよ(笑)

 

 

 

訳知り顔でみないでくれw

向こうは私のこと、たぶん知らないよw

 

ひきつづき大声で叫びまくってたら

選手祖母らしき方が、なんかお茶くれた。

このお茶の意味は一体…(笑)

 

 

【センバツ】健大高崎 投打で圧倒 群馬

第89回選抜高校野球大会第3日第3試合、高崎健康福祉大学高崎(健大高崎)は札幌第一(北海道)と対戦した。

本塁打2本を含む16安打で大量11点を挙げて圧倒。

投げては3人の投手リレーで1点に抑え、過去2度の春の甲子園に続いて初戦を突破した。  

 

 

健大高崎11-1札幌第一●(22日)

 

 

二回、5番・渡口の敵失に続き、6番・高山が右中間に鋭い二塁打を放つ。

そして7番・大越の右越え適時二塁打で2点を先制する。

大越が三盗を決め、1番・今井の左前適時打で生還。3点目を挙げた。

三回にも押し出しなどで2点を追加する。

 

中盤も毎回得点圏に走者を出すが得点につながらない。

先発した伊藤は五回まで相手を1安打に抑えるが、六回、連打で1点を返される。

 

七回、3番・安里の中前適時打などで待望の追加点。

なお2死満塁の好機で4番・山下が右越え本塁打。この回猛攻で5点を挙げて突き放す。

さらに八回には代打の上野が右越え本塁打。

九回には3人目の竹本が四球を出したものの、三振と凡打に打ち取り、2回戦進出を決めた。

 

 

 

この日、4番の子が満塁ホームランを打った。

あと1点ほしい、という場面でのダメ押しホームランだった。

 

さらに、代打で出た公式戦初打席の子がホームラン打った。

 

 

私は泣いた(笑)

 

 

 

 

次は26日!

相手は、福井工大福井

 

強い相手だ。

 

 

私は、また応援に行く。

 

 

 

ゼッタイに、勝とうな!!!!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

センバツ開幕も、もう目前。

 

 

 

それを前にして、少し早めに入ったり

逆に遠征をしたりして練習試合を繰り返している出場校も多い。

 

私の応援している健大高崎も、そのひとつ。

 

少し早く来て関西の学校と練習試合をしているということで

冬の成果を見に、私も足を運んでみることにした。

 

 

 

 

最寄りの駅から、歩いて球場へ向かう。

 

新聞やネットとかで選手の様子を見てはいるけれど

生で見るのは、11月以来になるのかな。

 

 

一冬越えて、どんなふうに成長しているのか楽しみだ…!!

 

 

いろんなところに観戦にいくし

時には練習も見に行くけれど
私は基本的に、選手には話しかけないようにしてる

 

話しかけたい気持ちは大いにあるけど
彼らはプロ野球選手じゃなくて、あくまで高校の部活中。
健やかな学校教育の邪魔はしちゃいけない。
聞きたいことや話したいことは大人とする。

 

ただし挨拶は、必ず笑顔で返す。
「こんにちは」の一言に、最大限の応援の気持ちを込めて。

 

それが私のジャスティスだぜ!

 

 

 

あ、グラウンドが見えてきた。

 

 

 

 

 

 

なんかすごい緊張するw

 

向こうは私の事なんてほとんど知らないはずだし

選手は私の子供でもなんでもないのに

なんでこんなドキドキしてるんだろ。

 

 

さらにちかづくと、選手の声が聞こえてきた!耳

 

駐車場には、見慣れたチームのバスがあって

グラウンドには、これまた見慣れた青い選手たちが…

 

 

 

 

あ れ ? (`;ω;´)?

 

 

 

 

選手の姿見たら急に涙でてきたwwww

なんでwwwww

私は迷子になってた子供かwwwww

 

あえてこの気持ちを言葉にするなら

「やっと会えた…!」

かな?(*゚ー゚)ゞ

 

 

 

涙をぬぐって球場へ入る。

 

 

馴染の人たちと挨拶を交わして、ネット裏へ。

どうやら私もだいぶ怪しさが和らいだ様子。よかった!きゅん

 

 

 

 

 

 

選手の顔と名前はあんまり一致しないけど

かろうじて体型とかバッティングフォームで判別してたりしてるんだけど。

 

 

全然わからなくなってる…(笑)

 

 

みんな一回り大きくなっててミチっとしてるし

フォームもいろいろ変わってたり動きがよくなってたりして

秋とは全然違うチームみたい。

目に見えて強くなってるよ!!!キラキラ

 

 

高校野球が好きなのは

「このチームで勝つ」ということに、ものすごくこだわっているところ。

 

勝つために体つくって

勝つための戦略を練って

勝つための練習をする!

 

 

勝つための冬。だったんだな(⌒⌒)ハート

 

 

このチーム、いけるぞ…!

 

私の心にもまた

熱い気持ちがよみがえってきたよ!火

 

 

 

センバツ開幕は、もう目前。

 

 

絶対勝とうな。

 

 

 

 

 

余談。

 

 

この次の日、別の場所の練習試合も見に行った。

 

ここ一番の寒さの、しかも雨の日に

バイクで高速のって。

危ないのはわかってるんだけど、行っちゃった!

 

こんな命がけで練習試合見に行くなんて

何がそんなに私を駆り立てるのか

 

 

私も、わからん(笑)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

もしも、自分が死ぬシチュエーションを選べるならば…

 

私には候補が3つある。

 

 

 

ひとつは、愛するものを庇って撃たれる。

 

ふたつめは、某校の優勝決定ホームランボールに直撃

 

 

そしてみっつめは

 

 

 

死ぬほど牡蠣食べて!

 

 

 

 

 

 

 

どうも、まぁゅんです。

 

 

冬と言えば、カニもだけど。

忘れちゃいけないのが、牡蠣ですよ。

 

わたくし、昔から牡蠣が大好きで

何度となく当たってるんだけれど、それでも懲りずに大好きなのだはーと 

 

 

そんなわけで、牡蠣の本場、赤穂まで

ちょっくらバイク飛ばしております。

赤穂は忠臣蔵だけじゃないんだぜ!

 

 

天気はいいんだけど、まだまだ気温は低い。

 

寒い日にツーリングなんて自殺行為!

だとわかっちゃいるんだけど…

わかっててもやめられないのが、好きってもんなんだよね。

 

 

道を走っていると、何台もツーリング勢とすれ違う。

 

やっぱ、大きいバイクはかっこいいなぁ…。

私のZ250もカッコイイんだけど、大型バイクの中に混じると子供みたいなんだよな~。

なんか恥ずかしくなっちゃうわ><

 

 

それにしても、やたらと人が多いような…。

 

 

 

それもそのはず。

この日は赤穂で牡蠣まつりなるものが行われていて

 

 

牡蠣好きが一同に集まっていたのだ!!!

 

 

あまりに人が多すぎて、駐車場まで行くのも大変な状態。

こんなところに入ってたまるかぁ~><

 

 

ということで、赤穂はあきらめて

おとなりの相生で牡蠣をいただくことに。

 

相生も、赤穂に負けない牡蠣が食べられるんだからな!キラキラ

 

 

 

 

 

 

到着!!ヽ(*´Д`*)ノ

 

 

 

ここは外がBBQ場みたいになってて

 

 

 

 

 

 

 

ここで、何を食べるかを見繕って購入する。

もちろんメインは牡蠣で、ひとやま1000円から。

 

 

わたくし、料理は卵かけごはんしか作れないけど

こう見えて牡蠣焼きには少し自信があるのだよ。

 

手際よく牡蠣を並べては

 

 

 

 

 

 

食す!!!

 

 

 

 

 

 

死ぬほど(・∀・)ウマー♥

 

 

 

ここの牡蠣は粒がすごく大きくて

もうミルクみたいでほんとおいしい(*´ェ`*)

たまんね~~~はーと 

 

 

 

ふ、と隣を見ると

大学生カップルが牡蠣焼きに手をこまねいてた。

 

どうやら、焼き方を知らないらしい。

 

 

…教えてあげようかな?

 

 

 

…。

 

 

 

牡蠣焦がしたりしながら、四苦八苦してるカップル。

大学生カップルかあ…。

羨ましいなあ…。

 

 

 

 

 

 

ま、いいか(笑)

 

 

 

私は、一緒に買ったホタテちゃんの世話で忙しいからな。

リア充は焦げた牡蠣でも食べとけ。

これは嫉妬ではない。

 

 

牡蠣が爆発したり、垂れた汁が炭にあたって

すっかり真っ白になっちゃった。

 

黒い方のウェア着てこなくて正解だったな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

相生の港は、狭い。

 

この狭い港で

何人の人が働いているんだろうなぁ…。

 

 

活気はあるんだけど

なんとなく、もの悲しさを感じるのはなんでだろう。

天気が悪いからかな?

 

 

 

 

小豆島行のフェリー乗り場を眺めながら

 

狭い港に別れを告げた。

 

 

 

 

後日談。

 

たらふく牡蠣を食べたけど、あたらなかった。

 

 

やっぱり新鮮な牡蠣は、違う!(´∀`)キラキラ

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

その出会いは、ひょんなことだった。

 

 

 

 

「MCバトル?」

 

 

 

 

MCバトル。

いわゆる、ラップってやつだ。

 

 

なにをかくそう、私はラップという音楽ジャンルがあんまり好きじゃない。

音楽ってのは、もっとメロディアスなのがいいと思うわけです。

 

そんなわけで、今までラップってのを避けつつ生きてきた。

 

 

 

うちの自宅からの最寄駅は、観光名所なんてひとつもない大阪のベットタウンにあたる。

 

路上ライブ的なことやってたり

なんかを声高に訴えている人はたくさんいるんだけど

 

 

ラジカセ的な黒くて四角いやつをおいて

何人かで円になって

リズムに合わせて順番に何か言いあってる――

 

MCバトルをしてる人たちは、はじめてみた。

 

 

詳しい内容は聞き取れないけど

 

 

 

なんか……おもしろそう。

 

 

 

家に帰って、さっそくMCバトルを検索してみた。

 

 

【日本語HIPHOP】

 

即興でラップをすること。

あらかじめ用意した歌詞(リリック)ではなく、即興で歌詞を作り、歌詞とライムの技術を 競う。
また複数の人数で交代しながらフリースタイルをし合う「サイファー」、
相手とDISをしながらフリースタイルで戦う「MCバトル」という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へぇ~…

 

 

ラップってとりあえず韻とか踏みながら

YO!YO!とか言ってるのかと思ってたんだけどさ。

 

 

韻を多用する人

魂こめてアツく韻を踏んでいく人

それを飄々と交わして、思いもよらない返しをする人

 

韻はほとんどつかわず節回しのみで会場を沸かせていく人

即興なのに音源みたいに歌った節回しをする人

 

相手との答弁が上手い人

時事ネタなんかを織り交ぜてくる人…

 

ヒール役がいて、相手をともかく煽りまくったり

そうかと思ったら相手をリスペクトしてみたり。

 

そして「パンチライン」と呼ばれる、きらりと光る言葉の一打。

それが勝敗を分ける。

 

 

 

おもしろいじゃん!!!!

 

 

 

とりわけMCバトルっていうのは

決められた拍で、決められた音楽のなかで

いかに芸術的に相手と会話をできるかってことなんだ。

 

しかもそれもちゃんと審査員がいて

なにがどうと厳正に審査している。

 

 

こんなにインテリジェンスなコンテンツだったなんて…!

 

 

自由だからこそ難しい

難しいからこそ、おもしろい!

 

 

なんでも、少し知ってみると、おもしろいものだね♪

 

 

 

食わず嫌いは良くない。

 

今は理解できないものでも

すこし触れてみたらその魅力がわかるかもしれない。

 

 

改めてそう感じながら

私は今日も夜な夜な、MCバトルを見る。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
これまでのあらすじ

神奈川の一大パワースポット、箱根までやってきました。

心を清められてピュアになったところで、向かったところは――

 
 
 
 
 
 
 
箱 根 湯 本 !!!
 
 
 
泣く子も黙る観光温泉街!
 
なんだけど…
 
 
 
超雨降ってる…傘
 
 
 
まじで超雨降ってる。
しかも横雨。
 
こんなん一分もしないうちにビショビショになっちゃうわよ…冷や汗
 
 
というわけで、外の散策は早々に断念。
 
代わりに、と向かったところは
 
 
 
 
 
 
箱根北原おもちゃミュージアム!
 
 
 
なんでも鑑定団でおなじみのコレクター北原照久のコレクションが所狭しと並ぶおもちゃミュージアム。
 
900年〜1970年代頃までのブリキやセルロイド製アンティークトイ 約3,000点!
大正から昭和にかけて輸出の花形であったセルロイド玩具 約1,000点!
さらに、ディズニーを中心としたキャラクター玩具約800点!
 
 
年配の人ほど童心に戻れるんだろうこういうミュージアムは
平成生まれの私にとっては、まるでタイムスリップみたいな感覚になれる。
 
今日は脳で楽しむ旅行だなぁ…(笑)
これはこれで楽しいからいいけど。
 
 
 
 
 
 
こういうおもちゃってさ
その時の時代背景と、子供たちの夢や憧れが顕著にあらわれるんだよね。
 
戦前はやっていた、こういう海外のバブリーな感じから…
 
 
 
 
 
 
こういう戦艦や戦闘機に流行が移って
 
ステキ、から
かっこいい、とか、強そう、とか、そんなのに憧れが変わって。
 
 
子供って、そういう時代の流れのいい所ばっかりをみて育って
流行に一番敏感な生き物なんじゃないかなって
そんな風にも思ったりする。
 
 
 
 
 
ロケットかぁ…。
 
 
アポロ11号が月面着陸したのが1969年。
カラーテレビが世に普及しだしたのは、その1年前の1968年。
 
当時の様子をよくは知らないんだけど
友達の家とかで集まって、月面着陸の映像とかみんなで見たりして
うわぁぁ~~!ってなって
 
こういうおもちゃをみながら
「これで月に行ったのかぁ…!!かっこいい…!!」
なんて、宇宙に想いを馳せたりしたのかなぁ、とか。
 
ここに展示されてるものは、新品ではなく中古のはずだから
そういった子供たちの想いの跡が、まだ残ってる。
 
 
 
 
 
 
ビリケンさん発見!
 
 
通天閣にいるあのビリケンさんは、量産品だったのか…!!
大阪人、軽くショックです(笑)
 
というか、大阪の繊維工場が商標とってるキャラクターだったのね。
私、ビリケンさんの事大きく勘違いしてたみたい…。
 
でもとりあえず、足はなでておく手描きふう双葉
 
 
 
なんやかんやで興味深く見ていたら
ひときわ目にとまるものがあった。
 
 
 
 
 
 
マイケルジョーダンの絵らしいんだけど
こ、これは…!!!
 
 
 
 
 
 
このユニフォームはここから来てたのか!!!
 
 
 
何を今さら、といわれそうだけど
私にとっては20年越しくらいの真実です。
 
キャラクターのモデルになった選手がいたとか
作中のモデルになった学校とかは知ってるんだけどさ。
そうか~そうだったのか…!
 
 
 
 
 
 
1時間くらいで見て回るつもりが
めっちゃ興味深くて、なんかんやで2時間くらい滞在しちゃった!
 
 
太陽も、もうかなり傾いてきてる。
急がなきゃ!!
 
 
 
というわけで、箱根最後のイベントへ!温泉まぁく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
くっそ迷った…(笑)
 
ここらへんには温泉宿がたくさんあるけれど
厳選に厳選を重ねて選んだ温泉だからな。
きっとすばらしい温泉に違いない!
 
 
さっそくGOはーと 
 
 
 
 
画像は公式サイトから。
 
 
◆ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
 
塩化物泉は、海の近くによくある少ししょっぱい温泉。
内湯も外湯もかなり広い浴槽なのに、ALL源泉かけながし
なんでも6本の自家源泉をもっていて、合計沸出量は、およそ720ℓ
 
この寒い日にこんな広い温泉が放り出されてるんだから
お湯はもちろん、冷めてぬる~くなってるんだけどさ。
このぬるさが、最高にGOOD
 
水温は体温くらいしかないのに、な~んか妙にあったまる。
これが、塩化物泉なんだよなぁ~。
 
 
それにしても、このお湯、なんてきれいなんだ…。
見慣れた透明のお湯なのに、一層澄んで見える。
 
 
 
 
 
 
なんでも、ここは
あの三菱の生みの親、岩崎弥太郎の別荘だったんだって。
それで、この庭園のような温泉に、6本も自家源泉をもつことができたらしい。
 
庭には猫が歩いていて
何とも趣がある…SAYU ハーブ
 
 
あ~
ここに泊まることができたらどんなにいいかしら。
 
この湯につかりながら眺める月は
きっと最高だろうなあ…。
 
 
今日は、あいにくのお天気だけどさ^^;
 
 
 
大自然の脈動と大いなる時間の流れから生まれた水と
空・海・風…
 
新鮮な生きてるお湯に触れてる時は
その自然のサイクルの一つになれるような気がする
 
大阪で生きていると
どうしても自然に逆らって、というか
ヒトの生きやすいような環境になっているけれど
 
そんなところにいるからこそ
自然の流れの一部になれることに、癒しを感じるのかもねはな
 
 
 
箱根。
 
四神の霊力の集う場所。
 
 
 
次来るときは、富士山が見えることを祈ってきゅん
 
 
 
 
 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。