社会の窓まで ―飽くなき探求心―

くだらないことに全力を注ぐ女、荒木麻由のロマンあふれる妄想全開突撃系ブログ
   
類稀なる発想力とバイタリティを遺憾なく発揮し、その真実にせまる!


テーマ:

 

「世界遺産に行きたい!」

 

 

という友人の一声から

 

 

「じゃあいこっか」

 

 

私の再訪は、唐突に決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

湯の峰温泉に再訪!!

 

 

 

去年

日本最古の湯を求めて (前編)

日本最古の湯を求めて (後編)

で温泉目当てに訪問したわけなんだけれど。

 

 

今回は、熊野古道をがっつり歩くのが目的です腕。

 

 

体温調節しやすい恰好に、帽子にスニーカー。

ついでに虫よけスプレーまでして。

歩く気満々!準備万全だぜい!キラキラ

 

 

 

今回歩くコースに設定したのは

熊野大宮大社~湯の峰温泉までを歩く

「大日峠越え」というコース。

 

 

 

 

 

 

全部で3キロくらい。

所要時間70分の短い道のりなんだけれど

勾配の激しくて歩きがいのあるコースらしい。

 

最初は熊野大宮大社でお参りしてから、湯の峰温泉へ歩く予定だったんだけれど

逆走して、湯の峰温泉スタートで最後にお参りを持ってくることに。

 

昔の人は、参拝にこの道を通っていたんだもんねSAYU ハーブ

 

 

 

 

 

 

木の根っこが入り乱れて、階段みたいになってる。

 

ポストカードとかで見る景色の一つだよね。

きれいだ…きゅん

 

 

確かに段が高くて、勾配がきつい。

 

 

 

 

 

ゼーハーゼーハーゼーハー…

 

 

き、キッツイ……!!冷や汗

 

 

肺がきりきりするくらい息上がってる。

体力…おちたぜ……

筋肉は疲れていないんだけど、肺が…!

 

富士山上った時でも、もう少し楽だった気がするんだよ…。

 

階段状のものを上がり続けるのって、マジできっついわ。

 

 

湯の峰温泉のほうが標高が高いから

下りのほうが多いはずなんだけれど…

 

 

 

 

 

 

ひとやすみ茶

 

 

20分くらい歩いて、ようやく下りに差し掛かってきた。

 

もう汗ぼとぼと。

足震えてるし…(笑)

 

 

しかし下りになると、疲れ方も全然違うもので。

 

地獄のように見えていた森も

やっと美しいと感じるようになってきたよ。

 

疲れすぎて

「もののけ姫みたい」しか感想出てこないんだけどさw

 

 

 

 

 

 

そして、歩くことしばらく。

 

 

ようやく、人里の気配が!!!

 

 

 

 

 

 

スッゴイ景色だ…。キラキラ

 

 

奥にあるのは、大きな川なんだけど。

川の周りが砂漠みたいに広く開けてる。

 

なにもない。

 

なんなんだこの景色は…。

 

 

かなり

なにはともあれ…

 

 

 

峠を越えた!!ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

 

疲れた…。

 

けど、終わってみたらすごい楽しかった!!!きがする!!

 

 

 

かなりの達成感満ち満ちながら町を歩いていたら

 

 

あれは!!!

 

 

 

 

 

 

大斎原大鳥居!!!

 

 

 

旅行雑誌で見たことあるぞ!!

日本一高い大鳥居ってやつだよね!

これがそうなのか…。

 

田んぼの中にどどんとそびえたっていて、すごい偉大さを感じる。

 

上の写真に、ちょっこだけ人がうつってるんだけど

ありんこみたいだ…。

 

 

 

 

 

でかい…。

 

 

その昔は、この土地に熊野十二所権現の神殿が1列に並んでいたらしい。

参拝するには音無川を渡らなければならず、自然に水垢離をとって身を清めてから参拝する神の聖域だった。

でも、水害で流れてしまったんだって。

 

今はここは、原っぱになって祠がちょこんとたっているだけ。

 

 

でも、ここに立ち込める空気は、外界とは少し違う。

 

透明で

圧力あって。

魂を感じる。

 

 

 

 

 

 

古来から熊野に行くことは

黄泉の国に足を踏み入れ、現世で疲れた体や心を癒してくれる

「蘇り(よみがえり)の地」とされていたんだって。

 

それも、今ならわかる。

そんな気がする。

 

 

今は、熊野大社は300Mほど移動して建立されている。

 

 

 

 

 

 

 

あらためて!

 

 

八咫烏の熊野大宮大社!!!

 

 

 

中は撮影禁止だから、外から。

八咫烏は神の鳥とされているというところから

サッカー日本代表のエンブレムにも使われているよね。

サッカー選手も、必勝祈願に来るらしい。

 

中に踏み入ると、なんとも神聖な雰囲気で包み込まれている。

 

 

前も、ここに来たことがあるんだけれど。

 

よりこの雰囲気を感じることが出来るのは

熊野古道での、修行のおかげなのかしら。笑

 

 

バスで鳥居前につけてきた人には、この感覚はきっとないだろうな。

 

 

 

 

5つの神棚を順番通りにお参りして

バスで湯の峰温泉へと戻る。

 

 

最後は、やっぱり湯でしめませんとね♪

 

 

 

 

 

 


萱葺き屋根の日本最古の湯小屋として
世界遺産に登録されている。

 

この日は、前にもたくさん人が入っていたみたいで

かなり薄められた形跡があったけれど(笑

 

 

 

◆含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

 

日によって違う色を持つ湯。

お天気の状態もあって、すこしグレーっぽい白濁だった。

源泉温度は53度。

せまそうに見えるけれど、実は奥は広くなっていて

最奥の足元から自噴しているようなかんじかな?

 

関西では珍しい、硫黄系の温泉で硫黄のニオイもしっかり。

まろやかな肌触りは、相変わらずです。

 

 

 

 

神々の聖地と

神々の湯に入って。

 

心も体も、洗われたんじゃないかな♪

 

 

すっかり満足満足の私です(*^^*)♥

 

 

 

何度来ても飽きそうにない。

 

そんな場所。

 

 

だからこそ、世界遺産なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ぶらり旅」 の記事

テーマ:
これまでのあらすじ

静岡にやってきました。

梅が島温泉にゆっくりつかって、時間は昼ごろ。

お腹も減ってきたころです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでも静岡ってのは、おでんが有名らしい

 

 

…というのは道の駅にはいってから知ったんだけれど。

 

お昼は簡単に、だけどおいしいものが食べたかったから

ちょうどいいね手描きふう双葉

 

 

 

 

 

 

これで300円程度。

安いぜ…!キラキラ

 

真ん中の肉的なやつ。

私は牛すじだと思って注文したら

豚の胃袋なんだって。

 

まぁゅん氏、初体験。

 

 

……じゅるり。

 

 

 

 

 

 

うっめぇ…!!

 

 

 

あっさりながら、味のしみたおでん。

たっぷりかけたすりごまが、最高にウマい!

 

そんで、この豚。

超もちもちのトロトロで、超私好みきゅん

 

 

このあと、さらに2つ買っちゃいました♥

 

 

 

おなかも割といい感じになったところで。

 

 

再 出 発 !

 

 

 

 

 

 

走ること、しばらく。

 

 

続いて着いたのは…

 

 

 

 

 

 

コンヤ温泉「大野木荘」!

 

 

 

さっきの「さつき苑」は、田舎に帰ったようなアットホーム感だったけれど

こんどはちゃんと旅館然としてるところだ。

コンヤ温泉の中では、かなりメジャーなところみたい。

 

お客さんは多そうなんだけれど

お風呂は貸切状態。

 

 

ゆっくりと、お湯をいただきますハート

 

 

 

 

 

 

◆単純硫黄泉

 

pH10と高いアルカリ湯。静岡最強の美人の湯。

一部循環のかけ流し温泉。

微妙な硫化水素臭と大量に舞う湯の花。

梅ケ島温泉よりすこしマイルドかな?

 

浴槽も広くて外の景色がなんだか近くて

ゆっくりのんびりしたくなる、そんな温泉。

 

 

この温泉には、重い糖尿病の人の血糖値が下がったり

足の不自由な人が階段を上れるようになったり

そんな不思議なエピソードがあるんだってキラキラ

 

 

じょばじょばと流れていくお湯。

 

お湯の行方を見ていると、そのまま谷に落ちて行ってるみたい。

 

 

この環境音も、リラックスできる演出の一つだよね…momiji*

 

 

 

 

温泉地ってのは日本中にたくさんある。

 

誰でも知ってる有名温泉もいいけれど

必ずしも有名=いい温泉、というわけではない、と私は思う。

 

むしろ、あんまり派手でない温泉地のほうが

自然の姿を保たれているのでは?とか。

 

 

その答えはYESともNOとも言えないけれど

まったりと温泉を楽しむならば

断然、静かなほうがいい♪

 

そう思わない?温泉まぁく

 

 

 

山道は暗いから

暗くならないうちに下山。

 

 

 

どうせ時間は無限にあるから

途中道の駅で仮眠をとったりして、まったりと湖西まで向かうのでした。

 

 

ドライブは、楽しい。

 

旅も、楽しい!ハート

 

 

 

 

おまけ。

 

 

本当はかえりに、有名な滝による予定だったんだ。

通り道にあるはずなんだけれど。

 

 

どこにあったんだろう…笑

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野球観戦に静岡まで来たまぁゅん氏。 ・参照「2016高校野球おさめ in 静岡

 

 

その前の日。

 

疲れを癒しに、私は旅をしていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

車の運転は好きだため息

 

というわけで

 

 

 

ひとりドライブだぜ(*^^*)

 

 

 

お天気もいいし、こんな日は

ひとりでのんびりドライブするのが楽しいんだはーと 

 

なにしろ、明日の試合開始までヒマだから(笑)

今日は静岡の山のほうへ行ってみようと計画中。

 

 

 

 

 

 

紅葉も進んできてるね!

 

 

今日は天気もよくて、青空に紅葉がよく映える。

秋は山。

これは鉄板だとつくづく感じますmomiji*

 

 

 

 

走ること3時間ほど。

 

午前中のうちについたのは、今日の1湯目温泉まぁく

 

 

 

 

 

 

梅ヶ島温泉「さつき苑」

 

 

 

やってるのかどうかも微妙な感じだけれど

一応、ホームページには立ち寄りもやってるって書いてあったしな…。

 

玄関だと思われるところから入ってみて

声をかけてみる。

 

 

日帰りいけます?

 

 

「ちょっと待ってくださいね~~」

 

…待つこと数分。

 

「どうぞ~」

 

 

 

何のちょっと待ってなのかしら…冷や汗

 

 

 

一抹の不安に駆られながらも、入れるってことだから入ってみることに。

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんちに来たような安心感(笑)

 

 

時間が時間だから宿泊客もいないし

つめたい床がミシミシ言ってるのが、なんとも。

 

とりあえず、案内されたとおりに浴室へ。

ほんとに、ここなんだよね?

 

 

 

 

 

 

お湯すくなっ!(゚Д゚≡゚Д゚)

 

 

 

ちょっと待って、ってのは、今からお湯張りますからってこと!?冷や汗

 

確かに源泉かけ流しってことはよくわかる。

けど…

 

 

たまるのに何時間かかるんだ…

 

 

しばらくぬるい源泉の近くでちまちま浴びてたんだけど

あんまりラチがあかないから、諦めて出ることに。

 

お湯たまってないなら、最初からそう言ってくれれば…汗

 

 

旅館から出がけに、お店に人に

あれ何時間でたまるんですか?って聞いてみた。

 

 

 

「そこ違いますよ!浴室はとなりです!」

 

 

 

なんだと…!(O_O)

 

 

 

 

 

 

これよこれ♥

 

 

 

◆単純硫黄泉

 

静岡最強の美人の湯!!!

強アルカリ性のクレンジング湯。

お湯には大量の湯の花が舞ってるんだけれど、この湯の花までトロトロ!

硫黄系のお湯は結構見たことあるんだけれど

こういうお湯ははじめてだ…!キラキラ

 

香りは、いわゆる硫黄臭というのは"ほのかに"という感じ。

濃い温泉だけれど、ニオイが苦手な人でもたのしめる温泉だね!きゅん

 

 

 

なんでも梅ヶ島温泉ってのは、270年ごろに見つかった温泉なんだって。

戦国時代には武将達の湯治場として、武田信玄の隠し湯としても知られているそう。

 

確かに、これは隠し湯だわハート

 

 

 

ようやくたどり着いたうれしさと

温かいぬくもりを堪能したくて。

 

なが~~~く入っていたら、完全に湯あたりしちゃった(^^ゞ

 

 

 

濃い温泉は、ちゃんと水を飲んで

長湯は控えましょうため息

 

 

 

 

 

後半につづく

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校野球には、オフシーズンなるものが設定されている。

 

 

12月~2月の間は対外試合が禁止されているのである。

 

 

だから、この11月に行われる試合で

2016にみられる試合は最後になるってわけ。

 

今のうちに、たくさん試合をみて充電をしておきたいところです。

 

 

 

 

この日、静岡の湖西運動公園野球場では

湖西ベースボールフェスタなるものが開催されていた。

 

 

 

 

 

 

なんでも

湖西市の野球人口が減っている中で、子供達に少しでも興味をもってもらいたい

…というような趣旨なのだそう。

 

静岡・愛知・岐阜と近隣の県から数校と、ゲストに――

 

 

 

わたしの健大高崎が招待されているという情報が!!

 

 

 

ちょうどこの日は、関東から大阪に移動になる日。

静岡は、新幹線の通り道にある。

 

そしてなにより、群馬よりはるかに近い…。

 

 

 

…。

 

 

 

 

 

 

 

遠州灘の夜明けはきれいだ…(==)

 

 

 

というわけで

静岡、湖西市にきちゃった♥

 

 

今回はレンタカーを借りて、車で。

 

球場まで迷って試合に遅れたら嫌だから

早くからロケハンして、試合前まで近くで待機してたのです。

 

 

 

冷たいけれど、乾いた風。

日の出の赤が広がらない空。

 

今日はきっと、いい天気だぞ!

 

 

 

近くのコンビニで朝食をかって、いざ球場へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

芝生じゃん!!!!

 

 

 

外野は芝生、ってのはよくあるんだけれど

内野席まで芝生ってのは、すごく珍しいんじゃないかな。

スタンド一切なし。

 

俯瞰してみることが出来ない代わりに

選手がすごく近くに感じる。

目の前で投球練習してるし、息遣いまで聞こえるよ!

 

普段ネット裏or俯瞰できる場所で見ている私にとっては、すごく新鮮な気分。

 

 

ついでに、アップやトレーニングも見えるところでしているから

選手間で声をかけている内容や

表情とか、小さなしぐさ、ヒーヒーいってるところも見て取れて

誰がどんな子なのかということが把握できる。

 

もちろん声かけたりしないんだけど

みんなが頑張ってる様子みると、なんかニコニコしちゃうよねw

 

 

ふぁいと!(*´ω`*)ノ

 

 

 

 

ちなみにこの日の出場校はこんなかんじ(クリックで拡大)

 

 

 

 

 

 

 

こういうリーフレットが配られてると、ほかの学校の事もわかって楽しいよね~♪

 

高校野球の楽しさってのは

学校の数だけチームがあるのがいい。

チームの数だけ、特色があるからね!

 

 

 

なんやかんや言ってるうちに、試合スタート。

 

 

 

 

 

 

 

ふと。

 

 

私の高校野球観戦デビューは甲子園で

県予選や地区大会を見るときも準決勝以上ばっかり。

 

 

よく考えたら、全国級以外の学校の野球ってほとんど見たことないような…。

 

 

そう。

 

フライは取れて当たり前。

送球も早くて当たり前。

 

それが高校野球の当たり前だと思っていたんだ。

その中で、打か守かに特化するものだと。

 

 

でも、今回の大会で

全国までは届かないけど、力をつけてきている学校という存在をみて、わかった。

 


全然当たり前じゃない…!!

 

 

そういうのを当たり前のようにできる、というのは

決して当たり前のことではないんだって

今回はじめて気が付いたよ。

 

こんなに違うものなんだな…。

 

 

この学校はきっと、"控えの控え″の子でも

違う学校では即戦力になれるような選手が沢山いるんだろうな。

 

選手のポテンシャルだけじゃなくて

高校に入学後も、頑張っているからこそだと思う。

 

 

 

 

 

 

いつも緊張感ある公式戦ばっかり

選手からは遠い所で見ていたんだけれど

 

 

みんな、今日は一段とのびのびやってる気がする♪

 

 

すごい楽しそうで

あ~、野球好きなんだな~って。

 

 

野球で学校入ったんだから当たり前なんだけど

厳しい練習のなかでも野球が大好きなんだな、と思うと

なんだか無性にうれしくなる私なのです(*´ω`*)

 

 

 

そろそろ、地方まで見に行かないで

甲子園&テレビ観戦勢に戻ろうかな~なんてチラっと思ったりもするんだけれど

 

こうしていろんなことを知っていくうちに

もっと見守りたい、とか、

応援したい、とか

このチームでどんなプレーをするのか知りたい、とか思っちゃって

 

気が付いたら見に行っちゃうんだよねぇ…(笑)

 

 

このワクワクやドキドキには、敵わないんだよ。

 

 

 

 

2016年の野球観戦は、これて最後。

 

次はきっと

ひとふゆを越えて、もっと成長した姿をみられるはず!

 

 

がんばれ、と心の中でみんなに声をかけて

球場を後にするのでした。

 

 

 

願わくば、次は甲子園で!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋です。

 

 

食欲も、スポーツも、読書も

何をやってもいい時期なのが、秋。

 

一個に絞るなんてもったいない!

なんて言いながら、食う観る読むと日々忙しいまぁゅん氏。

 

 

そんな中の、ほんの一息。

 

 

 

 

 

 

 

 

乗鞍をドライブ中です♪

 

 

 

わたくし、免許をとってから運転の楽しさに気が付きました。

窓でも開けて走ってるだけで

音楽がなくても、しゃべり相手がいなくても楽しいわハート

 

ということで、一人ドライブです。

別にフラれたわけじゃないわよ。

 

 

…ほんとはツーリングで来たいんだけど

残念ながら私のバイクでは長野まではキツイのだ…汗

 

 

 

実は今回、完全に思い付きで決めたから

何か予定があるってわけじゃないんだよね。

 

とりあえず行先だけ決めて

あとは気分で出発進行!

 

これがB型の旅行だ!(*`▽´*)

 

 

 

 

走ること30分ほど。

 

昼もちかくなってきたあたりで、何やら興味深い建物発見!

なんだろう?

 

 

 

 

 

 

道の駅「風穴の里」?

 

 

 

乗鞍や白骨温泉に行く前の休憩拠点になる道の駅…なんだって。

 

駐車場には車も多いけど

それ以上に多いのが、ツーリング隊のバイク。

 

いいなぁ…。楽しいんだろうなあ。

羨望の熱いまなざしを向けるまぁゅん氏。

私もこういう所を走ってみたい…!ハート

 

 

なにがあるのかと楽しみにしていたんだけれど

あるのは喫茶店と、野菜の直売とか。

動き以ってたべられるものいえば、これかな。

 

 

昼食にナスのおやきを買って、ドライブ再開。

 

おやきは、少量でハラにたまるからいいね!笑

 

 

 

 

さらにはしること、しばらく。

 

到着したのは…

 

 

 

 

 

 

 

乗鞍高原温泉「山栄荘」!

 

 

 

なんでも、この辺のちょっとした穴場の温泉で

こぢんまりとした温泉はもちろん源泉かけ流し!キラキラ

 

値段も手ごろで、いわゆる硫黄のニオイがプンプンする

…そんなところらしい。

 

 

百聞は一見にしかず!

 

 

 

 

 

 

このレトロ感よ

 

 

 

お湯の上には、ペラッペラのフタが浮いてて

上がる人はフタをしてください、って張り紙がしてある。

一人だと半分だけあければ充分…

 

家の風呂か(笑

 

 

 

 

 

 

◆単純硫黄温泉(硫化水素型)

 

これぞ温泉!という白濁の硫黄温泉。

PHは3程度。

お湯をなめたらちょっぴりすっぱい酸性のお湯。

酸性の殺菌作用でお肌を消毒&硫黄の美白効果ですよ♪

温泉の注ぎ口の近くじゃなければ、温度もいい感じ。

 

 

上の写真、お湯の部分だけやたらと画像がザラザラしているけれど

これは別に、画質が悪いわけではなく…

 

 

 

 

 

 

こんな湯の花が浮きまくってるのだ。

 

 

浴槽の縁を指でなぞると、真っ白に。

う~~ん、好きだ♥

 

 

 

 

ちなみに、露天風呂もある。

 

 

 

 

 

 

な~~んか、とんでもない哀愁が漂ってるんだけど…。

 

 

あのフタがまたなんとも言えない。

なんだろう、近寄りがたい…。

 

とりあえず入ってみようと近寄ってみた。

 

 

 

 

 

 

ここは虫の墓場か…。

 

 

 

この浴槽はお湯があんまり動いてないみたいで

この一角だけでもすごい数の虫さん冷や汗

 

この温泉もいいんだろうけれど

さすがにここに入る勇気は……ない…(つД`)

 

これぞ自然の温泉ですな。

 

 

 

これを見たからというわけではないんだけれど。

 

最近は露天風呂もいいけれど

内湯の魅力にも気が付いてきた。

 

こういう、古ぼけた木と光のコントラストが美しい所は特に、ね!キラキラ

 

 

 

 

じっくりと満喫して満足したところで

乗鞍のひと時は終了。

 

やっぱり、こういう個性的な温泉は、いいなぁ~(*^^*)はーと 

 

 

 

 

余談。

この温泉は貸切露天風呂?があると聞いていたんだけど…

 

どこにあるんだろう、と思っていたら

 

 

 

 

 

 

わかるかい!!!笑

 

 

 

次回ここに立ち寄る時は、行ってみよう。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。