欧州旅行記② 2月2日/長い1日~日本からバルセロナへ~【バルセロナ編】 の続き


朝、起きてテレビをつけると『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』がやっていました。しんちゃんはスペインでもあの喋り方でした。


2006_0203(002)2 2006_0203(003)2


朝、カフェみたいなお店で朝食。

【生ハムバゲットサンド、アップルパイ、オレンジジュース】

バルセロナのオレンジジュースは搾りたてでうまい。

俊の注文したコーヒーはやたら小さかった。

ヨーロッパのコーヒーはみんな小さいようです。



食後、バルサの練習を観に行ってきました。


2006_0203(007)3

練習場の隣にあるラ・マシア(LA MASIA)の敷地内で選手たちが来るまで待機。

この時、このラ・マシアが何なのか知らなかったのだけれど、ここはバルサのカンテラ(ユース)の選手の寮だということを後で知りました。プジョルもここで生活したんですね。

【LA MASIA 創設編】


待っている間、練習場のスプリンクラーの水が飛んできたりしました。


しばらく待って11時くらいに誰かが現れました。

髪の長さから見てロナウジーニョかと思ったらモッタでした。

モッタの方がフワフワした髪してます。

1番乗りのモッタはケガのために調整中のようでした。


もうちょっとしてから、他の選手たちが出てくると係員に追い出されてしまいました。

するとみんなそばにあるカンプ・ノウの門の前から練習を見だしました。しばらくすると門が開けられ、さっきより近くで練習が見れました。でも本格的な練習ではなく、遊んでいるようでした。

メッシーとかはサッカーバレー、ガブリとマキシ・ロペスがクロスに合わせてシュートして、それをバルデスがセービングする練習をしていました。ロナウジーニョは累積のため試合に出ないためか、ほとんど練習らしいことをしていませんでした。


2006_0203(009)2 ←メッシー


2006_0203(014)2 ←ビクトル・バルデス


練習には日本人も何人か見に来ていました。

意外にも練習はあっさり終わってしまったのでちょっと残念。


練習見学後、2月5日のアトレチコ・マドリッド戦のチケットを買いに行きました。


2006_0204(001)2

ゴール裏3階席で38ユーロです。


チケット売り場にはバルサのフットサル・ホッケー・バスケット・バレー・野球チームのチケットも売っていました。みんなバルサなんですね。

その後、バルサショップでお買い物しました。

インテルのボールやセルティックのユニホームも売っていました。



お昼はスーパーでスペインのアクエリアスを、隣の果物屋さんでりんごを買って食べました。

果物屋のレジのお姉さんに、ボディーランゲージで

「このりんご、このままかじって食べてもいいの?」と聞くと、

「だめだめ」と言って、おじさんの店員にりんごを洗うよう頼んでくれました。りんごを洗ってもらい、おじさんとお姉さんに「グラシアス」と行って店を出ました。


午後はガウディのデザインしたアパート、カサ・ミロなどを見てカタルーニャ広場へ行きました。


2006_0203(017)3 ←カサ・ミロ


カタルーニャ広場にはめっちゃ鳩がいます。露店のおじさんは棒を振り回して鳩を追い払っていました。

菌をたくさん持ってる鳩のことを「空飛ぶゴキブリ」とヒデが言っていましたが、外国の観光客は手でつかんで遊んでいました。あの人たちは、あの後ちゃんと手を洗ったんでしょうか…?

露店でヒマワリの種が1ユーロで売っていたので買ってみました。日本ではチョコに包まれたヒマワリの種が売っていてそれがうまかったので、本場の味はどんなもんなのか気になり買ったのです。ですが期待していた味ではなく残念でした…。ギザ不味かった…。



夕食はパエリアを食べに行くことになり、お店に行くとパエリアは21時からじゃないと食べられないみたいなことを言われました。スペインの夕食は遅いみたいです。仕方ないので街をブラブラして時間を潰して再びお店に行くと、おもしろいおばさんの店員がいました。英語は通じないけどおばさんのジェスチャーを交えた説明を聞いてパエリアを6皿注文しました。


2006_0203(022)2 ←野菜がでかい!


上の棚にあるのは普通のトマトです。

ナスとピーマンの大きさに衝撃を受けました。


2006_0203(023)3 ←おもしろいおばさん


6人で6皿のパエリアを頼んだので来るまで結構時間がかかりました。そして、運ばれてきたパエリアを見ると1人前には見えない量がありました。多分、何人かで1皿食べるもんなのかもしれません。


食後、しばらくパエリアはもういいやと思いながら、ホテルの近くにあるきれいな病院に行ってみました。

2006_0203(024)3 ←病院の外観

2006_0203(025)3 ←中に入るとこんな感じ


病院じゃないみたいな歴史を感じさせる建物でした。

バルセロナの街の美しさは日本と比べられません。日本で日本らしさが残ってる街は京都くらいじゃないですかね。

バルセロナはこういった美しい街並みが広がっています。

いい街です★


欧州旅行記④ 2月4日/サグラダ・ファミリア&グエル公園  に続きます。


★欧州旅行記★

AD

昨夜、いつものように2時から4時まで埼スポで、『米騒動、アサヒ卒業フットサル』が行われました。


アサヒには約4年、米騒動には約3年所属してきました。

『まーしろ』の名付け親である従兄妹の兄さんに紹介されてアサヒに入った当初は、職場に知り合いもいませんでした(兄さんは就活中、姉さんの方はしばらくして職場復帰)。いろんな人に質問しまくって親しくなっていった気がします。みんな『まーしろ』と呼んでくれるようになったので心地よかったです。


でも同世代の人がいなくてやはり寂しかったので、まずGっちょんを誘いました。Y川くん、M寺くん(漂流教室返してほしい!)、Yうくんも初期に誘ったメンバーです。

その後も、何人か誘っていきました。そして、紹介した人がさらに紹介していき、どんどん同世代が増えていきました。アサヒには東中、城川の同級生だらけになりました。

こうして『まーしろファミリー』は拡大していきました。この人員増大によってアサヒはピンチを乗り切ったそうです。確かに当時から仕事量は増えていく一方だったからなぁ。


しかし、今のアサヒは同世代が就職のために次々と辞めていき、メンバーが足りません!初期に召集したメンバーで最終的に残っているのはGっちょん、Y川くんの2人だけになりました。

HPで埼玉オフィスでは「募集終了致しました」と表示されていますが、あれは嘘です。きっと何かの間違いだと思います。狭山市、川越市に住む方でアサヒが気になる方は会社に問い合わせてみてください。


●アサヒセキュリティ●

『先輩社員より』にM田(兄)さんが出ていてビックリしました。


アサヒで働いていて1番の思い出は偽1万円札を発見したことです。

なんか嬉しかったなぁ。


米騒動は、最初、スポーツ吹き矢をやる目的に発足しましたが、いつの間にかフットサルのチームになっていました。ああいう風にみんなとフットサルするようになって、より職場が楽しくなっていった気がします。



昨夜はフットサル後に寄せ書きボールをもらいました。

ありがとうございます。


20060226_0513_0000

管理職のY尾さん、社員の人も書いてくれていました。
A場さんの「またシュレッダーやりに来て下さい」は面白いと思います。
みなさん、どうもお世話になりました。

これからも体に気をつけて頑張ってください。

あと仕事中はマスクを着用した方がいいと思います。

AD

今シーズン最初のタイトルはレッズが獲りました!

まぁ負けても準優勝というカップですけど、Jリーグ開幕前に開幕であたるガンバに勝てたことは良かったと思います。


ガンバは明神がストッパーで出場してました。本職の手島を実戦でテストすればいいのになと思いました。あとはアラウージョと大黒が抜けて攻撃に迫力が無くなってしまった感じがしました。レッズは後半にかなり攻め込まれましたがゴールされませんでしたからね。


試合が始まって数分に起きた坪井のオウンゴールはショックでしたが、10分もしないうちにポンテのFKを堀之内がヘッドで同点にしてくれて助かりました。堀之内コールに見事に応えてくれてビックリしました。ほんとに決めたよ!って。

完璧にDFの前に入っていて、いいポジションどりをしていました。堀之内はセットプレーでの得点率が高いですね。何かコツをつかんだんでしょうか。


小野、長谷部、ポンテ、ワシントンによるダイレクトパスの連続する展開は、観ていて楽しかったです。ああいう展開をこれからもどんどんやっていってもらいたいです。野洲みたいなパスワークは最高ですからね。


やっぱり小野は巧いですね。いろんなことをしてくれました。決定的な場面を生み出すスルーパスも出していました。そして、ボールを持つと安心感があります。今シーズンはアシスト王になりそうですね。


ワシントンは1対1を確実に決めていました。決定力高いですね。大きいけれど足技もうまいし、ポストもうまかったので、期待できそうです。

ポンテも冷静にゴールを決めていました。タッチがやわらかくて世界を感じさせます。今シーズンもやってくれますね


代表から帰ってきた長谷部は、運動量豊富で、もうシーズン中のような動きをしていました。今年はJリーグで大活躍して、ジーコの頭痛の種 になって滑り込みで代表入りしてドイツW杯に参戦してもらいたいです。そして、交代出場して最初のプレーはドリブルして相手DFを振り切ってシュートというのが理想的です。


相馬に出てもらいたかったんですが、観られなかったのが残念です。試合前のアップで巧みなシザースを見せていたので期待していたんですけど、後半、三都主に代わって入ったのは相馬ではなく細貝でした。

細貝はボランチ、ストッパー、そして、今日のポジションはウイングバック?とユーティリティなプレーヤーになってきました。細貝は内館みたいになるんですかね。


三都主はブラジルの血が騒いだのか自陣の深い位置でもボールキープしたりと不安だらけでした。


山田は、なんか適当なプレーが多くて残念でした。キャプテンなんだから、もっと気合いを入れてもらいたいです。


坪井はスピードがあるんですけど、ウイイレのパラメーターのとおりパス精度が…。


試合終了後の小野の会見映像

試合終了後の長谷部の会見映像


来週、Jリーグ開幕して試合を重ねるごとに連携が高まっていき、楽しいサッカーをやってくれるでしょう!小野も「きっと、もっと面白いサッカーが見せられると思う」と語っていたので期待できますね!

AD

素晴らしいパフォーマンスでした。

ミスも無かったし、ステップが優雅できれいでした。

あと上体を反らすイナバウアーって技の響き、不思議な感じです。

荒川さん、おめでとう★

時事通信 の荒川に対するインタビューで「浅田真央はチャンピオンになれると思うか?」とありましたが、先走りすぎじゃないかと思いました。F.F(フライング・フィーバー)症候群ですね。荒川にもっと何か他に聞くこと無かったんですかね。


村主は、そんなに目立ったミスもなかったんですが得点が伸びず4位。


安藤は、失敗したけど「4回転にトライしたことが素敵な思い出」と語っていましたが、ほんとにそうなのか疑問に思いました。練習中はプログラムに4回転を入れてなかったのに、本番でいきなりできちゃうもんなんですかね?なんだか周りが「4回転、4回転」言い過ぎて4回転を飛ばざるを得なくなったのかなと思いました。まぁ初出場の五輪でSPで上位に入れなくてメダルの可能性も少なくなったので、すんなり4回転にトライできたのかなとも思いました。


第177話 結婚バトン

テーマ:

Q1:あなたは何歳で結婚したいですか?
 
若ければ若いほどいいですね。子供と一緒にスポーツとかして体動かしたり旅に出かけたりしたいですからね。


Q2:子供は何人ほしいですか?

2人くらいかな。男の子と女の子。


Q3:今子供に名前をつけるとしたらなんてつけますか(男・女一個ずつ)

男:雅○
女:七海、雅美orまさみ


Q4:それは何故ですか

なんとなく自分の名の一部を継いでもらいたいからね。
七海は響きがいいから。


Q5:子供には勉強とスポーツどっちができてほしいですか?

勉強だけできてもつまんない。ほどほどに勉強してスポーツが得意な子がいいなぁ。
 

Q6:あなたの子供に恋人ができました。どうしますか?

そっとしておくけど気になってしかたがなくなる。


Q7:ずばり男の子と女の子。生むとしたらどっち?

どっちも。これは選べないです。

 
Q8:子供がグレたらどうしますか?

多分、グレない気がします。


Q9:子供になってほしい職業は?

人に迷惑かけない仕事。自分らしさが活かせる仕事。


Q10:バトン回す人3人

これ見てやりたいと思った人、やってください。