昨日、杉ゼミの4年生で結成したチーム「ミシャライ・トモヤ」で

フットサルの大会に参加してきました。

この日のために毎週木曜日の午前中に光が丘公園で練習してきました。

そして練習後はお風呂の王様に行ってからゼミに行っていました。

(練習後のゼミは眠い…)


2__hr_D1010048

【メンバー紹介】

キャプテンのdo(日本でトップクラスの空手家)

エースストライカーのS木(女子サッカーのプレーヤー、巧い)

元ゼミ長のSげ(熱き魂を持つ男)

チームの兄貴的存在のS門(止まらない酒豪)

FLOWのK端(中盤のジャガイモ)

カーディガンのSゅん(最近はPIZZA OF DEATHのパーカー)

ごっつぁんのまーしろ(学校ではしゃちょうと呼ばれているがほんとは「まーしろ」)


試合会場は京成関屋のMFP (ミズノフットサルプラザ)千住。

大会の詳しい情報 にはチームを創ってから半年以内くらいのビギナーから超ビギナーチームが対象と書かれていますが、あれはウソです…。

ビギナーっぽいチームは1チームくらいで、他は普通にサッカーしてるだろうって人ばかりでみんなチームのユニホームを着ていました。


フットサルのコートは堅くて足に負担がかかる造りをしていました。

試合は全部で6試合しました。7分5試合、

結果は再試合があったりしてちょっとゴタゴタして15チーム中7位でしたが、まぁ初めての大会なので、これくらいでいいでしょう。


試合で印象に残ったプレーは

ケガをしてしまったが痛み止めを飲んで出場したdoのスーパーセーブ。

あの横っ飛びはすごかったですね。ユニクロを着た黒クモです。

ギャラリーから歓声が沸き起こってました。


S木はチーム得点王になりました。

女性ゴール2倍方式じゃなくても普通に得点王でした。

左右両足蹴れるしキープできててやっぱり巧かった。巧です。


僕はバランスをとることを意識してプレーしましたが

あれで良かったのかわかりません。

まぁ右サイドやや遠めからシュートし逆サイドネットにぶち込んで

得点できたので気持ちよかったです★

ミドルも何本か撃てたしまぁ良しとしましょう。


試合後は銭湯に行きました。

足立区 は都内屈指の銭湯区っぽいです。

東京都浴場組合ホームページ


昨日行ったのは「弁天湯」 という懐かしい感じの銭湯です。

※弁天湯はタオルの貸し出しをしています。石鹸のサービスもあります。

昨日は特別な日でりんご風呂をやっていました。

そして60歳以上は入浴料が半額の200円となっていました。

中は昔のままの銭湯で昭和の匂いがしました。


体を洗って湯舟に入ると、ものすごく熱くて体がしびれました。

温度計を見ると針が46℃を指していました…。

こんなに熱い風呂に入ったのは初めてです。

そして、こんなに熱い風呂に入って大丈夫なのかな?と

思っていると、隣に入浴していたおじいさんが

「ぬるい風呂に入っているとのぼせちゃうから、熱い風呂に

パッて入る方が健康にいいよ」と語ってくれました。

そういうような話を5分くらいしました。

しばらくすると46℃に体が慣れてきて気持ちよくなってきましたが

やっぱり熱かったです…。

隣にいたおじいさんが出ると、体が真っ赤になっていて大丈夫なの?

って思いました…。

そして、その後も僕は風呂に入っていました。

りんごが風呂に入っていたのでりんごの香りが心地よかったです。

のぼせてきたので洗い場のイスに座っていると、サウナに入ったような

汗のかき方をしていました。汗が細かく出るのです。

そして、もう1度風呂に入ってあがりました。


風呂上りにはコーヒー牛乳は必ず飲みます。

もちろん昨日も飲みました。


そして、反省会&打ち上げをするために日暮里に

移動して酒を飲みました。

店には4時間ちょっといたのかな?

帰りにS門が階段の手すりに前のめりにもたれかかっていて

階段の下のほうにスルーっとすべって頭から倒れそうになって

いたので驚きました。


家に帰宅してテレビをつけると「素敵な宇宙船 地球号」 がやっていて

ヨーロッパでは銀杏のことをギンコ(ginko)と呼ぶことを知りました。

ginkyoをginkoと聞き間違えたドイツ人が国に帰ってからギンコとして広めたそうです。

その後は「やべっちF.C.」 見て新聞を見たらフジテレビで

「馳星周のスペインサッカー熱狂の裏側~サポーターよ熱くなろうぜ!~」 がやってることを知りすぐにチャンネルを変えました。

番組ではバルサのソシオのバルサに対する情熱などが取り上げられていました。

元マリノスでスペインに留学したことのあるFW安永が昔、マリノスで川口が試合中にいろいろ言ってうるさかったそうです。で、スペインに行ったらみんな川口みたいだったそうです。

この安永の話が1番おもしろかったです。

バルサの練習には大勢の人が駆けつけていました。

あっちに行ったら練習を見るので、現地の人よりも早く練習場に行かないと練習が見れなくなりそうです。

現地の人には負けられないなぁ。

バルサの特集を見て、ますます旅行が楽しみになってきました♪

AD

ミラクルVに向けて絶対に負けられないレッズ

埼スタでの今日の相手はジュビロ磐田

磐田はアジアCLに出たために今シーズン成績が良くないんでしょう。

同じようにマリノスも。

あの大会は出ないほうがいいと思います。

危ないプレーばっかだし、疲れるし…。


試合はレッズが押し気味に展開しますが、

シュートまでなかなかいけません。

前はこういう詰まったときに長谷部or鈴木

ミドルでドカンと決めていたような気がします。

守備では堀之内が今回も頑張っています。

前田に仕事をさせません。

ジュビロ福西は結構な体の当たりなどでレッズの選手を潰します。


後半になると前田に代わってカレンが投入されます。

するとジュビロが盛り返してきて攻守の切り換えが速くなってきました。

ゴール前、成岡が倒されて得たFKを名波が蹴り、壁にちょっと当たり

軌道が変わってポストに弾かれました。

あれは「やられたかっ!?」と思いました。


しばらくして走りながら福西がノールックで長谷部の足を蹴り一発退場。

やはり福西にはラフプレー(アルパイ系)の血が流れているのでしょう。

福西を見ると千島を思い出します。

数年前に千島がJデビューした時、ジュビロが相手でした。

その時、千島福西がゴールライン上で競り合いをして

プレーが止まった瞬間、2人が小競り合いをしているのが印象的でした。


数的有利になった浦和はボールを回し、サイドから攻撃が増えてきます。

そして右サイドでボールを受けた山田が中に速くて低いクロスを入れると

ジュビロDFがクリアミスをして、うまい具合にボールの軌道が変化し

ゴールへ吸い込まれていきました…。

「うぉー!?」

ああいうシーンは鹿島青木を思い出します。

2001年ワールドユース、ペナルティエリアちょっと外の辺りでクリアミスしボールが後ろに浮いてしまいそのまま日本のゴールへ吸い込まれていったのを覚えています。

あの失点シーンは見ていて悲しかったです…。

途中出場の赤星横山はなかなかいいプレーを見せてくれました。

横山はもっと思い切って強引にシュートを撃ってもらいたいと思います。

赤星は前が空いたときにミドルを撃っていたのでこれからもああいうプレーを期待したいです。

試合の最後の最後にジュビロの長いFKをレッズDFがいったんは弾き返しましたが、その後のプレーがお粗末すぎて大ピンチになりましたが助かりました。


今日のレッズで気になったのは、後半にサイドやセンターライン付近でボールを持っているときにペナルティアークの前の辺りのスペースに飛び込んでいくプレーが見られなかったことです。なんで誰もあのスペースに飛び込んで行かないんだろうとずっと思ってました。


レッズは何とか1-0で勝つことができました。

そして他会場の結果を見ると…

崖っぷちのヴェルディに5-1で勝ちヴェルディが降格しました。「5-1って…。」

前節ガンバと並んで1位のセレッソマリノスと1-1で引き分け。

「ほっ」

3位の鹿島清水と2-2で引き分け

「ふぅー」

そして2位のガンバジェフに2-1で負けていました。

「おわぁー!?ナビスコでもJでも…」


順位表を見ると

 1位セレッソ(58)

 2位ガンバ(57)

 3位レッズ(56)

 4位アントラーズ(56)

 5位ジェフ(56)

となり、もうJリーグの優勝争いがさらにおもしろくなってきました。

最終節、レッズは新潟でアルビレックスと対戦です。

ミラクルVに向けて負けられない戦いです


【第34節の試合】

セレッソ-F東京     ⇒今野頑張れ!

フロンターレ-ガンバ  ⇒ジュニーニョ点獲ったれ!

アルビレックス-レッズ ⇒WE ARE REDS!!!

アントラーズ-レイソル ⇒入れ替え戦に向けてきっと気合の入ったレイソル!

ジェフ-グランパス    ⇒楢崎、代表GKの意地を!

□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■
今日の試合は今シーズンのホーム最終試合ということで

選手たちが埼スタのグランドを1週しました。

久しぶりに達也の姿を見ました。

笑ったりしていたので少し安心しました。

まだまだ復帰するのは遠そうですが頑張って復活して元気にプレーする姿を見せてもらいたいです!

20051126_1704_0002 20051126_1705_0000

↑松葉杖を使って歩く達也   ↑松葉杖を渡して足を引きずり

                     ながら歩く達也

AD

ロナウジーニョのバー当て

あんな風にバー当てする人見たことありません!

あれがBRAZILIAN PING PONGなんですね。

他にもCONTROLの動画も見ていておもしろいです

ロナウジーニョっていつ見てもすごいですね

世界スーパープレーヤー列伝 ロナウジーニョの技

AD

大宮と首位ガンバの試合。

レッズにとってミラクルVのために大宮に頑張ってもらいたいところです。


試合は大宮がいいリズムで攻めていきます。

でもシュートまでなかなかいけませんでした。

大宮のレアンドロと若林の2トップがいい感じです。

ガンバは流れがよくないですね。

パスもうまく回せていませんでした。

そしてアラウージョが個人技で崩そうとしますが大宮DF陣が頑張ります。

この試合、大宮のホームなのに審判の判定がややガンバ寄りに感じました。


後半になると前半頑張りすぎた大宮の運動量が少し落ち

ガンバが盛り返してきますが、やはり調子がよくないみたいです。

アラウージョも三都主みたいにファウルをもらおうとするプレーが目立ちました。

清水時代なら、ああいう場面でも諦めないでシュートしていた気がします。

ガンバはいいシュートを何本か撃ちましたが荒谷がナイスセーブ。

右サイドバックの西村はなかなかいい攻め上がりを見せてくれます。


そして、後半終了間際に左から藤本が中にクロスを上げ

中に走りこんだ久永がヘッドでゴール中央に叩き込みました

「うぉー久永!」


大宮が1-0でガンバに勝ちました。

ガンバの攻撃を耐えてよく頑張っていました。


【この試合で気づいたこと】

宮本の人気はやっぱりすごいです。

コーナーでヘディングシュートした時の黄色い歓声は

他の選手とは違うなと思いました。

でもやっぱり空中戦はいまいちの宮本でした…。

遠藤って結構ダーティーなプレーするんだ…。

第130話 いぬ占い

テーマ:

ゼミの人がおもしろそうな占いをやっていたので

僕もやってみました。


僕はダックスフンドでした。


【基本性格】
あなたは生まれつき素直でまっすぐな心を持った人です。そして、育った環境においても、あまり押しつけられたり、厳しくしつけられたりすることがないままに成長してきたので、自由でマイペースな性格がそのまま残っています。
⇒確かに僕はマイペースですね。


第125話の心理テスト に引き続き、またもや結果が当たっているような気がします。いぬ占いは女性向けの占いなんですが、男の僕がやっても当たるみたいです。

占いっておもしろいですね


いぬ占い ⇒http://www.walkerplus.com/uranai/inu/