今日、面接があるのでちょっと寝貯めして

ブラジルvsアルゼンチンの決勝戦を見ようとしましたが

気づいたらドイツvsメキシコが始まってしまったので

見ざるをえませんでした…。


ドイツのイメージは今までは堅く守って戦うイメージが

あったのですが、今大会では攻撃的な戦いをしていたので

ドイツのイメージが変わりました。

失点が多いけれど得点も結構多かったです。


3位決定戦はオーストラリア戦のように点の取り合いに

なりましたね。

開幕戦からあんなに点が決まる試合なんてと思っていましたが

今日の試合展開も想像を超えた試合になりました。

最後はドイツのキャプテンのバラックがFKをきれいに決めて

ドイツを勝利に導きました。

あれはいいFKでしたね。速いし落ちるし。


メキシコのボルヘッティはヘディングでほんとによく決めていますね。

いつもいい所に走りこんできてヘディングを決めています。

メキシコが勝ってもおかしくない試合だと思いました。

ドイツは1人退場しちゃってたし…。


ドイツはちょっと追いつかれすぎじゃないかと思いましたが

最終的に勝っているのでやはりすごい国なのでしょう。

ゲルマン魂ですね!


ここで寝ようかと思いましたが

すぐにブラジルvsアルゼンチンの決勝が始まるので

見ざるを得なくなりました…。


試合が始まるとブラジルが試合を支配していました。

どんどんパスを回していきアルゼンチンが1人少ないのかと

思えるほどでした。

そして、前半11分にアドリアーノがまたやってくれました!

ペナルティエリアの右付近からDFをかわし左に流れ

左足のバズーカ砲が炸裂しました!

ゲームみたいに強烈なシュートですね…。

さすがアドリアーノです。

サカつくの光プレーでああいうシュートシーンがあっても

いいと思います。ドッカーンっていう感じの。


5分後、今度はカカがゴール右上隅にシュートして

ビューティフルゴール。


後半開始早々にはロナウジーニョがクロスに飛び込み

GKルクスの股を射抜いて3-0に…。

こんなに一方的な試合展開になるなんて予想外です。

アルゼンチンは3週間前にホームでブラジルを3-1で圧倒したのに

今日は完全に真逆の立場になってしまいました…。


ロビーニョのシュートがバーに直撃してしまったのは残念でした。

決めていればオフェンスの選手が全員ゴール決めたことになったのになぁ。


そして63分、クロスにアドリアーノがドフリーで飛び込み4-0に…。

アルゼンチンDFには、もう戦意がなかったんでしょうかね。


その後、途中交代で入ったアイマールがダイビングヘッド決めました。

さすがアイマールです。

なんで最初から出さなかったのかよくわかりません。

テベスも最初から出していれば何かしてくれたことでしょうに…。


ルシオはリベロっぷりを見せてくれました。


コロッチーニは髪が伸びてました。

あと足元のテクニックがうまかったです。


↑スタジアムの雨漏りがすごかったですね。この辺りだけ嵐のようでした…。


そして試合終了。4-1でブラジルがコンフェデで優勝しました。


今大会5ゴールで得点王を獲得したアドリアーノ

記者投票による最優秀選手に選ばれました。

衝撃的なプレーを何度も見せてくれましたからね。


バラックの代表での得点数が2試合に1ゴールくらいの

割合だったことに驚きました。

□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

ヨシカズ さん

最近、サカつく04のマイチームに所属する小林大悟が

32歳で引退を申し出てきて我がチームのコーチに就任しました。

AD

コンフェデレーションズカップ・ドイツ大会の公式サイト による

『大会から姿を消して、最も残念な選手は?』という

アンケート調査で、日本代表MF中村俊輔

33%を得票して1番になりました♪



Nakamura leaves his mark

 

コンフェデの

 英語のページでは40%

 フランス語のページでは23%

 スペイン語のページでは16%

 ドイツ語のページでは19%

を俊輔が得票しました。


ブラジル戦での俊輔のゴールは

magnificent left-foot strike

(素晴らしい左足の打撃【シュート】)

と書かれており

大黒の最後のシュートが決まっていれば

トーナメントに大きな波乱を巻き起こしていただろう

というようなことが載っていました。


【ブラジル戦についての俊輔のコメント】公式HP より抜粋

ブラジル戦の後半はうまく守れた。うまく守れれば、もちろん攻撃にもいい作用が働く。いい内容で試合が運べたと思う。

ただ、ブラジルはみんな疲れていたし、スペースもかなりあったので、2-2という結果には満足していない。

自分のシュートも普通だったらもっとプレッシャーがあるし、もっと早いタイミングでもっと厳しいコースにシュートを打てるように練習しなきゃね。

これからもミシャライなプレーを見せてもらいたいです!


□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

【世界のサポーター】

↓ケニヤのサポーター
 

この全身ペイント、とてもアフリカンですね。


↓アルゼンチンのサポーター

なんかドラえもんみたいな配色です。

AD

今日は藤沢市の消防職試験を受けに行きました。

朝6:40の電車に乗り8:38に藤沢に到着しました。

約2時間もかかりました…。

池袋から乗り換えなしの1本で行けたのは良かったですが

やっぱり藤沢は遠いです…。


初めて藤沢に行ったんですがあの街は都会ですね。

コンクリートジャングルでした。

駅から歩いて約20分のところに試験会場があるのですが

途中の上り坂は長かったです…。

神奈川は上り坂が多いんですね…。

途中、団地が解体されている工事現場がありましたが

瓦礫の山がいっぱいで戦争したらこんな風になっちゃうのだろうと

思いつつ歩いていくと試験会場に到着しました。


そして試験を受けて帰りに気になることがありました。

もう何回か公務員試験を受けていますが今日の会場では

やたらスーツを着ている人がいました。

『なんで1次試験からスーツなんだろう?』

そしてやたら知り合い同士で試験を受けに来ている人が

たくさんいました。

なんか団体受験しているようでした…。


試験が終わった時間はお昼頃で外は

もう真夏になっていました…。

コンクリートジャングル藤沢らしい暑さでした。

(ヒートアイランドのような暑さ)

後もう一つ気になったことは

藤沢駅の1,2番ホームが使われていないことです。

あんなにでかい駅なのにもったいないと思いました。

まぁ、とりあえず今日は暑かったです。

これからもっと暑くなるんですね…。

AD

 

バイトから帰ってスカパーを見ると

モロッコvsイタリアが放送されていました。

すでに後半になっておりスコアはの同点でした。


ハイライトによると

前半25分、コンフェデで日本がやられたような形でイタリアが崩されモロッコ先制

イタリア、CKをDFカニーニが決め同点

モロッコのGKは前半、2回PKを止めたそうです。

というような展開でした。


そして後半になるとイタリアが攻め切れずそのまま

シルバーゴール方式の延長戦へ


延長前半、モロッコの選手がユニホームを引っ張られFKを得ます。

浮き球のボールを中にいれイタリア13番が競り勝つが

頭に当てたボールはGKの横を通りオウンゴールに…。

モロッコが1点リードします。

その後の13番は、かなり動揺しているプレーをしていました。


イタリアの同点ゴールを決めたカニーニが2枚目のイエローで退場

見た感じ退場させなくてもいいんじゃないかと思いましたけど…。


延長後半、イタリアバルザッキが前線でボールを奪い

中にクロスをあげFWペッレが頭で合わせイタリアが同点に追いつきます!


モロッコはCKがうまくないですね。

誰も合わせられないボールばかり蹴っています…。

モロッコのGKはボールの目測を誤り危ないプレーをしていました。

日本もループ気味のシュート撃てば入っていたかもしれません。


そのまま決着がつかず今大会初のPK戦になりました。

モロッコが先行です。


〇 × 

× × 

〇 〇←外すと厳しくなる場面でペッレチップキック

         ど真ん中に決めました。度胸ありますね。

〇 

○←真ん中へ蹴りモロッコがこの試合に勝ちベスト4進出です。


今日の試合はイエローが出まくりです。

モロッコ6 イタリア

そして両チーム合わせてファウルが72もありました…。

この試合の主審は韓国か中国の審判でファウルの判定に

ばらつきがあったりしていい審判ではありませんでした…。


モロッコは南米みたいにずる賢いチームでした。

イタリアはFWペッレがうまかったです。全盛期の平山みたいで

どんなボールが行ってもうまくトラップしてシュート撃ったり

味方に落としたりしていました。

ペッレにボールが行くといつもチャンスになっていました。

これからが楽しみな選手です!

あと番の選手の運動量が豊富でいいプレーをしていました。


モロッコは次にナイジェリアvsオランダの勝者と対戦します。


□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■


ブラジル戦後のドイツでの大黒の評価はうなぎ上りだそうです。

ブンデスリーガでは高原が活躍していますが

『大黒こそ、スシ・ボンバーだ!!』と特集を組んだ報道もあったそうです。


ブラジル戦後の大黒

『ブラジル?ボランチより後ろは普通…僕らの方が速かったです』

『日本人でも十分やれる自身がつきました。高さではなく、スピードで勝負できることが、ホンマよくわかりましたわ』と語りブラジル戦で自信をつけたみたいです。


いつもどおりのプレーをした三都主

『ブラジルのサイド攻撃は甘かった。あと5分あれば、絶対勝っていた』といつまでも悔しそうに語ったそうです…。

『絶対勝っていた』とは…すごい自信ですね…。

でも三都主にこう言われてもねぇ…。


 褐色のドリブラー 三都主物語
この頃の三都主はまだ見所があったのですが…。


←三都主Tシャツ


そういえばメキシコ戦後

俊輔アレックス(三都主)は守備をしない』と批判していました。

僕もそう思います…。

あと攻撃するときは加地みたいに前に飛び出しません…。

これからの日本は、攻撃の右サイドは加地で左サイドは俊輔に任せ、

左サイドバックは三浦淳でいったほうがいいと思います…。


もしくはヴェルディの相馬で…。

日本は決勝トーナメント進出するのに負けられないこの試合。

ブラジルもメキシコに負けて勝ちたいこの試合。

両者にとって負けられない試合になりました。


試合開始早々、加地が決めるもオフサイドでノーゴールに。

惜しかったなぁ。ジーコ割引で見逃してくれれば良かったのに…。


epytoさん による検証

これを見るとオフサイドじゃなかったことがわかります…。

線審はあの位置から見ると加地が出てるように見えるのかもしれませんが…。


今日の日本はギリシャ戦に続き積極的な戦い方をしていました。

パス回しも細かくつなぎ見ていておもしろかったです。

やはり日本はブラジル的な戦い方をするんだなと思いました。


ロナウジーニョが速いドリブルで攻め込みロビーニョへ

ロビーニョが冷静にゴールを決めました。

うまかったです。


そして中村俊輔がボールを持ち、前を向いて

すぐにシュートして同点に追いつきました!

シュート撃てると思ったら撃ってくれたんでうれしかったです!

ああいうプレーは前回のコンフェデのフランス戦でもありました。

あのときはゴールにはなりませんでしたけどいいプレーでした。


小笠原が絡むと攻撃チャンスがなくなっているような気がします。

ジーコのお気に入りだから先発なのでしょうかね。

韓国では『ジーコの皇太子』と呼ばれているそうです。

小野がいたらもっといい試合ができると思います。


ロビーニョが左から中へグランダーのパス

それをロナウジーニョが決めブラジルに1点リードされました。
三都主、もうちょっと頑張ってほしかったなぁ。


後半になっても日本はいい感じです。


大黒が玉田と交代して投入されました。

大黒はチョコチョコ動き回り相手DFをかき混ぜますね。


小笠原と交代で中田浩が出てきます。

大黒が出たので遠藤を出してくると思っていましたが

ジーコは鹿島ファミリーを選びました。


福西はよくボールを奪っていて良かったです。

中田はたまに適当なパスを出してピンチを招くのが玉にキズです。


大黒がスルーパスをゴール前に出し柳沢がシュートするも

GKマルコスに弾かれます。

柳沢はいい動きしていましたが疲れが見えました。


俊輔のギリギリ足を伸ばしたシュート、惜しかったです。


柳沢と鈴木が交代です。

久しぶりに鈴木が出てきましたが今日はとくに印象が残りませんでした。


そして後半43分

中田が削られFKを得ました。

そして蹴るのは日本で1番10番が似合うんじゃないかと思う

我らが中村俊輔です!


ウイイレの○ボタンチョン押しFKのように蹴りゴールに入るかと

思いきやポストに…

そのこぼれ球を大黒がつめてゴールへ蹴り込み同点に追いつきます!


そして試合終了…

2-2の同点でした。

もしかしたら王国ブラジルに勝てたかもしれません。

日本は、あと何が足りなかったのでしょうか。

やはり攻撃の精度がもっと上がらないと勝てないのでしょう。

でも最近の日本代表はおもしろいサッカーをしているので

何か期待が持てるようになりました。

ドイツではダークホース的なチームになってほしいです!

そのためには日本の選手がそれぞれのチームでしっかり

活躍しないといけません。

これからの日本の選手の活躍に期待しています!