第58話 体力テスト

テーマ:

今日は上北沢へ行きました。

そして就活で初めて体力テストをやりました。

その日はまず筆記試験をやってその後に体力テストでした。


体力テスト内容は腹筋、背筋、前屈です。

腹筋のテストは仰向けになって上半身を斜めに起こしたまま

何秒耐えられるかというものがきつかったです。


テストの後、バイトがありました。

翌日、腰の上の辺りがすごく痛くなりました…。


普段使っていない筋肉を意識的に動かさないと

体が衰えてきてしまうことを実感しました。

20歳過ぎてからは運動しないと体力がすぐ落ちる気がします。

体力つけよう!

AD

App0001 【古田2000本安打おめでとう】


今日は朝1番で隆さんが働いている会社Nガイレーベンの面接です。


朝は満員電車が地獄ですね。

車内でi-podを聞いていて池袋で下車するとき

イヤホンケーブルが人波に飲み込まれて下に落ちてしまいました。

人の流れに押し流されて下車し、人波が去った後に下を見ると

イヤホンケーブルが落ちてました。

その時、親子連れの親の方がケーブルを踏ん付けていきました。

子供の方は気付いていたようです。

その光景を見てなんか悲しくなりました。


池袋からは埼京線で新宿に行き中央線に乗り換えて神田に行きました。

埼京線に乗るときあまりに混んでいたので1本次の電車にしました。

乗客を押し込む光景は笑うしかありません。

前、あれを見て笑っている外国人がいました。

海外では満員電車ってあるんですかね。気になります。


予想以上の混雑で途中の乗り換えで時間がかかり

面接開始時間に危うく遅れるところでした…。


面接は学生3人、面接官6人で行われました。

僕は今回の面接で10回目になりました。(7社)

面接では主に履歴書に書いてあることが聞かれました。

履歴書への質問をしてくれる会社があまりなかったので

今日いろいろ聞かれて嬉しかったです。


面接で僕の趣味の『旅』について聞かれたときに

僕の話に出てきた桜はこれです。↓

ここは隅田川の月島方面です。

この桜の木の下でスーツ姿の僕は1時間以上

休憩していました。(この日の就活まで時間があったので)

天気も良く風も心地良く、桜吹雪を見ながら過ごしました。


この場所で休憩する前には月島を歩いたり築地にも行きました。

築地にはいろんなもの(食べ物)があるので歩いて見るだけでもおもしろかったです。

テリー伊藤の兄の卵屋さんの玉子焼きは美味しかったです♪

100円で小分けされた玉子焼きを食べました。


勝どき橋を渡って月島方面に戻るときに橋の上でドラマの撮影が行われていました。

道路の反対側で撮影していたので誰がいるのかわからなかったので

橋を渡りきって道路を渡りもう1回橋を渡りました。

そして撮影現場に行くとそこにはキムタクがいました。

テレビで見たまんまで不思議な感じでした。

キムタクを見た人の顔がみんな笑顔になっていたのが印象的でした。

距離1mですれ違ったので何か得したなと思いました♪

以上が築地・月島の出来事です。


面接終了後、右隣に座っていた工学部の学生さんと話ながら帰りました。

左隣のテコンドー部の学生さんは別方向でした。

帰りに僕が気になっていたことを言いました。

「ナガイレーベンのカタログのモデルは外国人がほとんどなのはなんでだろう?」

すると彼もこのことが気になっていたそうです。

このこと以外についても話ができたので良かったです。


□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

【今日知ったこと】

「マックのメニューの中でバナナシェイクが1番カルシウムを多く含んでいる」

就学前の子供の場合シェイク1つで1日に必要なカルシウムの約8割が摂取できるそうです。

AD

第56話 路面電車でGO!

テーマ:

20041117_2250_0000 ←【都電】

 

オーストラリア・メルボルンで、鉄道マニアの少年(15)が路面電車を勝手に運転して捕まりました。

車庫から盗んだカギで動かし、客を乗り降りまでさせて約30km走ったところで警察が電源を切って止めました。

少年は運転士を観察しただけで運転方法を覚えたそうです。

 □ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

そういえばもう花粉のシーズンが終わった気がします♪

一時期は花粉にムカムカしてましたがもう大丈夫みたいです。

AD

kew3l ←【リーズ時代のキューエル】

 

ついにオーストラリアがアジアサッカー連盟に加盟しましたね。

2002年W杯の時はオセアニア予選をもちろん勝ち抜き

南米予選5位のウルグアイと1つの出場枠を争いましたが…

負けてしまいました。

オーストラリア代表がアウェイのウルグアイに行ったら

空港でウルグアイ人に囲まれて大変そうでした。

 

オーストラリアは僕の好きなキューエルの国なのでW杯に出てほしかったです。

キューエルはオーストラリアサッカー協会と仲が良くないみたいであまり代表の試合に出てません。

シドニー五輪ではアキレス腱の調子が良くなくて出れませんでした。

シドニー五輪はピルロが点を決めていたのが印象に残っています。

 

そしてキューエルの影響でリーズが好きになりました。

当時のリーズは勢いがあって良かったんですがね…。

 

試合ではいつもアラン・スミスとリー・ボウヤーがイエローカードをもらってるイメージがありました。

ギャングみたいなチームでした…。

そういえば最近、ボウヤーが味方と試合中にケンカしてましたね。

荒っぽい性格は昔と変わってないみたいです。

 

若くて有望な選手を獲得していったリーズは強くなりました。

しかし、チームの調子が悪くなっていくとクラブの財政も悪化して破綻してしまいました…。

あの衰退していく様子はものすごく寂しいものでした。

 

2002-2003シーズンから主力選手の放出が始まりました。

リオ・ファーディナント、ロビー・キーン、リー・ボウヤー、ジョナサン・ウッドゲート

 

2003-2004シーズンで

ハリー・キューエル、オリビエ・ダクール、ナイジェル・マーティン

そして財政破綻…。降格…。

 

そして2004-2005シーズンには

ポール・ロビンソン、アラン・スミス、ジェイムス・ミルナー、マーク・ヴィドゥカ、イアン・ハート

数年前の主力メンバーはみんなリーズからいなくなってしまいました…。

 

最近、リヴァプールに移籍したキューエルの活躍があまりみられません。

またリーズにいた頃の輝きを取り戻してほしいです。 

□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

著者: ハロルド作石  BECK 22 (22)

「絶望したことがなければ、本当に大事なことはわからない。」
襲いかかる幾多の苦境‥‥だがそれこそが、BECKのサウンドを磨き上げてきた。そしていま、彼らの音楽が獲得した“突破力”の神髄が試される‥‥!!

20050415_1245_0000 ←【東京体育館の前で】

今日は日本スポーツ振興センターへ願書を出しに行きました。

千駄ヶ谷で降りて歩いていると東京体育館で

代々木ゼミナールの入学式をやっていました。

予備校も入学式があるんですね。不思議な感じでした。

 

日本スポーツ振興センターは大江戸線の国立競技場駅の横にあります。

受付でサインして中に入れました。

職員の方はみんなスポーティな感じでした。

 

夜、テレビで大家族の番組がやっていて

その家族の長女が16歳で母親になったのですが

もう平成生まれの親が出てくる時代になったんですね。

時が過ぎるのは早いなぁと思いました。 

 □ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■

日本人初のカメルーンのヤウンデの選手が誕生したそうです。

ヤウンデはサカつくやってる人ならすぐにわかりますね♪

直川公俊【1984年2月6日生まれ】FW?MF?

 

同世代なのでがんばってほしいです!