全国の警察が昨年1年間に捜索願を受理した家出人は8万1644人(3.7%減)で、7年連続で減少したことが24日、警察庁のまとめで分かった。男性は5万1828人で全体の63.5%。女性は2万9816人で、男女ともに前年を下回った。
 年代別では、10代が1万8579人で最多。次いで20代(1万3866人)、30代(1万2506人)、70歳以上(1万1707人)などの順。70歳以上、60代、40代、9歳以下は前年を上回った。
 動機別では、家庭関係が最多で全体の22.2%を占めた。次いで疾病関係(16.1%)、事業・職業関係(12.4%)、異性関係(3.3%)などだった。 

<普天間移設>首相への期待捨てず 「県外」と言った初のリーダー 県民抗議も感情複雑(毎日新聞)
「HIV検査普及週間」を実施(医療介護CBニュース)
説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
電子書籍配信で新会社=ソニー、朝日新聞など―iPadに対抗(時事通信)
もんじゅ、水位基準上回り警報(産経新聞)
AD