経済産業省の総合資源エネルギー調査会の小委員会は26日、太陽光発電設備を持つ家庭などで使い切れなかった電力を電力会社が高値で買い取る制度で、平成22年度の買い取り価格を1キロワット時当たり48円に据え置くことを決めた。また、費用の転嫁による一般の電気料金の値上げも見送る。昨年11月の制度開始から現在までに買い取った電力がわずかな量に留まり、22年分と合算して23年度から価格に反映させるのが妥当と判断した。

「平和、人権、環境を尊重」=日教組教研集会が終了-山形(時事通信)
我こそは! 千葉都市モノレールが社長公募(産経新聞)
高校無償化法案を閣議決定=授業料負担を軽減(時事通信)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
AD