【神奈川】08年を最後に中止された横浜港の花火大会「国際花火大会」の後継イベントとして、「横浜港花火ショー」が7月18日、山下公園(横浜市中区)周辺で開かれる。混雑の激しい従来形式より規模を縮小し、手持ち花火を加えた市民参加型にリニューアルする。【杉埜水脈】

 今年は午後7時、山下ふ頭-山下公園-大桟橋-象の鼻パーク-赤レンガパークに沿って最大8000人の有料参加者が並び、手持ち花火に一斉点火して光の帯を作る。

 同20分からは、開港151年にちなみ、幅151メートルの「ナイアガラ花火」を山下公園前の海上で点火。同25分からは15分間、打ち上げ花火約3000発を打ち上げる。

 花火大会は56年から続いており、08年は約6000発の花火を1時間以上かけて打ち上げた。横浜港周辺は約50万人の人出で混雑し、狭い臨海部での安全確保は難しいとして昨年は中止になった。

 夏の風物詩として再開を望む声があったため、打ち上げ数や開催時間を半減した。運営費用も従来の3分の1程度に抑えるという。

 手持ち花火に参加するには、エリアごとの有料チケットが必要で、山下公園を中心に見晴らしのよい場所ほど高くなる(予定価格2100~3675円)。購入方法などの問い合わせは横浜国際マリンエンターテイメントショー運営委員会事務局(045・621・3481)。

【関連ニュース】
雑記帳:チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢
雑記帳:キャラクターにハネト姿の“ねぶた” 青森養豚協
中村美律子:“なにわの日”に上海万博で菊水丸さんと「河内音頭」を披露 「大阪PRして」と橋下知事
京都・祇園祭:長刀鉾稚児決まる
隅田川花火大会:豪快な音響く 2万1500発打ち上げ

<梅雨入り>関東甲信も 平年より6日遅く(毎日新聞)
<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
【月と太陽の物語】都会で眺める 宇宙身近に(産経新聞)
AD