広島市安芸区で2005年11月、下校途中の小学1年木下あいりちゃん(当時7歳)が殺害された事件で、殺人、強制わいせつ致死、死体遺棄などの罪に問われているペルー国籍のホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審公判が1日、広島高裁(竹田隆裁判長)であった。

 検察側は改めて死刑を求め、弁護側は、殺人と強制わいせつ致死は無罪と主張し、結審した。判決は7月28日。

 同事件では、1審・広島地裁が06年7月、無期懲役を命じ、検察側、弁護側双方が控訴。2審・広島高裁は「審理を尽くしていない」として1審判決を破棄、地裁に差し戻した。弁護側が上告し、最高裁は09年10月、控訴審判決を破棄して、再び高裁で審理されることになった。

<口蹄疫>風評被害ズシリ 業者「宮崎産 返品の山」 感染区域外でも(毎日新聞)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
小樽の商店街を馬が暴走、接触事故で女性けが(読売新聞)
中国大使館に侵入の男逮捕 天安門事件リーダーのウアルカイシ氏?(産経新聞)
ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
AD