仙谷由人国家戦略担当相は23日の閣議後の記者会見で、民主党執行部が小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて、「党あるいは鳩山内閣にとって悪いタイミングでこの種の出来事があった。もう少し上手な対処の方法がなかったかなと思う」と述べ、執行部の対応に苦言を呈した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<電波望遠鏡ALMA>日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
将来的に有事の核持ち込み容認も…岡田外相(読売新聞)
<不起訴>元Jリーガーを東京地検 告訴取り下げなどで(毎日新聞)
車検代肩代わりさせた大阪市職員を懲戒免職(産経新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)
AD