任期満了に伴う石川県知事選は14日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の谷本正憲氏(64)=社民推薦=が、元衆院議員の桑原豊氏(64)ら無所属3新人を破り、5選を果たした。

 谷本氏は民主、自民、公明各党の県組織の支援も受ける事実上の相乗り。空港整備や北陸新幹線の金沢駅開業に向けた取り組みなど4期16年の実績をアピールし、多選批判をかわした。5選は茨城県の橋本昌知事と並び、現職知事としては全国最多の当選回数。

 桑原氏は、相乗りを決めた民主党県連に反発して出馬。「長期政権で活力が失われている」と主張して票の掘り起こしを図ったが及ばなかった。医療関連団体役員の木村吉伸氏(58)=共産推薦=は医療や福祉を重視する県政への転換を訴えたが伸び悩み、元電機会社員の米村照夫氏(70)は支持が広がらなかった。

 石川県では、前知事の中西陽一氏も全国最長の8期31年在職した。

【関連記事】
石川県知事選告示 「相乗り」現職、反発の元民主議員ら計4人
「負担金一部拒否の新潟は解決策を」北陸新幹線で石川県知事
農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明
仁坂・和歌山県知事「改革は始まったばかり」再選出馬を正式表明
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部
20年後、日本はありますか?

「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
<名古屋市議会>各派、議員年金制度の廃止決議へ(毎日新聞)
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)
民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
AD