民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は18日夕、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について「キャンプ・シュワブ陸上案、嘉手納基地統合案、下地島空港活用案などいかなる県内移設に対しても反対の立場を貫く」と強調した。また、「これまで普天間飛行場の県外、国外(移設)に向け、政府が真剣に検討し、模索してきた姿勢が見えない」と鳩山内閣の対応を批判した。 

【関連ニュース】
普天間移設で足並みに乱れ=阿部氏の「国内」案に福島氏反発
普天間、5月決着変わらず=官房長官
社民の反対「不愉快」=国民新・下地氏
普天間、5月決着先送りも=重野社民幹事長
「民意重く受け止める」=普天間移設、名護市長と会談

北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)
民由合併前、必ずしも意味せず=「民主らしさ」で釈明-鳩山首相(時事通信)
「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】香りの空間演出 見えない力をビジネス活用(産経新聞)
<明治大>初の志願者数日本一に 11年連続の早大抜く(毎日新聞)
AD