おばあちゃん*

テーマ:




昨日から今日にかけて。。

弾丸で奈良に帰って来ました。



3月15日がママの誕生日で、
今年は何もしてあげれなかったから

私のネックレスとお揃いの
ピアスをプレゼントして 



それから、、



学生時代の時
すっごいお世話になった
おばあちゃんのお見舞いと。






私は、
小学高学年と、中学、高校
全てにおいて

とてつもない反抗期がずっと続いてました。







『あんたは女の子やねんから!』

ってゆうママからの

それに繋がる小言やしつけ、
決まり事が沢山あって


それに対しての不満が
私の中に沸々とあって。。






家出した事もあったし、

傷つける言葉も投げ付けたし、



嘘ついて遊びに言った事も沢山ありました。

(嘘は全てバレていたけど。。笑)

 




そんな時、
唯一の味方がおばあちゃんで。。




おばあちゃんはいつも、 

『こんながんじがらめにしなくていいのになぁ。。』


って慰めてくれてて。





暇があれば 
おばあちゃん家の布団屋さんで
バイトをさせてもらったり、


おばあちゃん家のピアノを
暗くなるまで弾かせてもらったり。。
 



とにかくおばあちゃんのとこに
ずっと居たかな。。






いつ行っても
暖かくて優しくて、

でも叱るときはきちんと叱ってくれるし
でも味方でいてくれてて。。





強くてたくましいおばあちゃん。






そんな おばあちゃんが
明日、

胃ガンの手術をします。






手術する前に 
おばあちゃんの顔を見て

お話しして、

沢山笑って欲しかったから。。


弾丸で来てよかった 








ママはリンパにも転移してるから
どうなるかわからないって言ってるけど、、





おばあちゃんは
凄く明るく、

 
『明日お腹開けてガンを取って閉めてもらうか、
転移してたらもうそのまま閉じてもらうねん!』


とか、


『おばあちゃんもう臨月で明日お産するねん』


など、

笑って話してたけど。。




本当に
移転してないことを
祈るしか今はできなくて。







おばあちゃんは最後、

病院の外まで
私とママを見送ってくれて、



ママに

『あんたはほんまに幸せ者やで  

お兄ちゃんも愛ちゃんも
こんなに立派に育ってくれて!!

昔は大変やったけど 
みんな通る道。
まこっちもみんな同じ!!』って。。



なんか、
ママちょっと泣いてるように見えた。





私も昔はひどかったし
ママの事嫌いって思ってたけど、



今となっては
(東京出てきてからずっと思ってるけど)

あんなに厳しくしてくれて、
色々しつけてくれてありがとうって

素直に思えるようになってます  





おばあちゃん、


明日の手術、


みんなも
見守ることと祈る事しか出来ないけど


とにかく頑張って。。


桜が咲いたら一緒に観に行こうね 







AD