NEW !
テーマ:


1978年、スウェーデン。イングマール・ベルイマン監督。



あらすじ↓


ノルウェー北部の片田舎にある牧師館。そこに住む女性エーヴァは、牧師の夫と共に穏やかな日々を過ごしていた。彼女はある日、ピアニストの母を招き、母娘は七年ぶりの再会を果たす。






夜中、エーヴァは酔った勢いで、幼少時代から抱えていた鬱憤を、母親に吐露し始め、二人は初めて本音でぶつかり合うのだが……。



一筋縄ではいかない母娘の心の葛藤を描いた人間ドラマ。



赤ワイン赤ワイン赤ワイン



映画の前半部分では、久々に再会した母と娘の表面的なやりとりを映し出し、二人の人格的な差異を少しずつ露にさせ、ある時、娘が母に対する憎悪の感情を表に出したのをきっかけに、後半部分で、母娘がお互いに本心でぶつかり合う様子を鮮烈に描いている。






母親は成功したピアニストであったが、仕事の調子が良い時は全く家庭を顧みず、スランプに陥ってしまうと、早々と家庭に戻り、幼い娘に対して過剰に干渉してみたり、不倫して駆け落ちしたりと、極めて自分勝手な人間だった。



彼女には母性が欠落している分、女性性が勝っており、常に自分優先でしか物事を考えられない自己中心性と冷淡さとが内在している。






一方、娘は、美しい母親に対して猛烈なコンプレックスを抱き、独善的で過干渉な母親に従うことしか出来ず、母親の評価が自分自身への評価となっており、母親から愛されない自分を肯定する事が出来ずにいる。



彼女は一見、可哀想な娘に映るが、その一方で、自分の不幸の原因を、全て母親のせいにするかの様な稚拙さと、独り善がりな面も垣間見れる。



要するに、この母娘の二人はお互いに内省能力に欠け、未熟である。しかし、その未熟さが、この作品の肝にもなっている。






未熟な彼女達の壮絶な罵り合いを描き出す事により、観客の心の奥底の未熟さをもえぐり出す。二人のやりとりには、それほどまでにリアリティがあるのである。



母親に対し、泣いて憎しみをぶつけながらも、同時に、条件付きの偽善的な愛情ではなく、ありのままの自分を愛して欲しいと、切実に訴えるかの様な娘。



そして、そんな娘の要求に応える事が出来ない弱さを持ちながらも、強がる事で自分を保とうとする母親。



「私はずっと、愛を知らない。生きている気がしない。生まれてすらいない。」



この母親の台詞が実に印象的である。娘だけではなく、母親もまた、愛情を知らずに人生を送ってきた人間なのだろう。知らないが為に、愛情の与え方が解らない。






この作品で注目したいのは、彼女達がどれだけ本音でぶつかり合っても、永遠に分かり合えないという悲しい事実を匂わせているところである。



例え血の繋がった母娘でも、一生、分かり合えないというパターンもあり得る。そういう現実もあるという事を、真っ正面から突きつけるかの様な酷な演出には、人間の本質を徹底的に掘り下げており、素晴らしいものがある。






最終的に、娘は「赦し」を悟ろうとする。母親を赦し、自分を赦そうとする。娘の夫が牧師という設定だが、神や宗教といったものに最後の最後で娘が救われるかの様な、一筋の希望の光を与えているのだ。



本当は、苦しい人間には絶望しかないのかもしれない。



しかし、本作では、例え絶望の中でも信じたい、自分を、神を、愛を、という人間の切なる想いを、あまりにもリアルに美しく描き出しており、観る者を圧倒させる。



母娘の関係性という普遍的なテーマを取り扱い、人間の未熟さ、心の奥底にある醜悪さ等と共に、失意の中にある救い、赦し、希望なども盛り込ませた、非常に深みのある名作である。






『冬のソナタ』じゃないですよ(まあ、あれは見たことないけど)ニヤニヤ



最初、母親役のイングリッド・バーグマンが、久々に娘と再会して、何やかや上っ面の会話を繰り広げるんですが、一人になった途端、むっちゃ独り言で娘の悪口をブツブツ言ってるんです



それが、何かちょっと、うるさいな~って感じてしまうくらい、ブツブツブツブツ……ww






とにかくよく喋る母親で、人の話をあまり聞かない感じのタイプで……(一人でも喋ってるし)、重苦しい、湿っぽい話題とかを避けたがる感じの、楽観的で短絡的な人というか……何というか……



こういう人おるおるー、と思いながら見てましたww



知らなかったんですが、本作がイングリッド・バーグマンの最後の出演作品だったんですね。劇中、怒りや苦痛、混乱などといった様々な感情を、全て表情で物語るかの様な、素晴らしい名演を見せていました。



一方、リヴ・ウルマン扮する娘は、情緒的でありながらも、若干理屈っぽく、細かい(めんどくさいともいえる)タイプで……、この母娘じゃ、そりゃ合わんわな汗






リヴ・ウルマン、先日の『叫びとささやき』の役とは全く違う、質素で気弱な感じの雰囲気になってて、別の人なんじゃないかって思ってしまうくらいで……演技の幅の広さを感じました。



この二人が、本性を露にして、腹割って喋りまくるシーンが後半、延々と続くんですが……



二人の鬼気迫る演技が凄まじくて、これまた引き込まれてしまいました……(←結局ね)



ベルイマンは、人間の心の中にある、どす黒~い部分を掘り下げて映し出すのが、ほんまに得意なんですね。






今だと、こういう母親って、俗にいう「毒親」、この娘は「アダルトチルドレン」等と簡単に分類されそうですが……



個人的には、そうやって何でもカテゴリー別にしたがる様な現代の風潮って、気持ち悪くて大嫌いですがね(安易過ぎやろ、みたいな)チーン



まあ、毒親云々とか別にしても、本作は、小難しい母娘の関係性をテーマにしていながらも、下手に解決させていないところが良かったですね(実際、そんな簡単に解決する事も無いんやろうし)。



相手(この場合は母親)は変わらないし、だったら相手を変えようとするんじゃなくて、自分の気持ちを変えるしかないというか……、そういうことを伝えているのかなって、少し思いました。



最終的に、娘の方に全く救いが無い様には見えなかったですし……。



本作でも、信仰心とか、赦しとかが取り上げられてるんですが、神や宗教というものは、おそらくベルイマン作品には欠かせないものなんでしょう。



この映画でも、そうしたものが鍵を握っている様に感じました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。