マネー業界を変える!M2J社長 相葉のブログ

FXマーケットを切り開いた金融ベンチャー社長の仕事の流儀


テーマ:
デザインに触れる

こんばんは。
マネースクウェア・ジャパン(M2J)の相葉です。

マネースクウェア・ジャパンがオフィスを置く「東京ミッドタウン」で、新たなイベントが始まっています。
今回イベントは「デザインタッチ」ということで、先日その様子を見にいってきました。

このデザインタッチでは、五感を使ってデザインを楽しむというコンセプトのもと、毎年開催されているとのことです。


写真のような椅子のインスタレーションもあり、ミッドタウンガレリア内の雰囲気をがらりと変えていました。氷のような透明感が、冬の訪れも感じさせてくれました。たいへん美しいオブジェです。

スワリの森というイスのオブジェ周辺には、ご家族連れの方が多くいらっしゃいました。
アートを体験する機会はあまり多くありませんので、心が洗われる経験となりました。

夏の暑さも過ぎ去り、清々しい秋晴れに皆さまも東京ミッドタウンにお出かけになってはいかがでしょうか。また、芸術の秋と合わせて勉強の秋となるよう、資産運用を学びに、ミッドタウン・タワー40Fの弊社セミナールームにもいらっしゃってはいかがでしょうか。


相葉
■DESIGN TOUCH 2014
http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2014/

■セミナーカレンダー
http://www.m2j.co.jp/seminar/
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。
いいね!した人
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
オリジナル電子書籍vol.2リリース

こんばんは。
マネースクウェア・ジャパン(M2J) の相葉です。
Harmoney.jpのシリーズ企画として「みんなが知りたい世界のお金 vol.2 香港編」の電子書籍を本日公開いたしました。
■詳細はこちら
http://www.harmoney.jp/landing-h/campaign_1410/

「みんなが知りたい世界のお金」は、「お金について身近に考える」ことをコンセプトとして、世界各国を巡る旅行作家・山下マヌー氏とマネースクウェア・ジャパンコラボレーションでお届けしているコンテンツです。

この電子書籍をはじめ、Harmoney.jpでは会員登録をするだけで「M2JFX バーチャル」など、様々なコンテンツを無料でお楽しみいただけます。会員登録がまだお済みでない方は、ぜひこの機会に登録をご検討下さい。

今回の香港編の電子書籍では、お金に関する内容はもちろんのこと「グルメ」派の皆さまにもご満足いただけるページが多く含まれています。食文化は実際に現地に足を運ぶしかありませんので、私も香港に週末旅行でもと考えてしまいました。実際にお出かけになる方には、ぜひこの電子書籍を携えていただきたいものです。
なお、「みんなが知りたい世界のお金 vol.1 ハワイ編」もございますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

次のオリジナル電子書籍は「トルコ編」を予定しています。当社の通貨ペアとしても人気のトルコの実情をお届けいたしますので、ご期待ください。

相葉
■Facebookページ『みんなが知りたい世界のお金』
https://www.facebook.com/M2J.Worldmoney

■Harmoney.jp
http://www.harmoney.jp/
いいね!した人

テーマ:
お客さまに資産をふやしていただくため

こんばんは。
マネースクウェア・ジャパン(M2J)の相葉です。

この度10月1日をもって、マネースクウェア・ジャパンは「株式会社マネースクウェアHD」に商号変更し、純粋持株会社へと移行いたしました。それに伴い、東証一部上場の銘柄名も変更となり、略称は「M2HD」となっておりますのでご注意ください。なお、証券コードは変わらず8728(ハナニワ)です。
従来通り、FX事業は「マネースクウェア・ジャパン(M2J)」が担うこととなります。さらに「M2・インベストメント・アドバイザリー(M2IA)」、「MONEY SQUARE INTERNATIONAL(M2I)」をグループ会社として、今まで以上に活動領域を広げていくこととなります。

以前のブログ記事でもお伝えした通り、この体制変更は事業の多角化、収益構造の再構築、機動的経営判断といった目的で行っております。

2002年の創業から約12年間、当社は「マネーゲームではない、お客さまにとって最適な資産運用」を提唱し続け、お客さま、株主の皆さま、役職員はじめ多くの関係各位に支えられ、成長を続けてきました。この場を借りてお礼申し上げます。

そして、この体制変更を新たなスタートと位置付けて、既成概念に固執することなく「資産運用」のあるべき姿を見つめ直してまいります。そして、「資産をふやしたい」という皆さまの想いに、新しい可能性・アイデアを提供する金融ホールディングスグループとして、お客さまの資産の成長と共に一層の成長を目指してまいります。M2HDのWEBサイトも公開しておりますので、ぜひ詳細をご確認ください。

マネースクウェアは、これまで以上に皆様の期待に応えられる企業グループとして、新たな「挑戦」と高い「規律」を掲げて前進してまいります。

どうぞ引き続き、皆さまの寛大なご支援をお願いいたします。

相葉
■M2HDWEBサイト
http://www.m2hd.co.jp/
いいね!した人