鳩山由紀夫首相の要請で、米軍普天間飛行場など沖縄の基地機能や訓練の分散移転について協議された27日の全国知事会。出席した大阪府の橋下徹知事は「全然だめ。沖縄の基地負担の軽減が必要なのは小学生低学年、幼稚園の子供でも言える」と知事会がまとめた合意文書を痛烈に非難した。

 知事会終了後、報道陣に感想を問われた橋下知事は「結局、誰でも言えることだけ言って、責任を伴うようなことを何ひとつ言わない。(知事会が出した結論は)うちの小学生の息子でも言ってる」と憮然(ぶぜん)とした表情で答えた。

 また、「今は本州で基地を受け入れることができませんよと、沖縄県民に対して申し訳ないという意思を表示することが重要」と指摘。そのうえで合意文書について「知事が顔をそろえて話をすることではなかった。国民から相手にされない結論だ」とばっさり切り捨てた。

【関連記事】
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛
政府方針を「首相発言」で決定 社民説得へ大詰めの調整
与党180議員の署名提出 将来の国外・県外移設明記の政府方針求め
全国知事会 沖縄の基地負担軽減へ 首相、訓練の分散求める
地方もそっぽ? 交流事業優先で優先などで18知事が全国知事会議欠席 
虐待が子供に与える「傷」とは?

<琵琶湖>ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発(毎日新聞)
西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)
普天間代替施設、自衛隊との共同使用を検討(読売新聞)
トラック引きずられ?男性死亡 大阪・港区(産経新聞)
警察庁「即遮断」、総務省「条件付き」 児童ポルノブロッキング手法で対立(産経新聞)
AD