国会は25日の衆院本会議で、宮崎県での口蹄(こうてい)疫被害の状況や対策について政府に報告を求め、質疑を行った。鳩山由紀夫首相は、被害農家などを救済するための特別措置法制定について「必要性を積極的に検討したい」と述べ、意欲を示した。石田祝稔氏(公明)への答弁。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相

口蹄疫 赤松農水相が陳謝「結果責任はある」(産経新聞)
浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)
経済危機でも科学に投資を=アカデミー連合声明に賛同―学術会議(時事通信)
橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議(産経新聞)
従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
AD