9年後に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)で、近鉄花園ラグビー場への試合誘致を目指している東大阪市は21日、誘致活動の概要を発表した。来月から署名活動を開始するほか、来年3月にはシンポジウムを開催、誘致機運を高める。

 署名活動は5月5日に同ラクビー場で行われる「東部大阪こどもラグビースクール交歓会」からスタート。9、16両日に開催されるラグビー関連のイベントでも行う予定。市は国内の試合会場が平成26~27年に決定すると見込んでおり、それまで継続的に署名活動を展開する。

 市役所一丸で誘致活動に取り組む姿勢をアピールするため、6~9月のクールビズ期間、今月発足した「ラグビーワールドカップ誘致室」の職員がラガーシャツを着て公務にあたり、ほかの部署の職員に対しても着用を呼びかける。

【関連記事】
中学生の全国大会新設 日本ラグビー協会
5・1韓国戦へ向け、ラグビー日本代表発表
ラグビー日本代表 菊谷主将ら31人を選出
ラグビー学校開校、小学生ら35人参加
代表合宿打ち上げ「いい練習ができた」

党の略称は「日本」 田母神氏擁立に否定的(産経新聞)
不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
<普天間移設問題>鳩山首相、5月末決着を改めて強調 (毎日新聞)
「丸投げ」廃止で200億円削減=経産省が独自仕分け(時事通信)
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
AD