共産党の市田忠義書記局長は5日午後の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相と与謝野馨元財務相らによる新党結成の動きについて、「沈没しかけた(自民党という)泥船から、早く飛び出そうという感じだ。しかも顔ぶれは憲法改正と消費税増税という最悪のコンビ。新党どころか旧党のような印象だ」と酷評した。

【関連記事】
平沼・与謝野氏は「北極と南極」 国民新・自見氏
鳩山政権半年 米、指導力欠如を非難 英は自民に苦言
与謝野新党、66%「期待しない」 旗揚げ前に厳しい結果
鳩山内閣支持33%に続落 不支持は初の過半数
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)
<自民>参院選の候補者2人を発表(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
度重なる議事中断、緊張感漂った日医会長選 -ドキュメント(医療介護CBニュース)
トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
AD