野田聖子

テーマ:
野田 聖子(のだ せいこ、1960年9月3日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員(6期)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)・消費者行政推進担当大臣・宇宙開発担当大臣(福田康夫改造内閣・麻生内閣)。郵政大臣(小渕内閣)、郵政政務次官(橋本内閣)、岐阜県議会議員を歴任。旧姓は島。経歴福岡県北九州市生まれ。オリンピックの年にちなみ名前は聖子(せいこ)と名付けられた。祖父は大蔵事務次官から政治家に転身し、衆議院議員として経済企画庁長官、建設大臣などを歴任した野田卯一。1984年に卯一の妻・野田光の死去に伴って野田卯一の養子となり野田姓を継ぐ。選挙地盤や看板などを受け継いでいないため、厳密には世襲議員とはいえない。田園調布雙葉高等学校を中途退学し、ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクール(Jonesville High School)に入学し卒業。1983年、上智大学外国語学部比較文化学科を卒業し、帝国ホテルに入社。 1987年、岐阜県議会議員に立候補し当選する。この時期に消費税導入をめぐって政府・自民党と社会党との攻防(社会党は1989年の参院選で議席倍増)を目の当たりにした際、「女性の立場から日本社会党委員長の土井たか子人気に動揺、危機感と政治家としての自覚を持ち、国政を目指すことを決意した」という。第39回衆議院議員総選挙(1990年)では自民党からの公認が取れず、旧岐阜1区から立候補するも落選。第40回衆議院議員総選挙(1993年)に再度の立候補、「衆議院にも自民党の女性議員を」との公約を掲げて初当選した(当時、衆議院に女性自民党議員は皆無だった)。以後、当選4回。河本敏夫会長の新政策研究会(通称:河本派、後に番町政策研究所)に所属した。初当選で登院して成立した内閣は細川内閣で自民党は野党へ転落したため、野党の立場から政治活動をすすめる。1994年6月29日、首班指名選挙で野党自民党は日本社会党委員長の村山富市を首班に担ぐも、新生党の小沢一郎の誘いに乗り一時は武部勤、伊吹文明、中山正暉ら10数名と離党を考え断念した渡辺派の渡辺美智雄が、「社会党の委員長を首相なんかに推せるか」と旗振りをする中、野田は渡辺、武部、伊吹や中曽根康弘、中尾栄一や赤城徳彦や山本有二らと共に、連立与党の統一候補となった同じ河本派所属の海部俊樹元首相を支持に傾いた。しかし、議場の入り口

「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調-鳩山首相(時事通信)
NY原油急反発、76ドル台(時事通信)
拉致実行犯引き渡しは被害者帰国後に 中井国家公安委員長(産経新聞)
捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)
ネットワークを使った診療情報の活用法で3月にフォーラム(医療介護CBニュース)
AD