沖縄2016

テーマ:
今年も去年同様沖縄に行ってきました。

今年も俺はバカンスですが、エレキのやついさんの仕事の流れでの旅行でした。

沖縄ではオープンカーのレンタカーを借りようと言うことでロードスターを借りました。

最終的な結論はめちゃめちゃ暑いときはオープンにしない方がいい。




そして、泊まったのは名護にあるブセナテラスと言うホテル。これまた最高なホテルでした。






食事もステーキからアグー豚から沖縄そばからタコスまで食べまくりました。









さらにはウェイクボードやらXジェットパックもやりました。


写メはやついさんです。

充実の4日間でした。




現実に戻るのはなかなか難しい。
AD

いざ鎌倉

テーマ:
行ってきました、久々に。

サーフィンでたまに行くものの街を歩くのは久々。江ノ島にいたっては島の周りを回って裏側でBBQをしたことはありますが、島には入るのは初めて。

江ノ島から鎌倉までの江ノ電ラインを制覇しました。

いや~神奈川県県民を長らくやってますが、こんなに色々見て回ったのも初めてです。

今更ながら『最後から二番目の恋』のロケ地巡りまでしました。改めて見たいドラマNo.1です。

今も昔も夏は湘南と相場は決まっています。

今年の月9も舞台は湘南。楽しみです。



江ノ島のタワーからの街


生しらすと釜揚げしらすのハーフ&ハーフ丼


最後から~のロケ地でよく使われた稲村ヶ崎


最後から~と言ったらもちろんこの駅


中3以来の鶴岡八幡宮
AD

もう7月

テーマ:
気づけば7月。もう新しいドラマが始まっちゃう。慌てて書きました。

ラブソング…う~ん、まぁ散々叩かれてるからもうあんまり言うことはないけど、最終回の雑さだけはホントないと思う。色々最終回まで引っ張ってたのを病気もスピーチもあんなあっさり終わらすなんて…視聴率が低くても最後まで見てる人もいるんだからそこはちゃんとやって欲しかった。

重版出来…めちゃくちゃいいドラマだった。出演者ももちろんストーリーも全部良かった。視聴率悪くてもいいドラマパターンの典型でした。もったいない。

僕のヤバい妻…最初のジェットコースター的なストーリーをどこまで引っ張れるのかって感じだったけど、最後まで飽きさせない展開で楽しめた。

ディアスポリス…この雰囲気なんかいい。なかなかエグい感じの映像も良かった。松田翔太かっこいい。ま、映画まで見ようとは思わないけど。

世界一難しい恋…確かに世界一難しかった。こんな中学生みたいな恋愛でこんななのに最後まで引っ張れるのが凄い。大野君の無邪気さと波瑠の可愛さだろうな~最後の感じもそうなるとは思ってたもののちゃんとそうなって良かった。

毒島ゆり子のせきらら日記…前田敦子はこんなに演技が上手かったんだと思った。深夜ながら毎回期待させる内容でこの終わりならシーズン2も出来るんじゃないかと思ったけど。やったらまた同じ事の繰り返しになるか…

ドクターカー…何かこの枠ドラマはいつも特別な感じはないけど何かいい。毎話あんまり変化はないけど、どのエピソードもいい感じだった。中村俊介が悪役もいい感じだった。

早子先生、結婚するってよ…何か軽い感じのやりとりとかは良かったんだけど、婚活を浅~くさらった感じだったかな。後半はつじつまを合わせるようにみんな上手くいっててその辺ももっとちゃんと描いて欲しかったな。

グッドパートナー…普通の弁護士ものって感じじゃなくて、毎話のストーリーも良かったし、元夫婦2人のやりとりも良かった。最後もハッピーエンドだったし。そんなに話題になってないけど面白かった。

私結婚できないんじゃなくて、しないんです…最後の感じはちょっと読めたけど、中谷美紀と藤木直人の掛け合いは毎回良かったし、次が楽しみになる数少ないドラマだった。

ナイトヒーローNAOTO…テレ東の深夜らしい感じで気軽に見れて良かったけど、以外と最後は重ためのドラマになったな。エンディングも毎度良かった。

その『おこだわり』私にもくれよ…フィクションかノンフィクションか分かりにくい感じが良かった。結局くだらないおこだわりと

昼セント酒…これはもう理屈じゃない。昼から銭湯に入って飲むだけなので毎回羨ましいというだけのドラマ。

コントレール…明るいドラマじゃなかったけど、凄いリアルな大人の恋愛って感じだったな。めちゃくちゃ重たい過去を引きずってる感じも良かったし。凄くいいドラマでした。

お迎えデス…気楽に毎度見れる感じが良かったけど、途中ちょっとダレたかな。最終回を2時間もやるのは心配だったけどいい感じの最終回だった。まぁやりたい放題の最終回だったけど。

トットてれび…満島ひかり最高としか言いようがない。最初の方のどうやって黒柳徹子がテレビの業界に入って認められていったかも良かったし、後半の仲の良かった1人1人とのエピソードも良かった。7話じゃ足りない。

ゆとりですがなにか…ちょっと期待値が高すぎたかも。でも面白かった。後半ちょっとダレたかな。

火の粉…面白かった。完全に怖い話だったけど、どんどん次が見たくなる恐ろしさ。ネタバレした後も展開が面白かったし、何しろユースケサンタマリアの悪役は似合ってる。

HIGH&LOW…どんだけ狭い中でどんだけ沢山のチームみたいのがあるんだって感じ。しかもみんな強い。てかとにかくケンカをし続けてたな。もう誰が何でみたいのがよく分からなくなってた。

99.9…ほとんど覆せないって事件の割にどれもあっさり覆されるってのはあれだったけど、メンバーは豪華だし、何より事務所の先輩仁さんも出てるのでスペシャル化、映画化希望。

OUR  HOUSE…ん~何か根本的に言われてるほどヤバいドラマとは思ってなかったけど、何でもかんでもセリフで片付けすぎ感が凄かったかな。最終回については打ち切りって事で仕方ないけどバタバタと中途半端な感じで終わって行ってしまったなと…


好きなドラマ、重版出来、コントレール、トットてれび、できしなってとこかな。
AD

やついフェス2016

テーマ:
今年も2日間出演させていただきました。

今年もめちゃくちゃ見応えのある2日間でした。

我々、Yes-manは初日はDuoにてネタとMC、2日目はO-EASTにてネタとMCをやらせていただきました。




初日のDuo




初日のエンディング




2日目のO-EAST




やついさんと巨大やついさん人形

最高の2日間でした。

また来年もよろしくお願いします。

ウジタミノル、ウジタミノリ

テーマ:
2日間の単独ライブが終わりました。

毎回思うことですが、本番始まるまでは何でこんな大変な単独ライブをやることにしたんだって半ば後悔の気持ちで稽古してますが、終わった瞬間またやりたいと思ってしまうのです。

これってまさにマラソンと全く同じ感情です。練習中や走ってるときにはめちゃくちゃ後悔とともに走ってるのにゴールした瞬間また次も走りたいって思うやつです。

単独ライブ=マラソンが成り立ちます。

そんな訳で次の単独ライブがいつかは決まってませんが、また今回以上の単独ライブが出来るよう頑張ります。

そしてしばらく休んでいたので12月の湘南国際マラソンに向けて走り出します。

来ていただいたお客さんはもちろんスタッフや幕間の絵を描いてくれたレザイさん、手伝ってくれた後輩たち、携わってくれた皆さんありがとうございました。